この世界の片隅に

このページの記事目次 (タグ: この世界の片隅に の検索結果)

映画、「この世界の片隅に」感想+ネタバレ追記

事前知識が殆どない状態で、鑑賞しました。知っていたのは、「評価が高い」と「アニメ」だけ。まさか戦争映画だったとは…



基本情報


原題 この世界の片隅に
英題 In This Corner of the World
タイプ ドラマ
公開年 2016/11/12
監督
片渕須直
原作
こうの史代
出演者
のん, 細谷佳正
公式サイトURL http://konosekai.jp/
おすすめ度 5 (1~5点)


ストーリー


絵を書くことが大好きな主人公すずの子供時代の回想から始まります。1944年に18歳の若さで、知らない人ばかりの呉に嫁ぎ、身体の自由が利かなくなった義母の代わりに主婦に、近所づきあいに、食べ物のやりくりにと、奮闘します。
そして1945年、絶え間ぬ空襲、灰と化してゆく市街、ますます少なくなっていく配給、大切なものがどんどん失われていき、終戦を迎えます…

感想


涙もろくて、泣き所がない映画でも泣いちゃうのですが、この映画は途中で涙が引っ込みました。
涙が出るとかじゃなくて、青ざめて、ぐったりなった感じです。

この説明じゃ、名作な感じがしませんが、名作です


ホラー、グロ、戦争ものは、苦手なので、あまり見ません。
この映画の様に、ほのぼのとした雰囲気の話で、つらい話を進められると、みていられなくなります。


子供の頃の回想からスタートし、1945年の広島、呉へとストーリーが進みます。
主人公すずが書く絵日記に沿って、日付が表示されます。
伏線が多いストーリーです。
はっきりと語られることはありませんが、わかるように少しずつ回収されていき、よくできています。
くすくすっと笑ってしまうようなエピソードがちりばめられていますし、じんわり暖かいラブストーリーでもあります。
しかし、やはり根底にある暗い背景から、手放しにあっけらかんと笑っていられる感じでもありません。


中盤からは、広島や呉で何が起きるか想像できてしまうことで、伏線がなくとも厚みをもってストーリーを追うことになります。
私はこの辺りから、涙が引っ込んで、青ざめっぱなしでした。
何とも酷です。


終盤にかけて、主人公が、心の底を言葉で表現するようになります。
そうやって、最後の伏線が回収されたときには、もうぐったりしていました。
それでも、おススメなので、「名作」という他に言葉が見つかりません。






ひ、ひどい話でした。
ひどい話なのは、「戦争」です。


主人公の「すず」は、心優しい女性です。


おっとりしていて、思いやりがあって、ポジティブで、まさに理想的な女性です。
嫁ぎ先でも周囲から大事にされます。


「ぼんやりしている」と思われているらしいですが、終盤に全然ぼんやりしているわけではないことがはっきりわかります。


「ぐっと我慢している」部分も多いんですね。
そのあたりは、嫁ぎ先で「ハゲができる事件」などで表現されています。
口に出さないだけで、ストレスは感じているのです。
大好きな絵を書くことで、気が紛れていますが、問題がなくなったわけではないことが伝わってきます。
その辺りもちゃんと周囲にも伝わって、愛され、ケアして貰えるんです。


但し、戦争の悲劇には、周囲のサポートも無力です。


戦火の中、右手と一緒にいた姪っ子を失います。
右手を失ったことで、絵を書くことができなくなり、自己表現の手段を失います。
そして、ぐっと我慢しないで、言葉で表現することができるようになります。


結果として、ずっと言えなかった事を口に出して、夫婦喧嘩などもできるようになるのです。
複雑な心境です。


ラブストーリーとしても秀逸です。
奥ゆかしいというか、もどかしい感じがまた、2人を応援したくなります。


最後にすずは、自分の居場所というか、居たい場所を見つけます。
なんともうらやましい。


記憶が定かではないのですが、すずは2度、里帰りします。
1度目は、嫁ぎ先でストレスを抱えている時で、現実に起こっている事を「嫁いだ夢」と思い込んで、目が覚めてほっとした感じの寝ぼけエピソード。
2度目は、嫁ぎ先への帰り道に、「嫁いだ今」が夢だったら、覚めてほしくないとの発言。


これは強力です。
散々悲劇に見舞われた後、全てを飲み込んで、なおこの現実を続けたいとは…
間違いなくハッピーエンドなんです。
でも、複雑な心境。
だから、戦争ものは嫌なんだ…
ぶつぶつ。


最後の最後に、女の子を拾って帰ります。
すずは、姪っ子を連れて、義父のお見舞いに行った帰り、手を繋いでいた姪を右手と共になくします。
そして、どうすれば彼女を失わずに済んだのか、失わずにすむ方法はなかったのか?
反対側で手を繋いで、自分が死ぬ側にいればよかったのに…
そんな風に考えます。


拾ってきた女の子は、まさに反対側で手を引かれて、母親らしき人を失った戦争孤児だったことが伺えるシーンがあります。
この頃は、いろいろな理由で家族を失った人が大勢いて、身を寄せ合って暮らしていたのかもしれません。
いつの間にか、食卓におばさんが一人増えていましたし…


エンドロール1で、その後の家族の様子、謎のエンドロール2では、(後に迷い込んだ遊郭で出会う)座敷童の人生もうかがえます。


一緒に観に行った友人が、「エンドロールを最後まで見る派」というのもあるでしょうが、久しぶりに最後の最後まで鑑賞しました。
本編が終わっても、「よっしゃ~。帰るか!」なんて気分にはならない、余韻が残る作品でした。





申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。