イギリス

このページの記事目次 (タグ: イギリス の検索結果)

total 22 pages  次のページ →  

イギリスのFCレストラン1、Banana Tree

イギリスのフランチャイズレストランを紹介するカテゴリーを設けてみました。グルメなミシュランレストランからは程遠いのですが、多店舗展開できるほど受け入れられているのは、安定したクオリティーの一つの指標かな?っと思って、出張の際にはフランチャイズレストランをよく利用しています。

Banana Tree

第一回目のBanana Treeは、フランチャイズといっても、8店舗だけで、しかもロンドンに偏っていますが、まぁ、どんまい。

私はコリアンダーが食べたくなると、ここのミートボールとコリアンダーのスープヌードルを食べに行きます。不思議なことに、中国に上陸したばかりの10年前、香草(シャンツァィ)と呼ばれる強烈な味の草が苦手でどうしようもありませんでした。

避けられるだけ避けて過ごしていたのですが、出張の際にへとへとで香草をよけるのも面倒くさい状態で食べ続けていたら、いつの間にかに好きになっていました。それが英語でいうと、コリアンダーです。

そして、今となっては、時折むしょーに食べたくなります。そういう時行くのがこのBanana Treeです。

Banana Tree

写真はAromatic Phoです。ミートボールとコリアンダーのスープヌードルは、Aromatic PhoとThe BananaTree Laksaの2種があります。これとお茶で£13ぐらいだと思います。

Aromatic Phoの方はニンニクがいっぱいで、ニンニク、ユリの根系ががあまり食べられない私は、たまにお腹を壊すのでめったに食べません。普段は、The BananaTree Laksaの方を食べています。赤いスープで、ちょっぴり辛いのですが、おいしいです。懐かし&安定感のある、東南アジアの味です。

今回は、コリアンダーが食べたかったので、Banana Treeでしたが、次回があればもうちょっと全国展開しているフランチャイズレストランを紹介できたらと思います。

プロ級の歩行者を目指してました!

I was too eager to be a professional pedestrian


パソコンが壊れて、ブログカスタマイズができなくなったので、運転レッスンを受けて見ました。

初回2時間、公道を運転してきました。

しょっぱなから、運転席に座るのを拒否って、爆笑されました。

免許を取得してから20年弱、一度も公道を走っていませんでした。初めて走る公道が、外国とはおそろしい。何故今まで運転したことがないの?そもそもどうして運転免許をとったの?などなど、いろいろ聞かれました。

過去に何かあったのかと訝しがられたのかもしれません。

まだ運転中に昔話をする余裕などなく、「プロの歩行者を目指していたのよ。」で説明を全部省略したら、爆笑していました。

だってね、車の操作を教わったらすぐに公道にでるんですよ。びっくりです!

というか、運転しながら、話ができる人ってすごいです!


運転ものろのろ


言われた操作しかしないのですが、最も頻繁に指導されたのはアクセル踏んででした。

初心者級は言われた事しかやらないものなのだとばかり思っていたのですが、アクセルとブレーキは、普通は言われなくても踏むみたいです。

後半では、先生の方で工夫してくれて、はい。ここから20マイル/hに調整して。はい、ここからは30マイル/hにキープして。という様なインストラクションの出し方に変えてくれました。

同僚は、AT車の足元のペダルをbreakとacceleratorという表現を使っていたのですが、先生はbreakとgasと呼んでいました。

運転操作の方で必死すぎて、それ以外の英語に注意を払う余裕がありませんでした。


初回レッスンのおさらい


  1. 運転席に座り、ブレーキとアクセルがしっかり踏める位置までシートを調整する
  2. バックミラーを後方がしっかり見える位置に調整する
  3. サイドミラーをボディーがミラーの1/3を占める感じに調整する
  4. シートベルトを締める
  5. ブレーキを踏む
  6. スイッチを入れる
  7. サイドバーをDに調整
  8. サイドブレーキを解く
  9. 周囲を確認する
  10. ブレーキペダルを恐る恐る解放する

他の人が運転しているのを見ル時は造作もないことの様に感じますが、自分でやると一苦労です。そのうち運転自体がthe second natureみたいになるらしいですが、まだまだです。

私にも違いがわかった!Surface Pro4!!

あ〜。見に行かなきゃよかった…

とうとう家のパソコンが動かなくなってしまったので、一夜漬けでこれまでボチボチ調べてきたことを復習して、お店に実機を眺めに行ってきました。

今回、最も光っていたのは、Microsoft Surfaceでした。画がキレイでした。これまで使ってきたパソコンはFHDですらなく、カメラを買ってからの問題は、メモリ不足で編集ソフトが動かないことであって、画像の精細さではありませんでした。

今、ブログを書くのに使っているiPad Proの画像はなかなかキレイなのですが、高画質を求めて愛用するという感じでもありません。帯に短しタスキに長しで、あまり使う機会もなく、昨日まで眠っていました。

だから、自分が「高画質」に惚れ込んで、Microsoft Surfaceを欲しがるなんて、予想ができておりませんでした。というか、違いがわかるとも思っておりませんでした。

YogaやEliteもとてもキレイだったのですが、何がどう違うのかわかりませんが、Surfaceはかなりキレイに感じました。Surface BookとPro 4では、値段も仕様もPro4の方が好きなので、買うならそっちかな〜なんて、思いながら帰宅しました。

そろそろPro5が出るんじゃないかと予想されているみたいで、4Kになるなどと噂されています。あのスクリーンがより精細になるのか〜。凄いな〜。次の帰国前にパソコンが壊れるとは思っていなかったので、それまでやり過ごして、FHDのDynabookを買って、欲しくなったら外付けの4Kスクリーンを買おうかなっとぼんやり思っていたのですが、一台に収まるならそれに越した事はないだろうな…なんて、ロクでもないことを考え始めています。

4Kが欲しい!っと思った事はありませんでした。ただ、同じパソコンを5年使う心意気は満々です。今回強制的に勉強させられたので、次の試練は5年後ぐらいにきて欲しいと思っていて、そうなるとちょっと気張って4Kでもいいのかも?

