イギリスの夏

このページの記事目次 (タグ: イギリスの夏 の検索結果)

イギリスの好きなとこ4: 涼しい、というか、寒い

待ち遠しいイギリスの夏ですが、涼しいというより、寒いです。
それでも、暑いのが苦手な私にとっては、とてもありがたい事です。

寒いときは、着込めばいいのですから。


インドの夏はつらかった…


南インドは湿度も高く、息苦しい感じでした。
南インドへ駐在員を送るときは、10月スタートで、暖かい冬でいい印象をつけてから、厳しい夏を越えてもらうのがオススメです。
日本で一般的な4月からだと、初日から猛暑の洗礼を受けるので、心の負担が大きい様に思えます。

北インドというかデリーは、乾燥しているので、気温は南インドより高いのですが、汗がすぐさま蒸発してしまうらしく、他社の駐在員の方に「お肌のピリピリ具合で気温を言い当てられる人間温度計」みたいな方がいらっしゃって、ミラクルでした。

南インドは、ひたすら汗だくです。インド赴任前出張時(夏)、前の入居者が日本人だった空き家を幾つか見せてもらったのですが、「これはもう、夜逃げですね。」と上司と顔を見合わせる様なひどい状態のところがありました。強烈に印象に残っています。


イギリスはその点、真夏でも涼しく、9月には冬みたいに寒い夜がありますが、12月になっても凍りつく様な寒さではなく居心地最高です。


暑さ、寒さは、好みが分かれるところではあると思いますけれど、暑いのが苦手な人にはオススメです。イギリス。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。