あ〜。ダメです。心奪われちゃっています。

見に行かなきゃよかった。

とうとう家パソが使えなくなった

とうとう家パソが使えなくなりました。今回は初期化もできなくなってしまい、なぜかちょっとホッといたしました。

これで、ようやく苦戦しながら騙し騙し古いパソと格闘する日々が終わります。 ちょっとした開放感すら感じます。

少しはパソについての知識ができましたし、自分がやりたい事とパソの能力の差をひしひしと感じた事で、自分のパソに必要なスペックがよくわかりました。

ライフスタイルというと大げさですが、生活様式も変わりました。

パソコンがある生活とない生活では、インプットとアウトプットのバランスが全然違います。以前は読むだけ、観るだけだったので、正直パソコンは不便でした。iPhoneでほとんどが事足りる生活です。画面の迫力なぞ不要なドラマなら、映画もiPhoneで観ています。

だから、次は、パソコンはいらないな。っと、思っていました。ミニマリスト風?

今、iPadでブログを書いています。
凄く不便とまでは行きませんが、パソの操作性には及びません。

最初の1年はほとんどの記事をiPhoneで書いていたことが信じられない。

写真に興味を持ってから、眠っていたパソコンを掘り出して、ボチボチと使い始めた感じだったのに、今となっては必需品です。
短い間にこんなに変わるのかと驚きです。

次のパソコンをどうしよう…

次の帰国は2ヶ月後なので、まだまだ時間があります。
2ヶ月間なら、またiPhoneかiPadで書けばいいじゃない?
という気持ちと、
最近なんでもイギリスで買って満足しているんだし、すぐに買ったら?
という気持ちが入り混じって複雑です。

イギリスでは、日本メーカーのパソコンを見かけません。
HP、Lenovo、Dell、ASUS、Acerがよく見かける名前です。
今後、日本のメーカーは更に見かけなくなるんだろうな〜っと思うと、最後だと思ってDynabook買っちゃいたいな〜。
しかし、使っている人のオススメ熱が高いSurface Pro4が安全かもね〜とか、
私は持ち運ぶので傷みやすいし、ほどほどのお値段で3年だけ使うのもいいかな〜とか、
そうはいっても今回みたいに粘って使い倒すだろうから、できるだけ苦労を先延ばしにできる様に現在の最高スペックに近い方がいいんじゃない?とか、悩ましいです。
ぶつぶつ言っていたら、いつもは「どーんと買っちゃえ!」っと背中を押してくれる同僚陣が、何故かホドホド派で、拍子抜けだったり、なかなか踏ん切りがつかないで、まったりしております。

イギリスのキズパワーパッド的なもの

絆創膏は英語でPlaster、米語でBandage。イギリスでは、お湯を沸かすときのput a kettle onの調子で、put a plaster onというのですが、米語でどういうのかは想像がつきません…

キズパワーパッドが欲しかった…

消毒綿と絆創膏

一昨日それはもう派手に転びました。周りが寄ってくるくらいに派手に…涙。

何時だったか日本に帰った時に友人がくれた湿潤治療の絆創膏(↑写真右)がとても気に入っております。包装には全く書いていませんが、キズパワーパッドという名前らしいです。

キズパワーパッド™って?

湿潤治療だと傷跡が残りにくいと友人も言っていました。キズパワーパッドをいただいた時に何を怪我したのか覚えておりませんが、靴擦れかペーパーカット的なものじゃないかと思います。傷跡が残るようなものではなかったので、その成果を確かめることができないままでした。

その時は、常に絆創膏を持ち歩いている友達にほれぼれし、しかも太っ腹にその時に持っていた分を全部くれた事をよく覚えています。

イギリスでキズパワーパッドを買いに行く

派手に転んだ後、膝が痛々しい感じになっています。というか、痛いです。
帰宅の途で、同じものをスーパーに買いに行ったのですが、売っていません…スーパーをハシゴしましたが、Johnson&Johnsonを見かけません。仕方がないので、翌日ドラッグストアへ行きましたが、やはりJohnson&Johnsonの絆創膏を置いていません。

消毒綿と絆創膏とブリスター

仕方がないので、お店の人に聞いたところ…

湿潤治療の絆創膏は、Hydrocolloid Plaster (写真中央、£3.99、普通サイズ16枚)。Blisterは水ぶくれのことで、靴擦れなどの水ぶくれができている時に、その傷を更なる摩擦から守る(フカフカ付き?)タイプの絆創膏がBlister Plasterです。 (写真右、£3.29、大き目、5枚入り)

3 for 2キャンペーンプロダクトなのでBoots製品をもう一つ買うと、一番安い3番目の製品が無料になるよ!っと、お店の人がお得情報を教えてくれたので、合わせて消毒棉(写真左、£2.19)を追加で購入しました。

絆創膏って、高いですね!ビックリ!

それにしても、イタイ。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。