イギリスの好きなとこ

このページの記事目次 (タグ: イギリスの好きなとこ の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

イギリスの好きなとこ7:サラリと身内をほめる

これ、どうしても伝わるように書けた気がしなくて、ボツにしていたものです。機会が巡ってきた感じがしたので、仕立て直して再挑戦です。


「私の娘は頭がいい」なんてサラリという


同僚のお嬢さんの大学受験結果が届きました。第一希望(オクスブリッジ)じゃないけど、それなりにいい大学に行けそうな感じです。この同僚は、この1年、お嬢さんの大学受験の件でずっとやきもきしていましたが、「娘は頭がいいから」と、自分に言い聞かせるように、半ば唱えるように繰り返しながら、成り行きを見守っていました。

おかげで、GCSEやらAレベルやらイギリスの受験制度についてほんのりわかるようになりました。(基本興味がないので、ちゃんとわかっているわけではない…)

日本の同僚は、常になにやら謙遜しています。渡英して最初はびっくりしたのですが、娘だろうが、夫だろうが、手前味噌で褒めちぎれる感じが「天晴れ」で、好感が持てます。


こういう人が結構いる


イギリス人は、日本人や中国人、インド人と比べて職場やビジネスの集まりで、より家族の話をする気がします。そして、身内をさらっと褒めてます。なんか嬉しそうな感じが伝わってきて嫌味じゃないんですよね。

もちろん謙遜している風の人もいますけれど、割と素直に喜んじゃっている人の方が多い感触です。そして、やたらプライベート写真を披露してくれます。反応する側も「へぇ~。凄いね~。」とか「お~!よかったね~~。」っと一緒に喜んでいればいいので、とてもやりやすいです。

ただ、「しあわせじゃなければならない」的なプレッシャーは、イギリスの方が大きいかもしれません。「週末は何か楽しみにしている予定がなければならない」とかそんな感じです。自分が不幸だと思っちゃった人は、お酒に走ったり、両極端かもしれません。


浮かれていると釘を刺される…


ドイツにいる上司は、UKが浮かれていると、(心配して??)釘を刺されていました。浮かれる機会の少ない厳しいマーケットだから、機会を逃さず浮かれましょうよ!と言ってみたら、あきれていました。

最近は慣れてきたのか、一緒に喜んでくれるようになりました。やっぱり素直に喜べる環境の方が気楽でいいなぁ~っと、同僚と共にあったこともないお嬢さんの大学合格を喜んだのでした。

イギリスの好きなとこ6: 平べったい (国土が)

これはイギリスに限った事ではなくて、欧州広域に言える事かもしれませんが、特にオクスフォード周りは平べったくて視界が開けています。


空がとても大きく感じます。
遠くまで見渡せます。
広々として、解放感があります。
空気も美味しい気がします。(そりゃ、中国、インドは大気汚染がひどかったですからね。)


日本は世界一安全で清潔で便利で快適だと思っていますが、のびのび感はイギリスにかないません。
日本の景観は、どの写真も素晴らしいですが、長閑というより、美しいという感じです。


羊や牛が、好き好きに散らばっている様子は、とても和みます。
日本で牧歌的な場所をほとんど知らないだけかもしれません。


イギリスは、高速バスでも電車でも、車窓から見えるなだらかで広々とした牧草地と家畜がなんとも長閑で、出張が楽しみになります。乗り鉄になるきっかけって、こういう感じかもしれません。

イギリスの好きなとこ5: 暗い

今回の「暗い」は、性格というか、国民性についてです。
飽くまで、アメリカ、中国、インドと比べて、という事です。


「元気?」って聞かれた時の返事の違い


アメリカへ行くと、何故この人たちはこんなに明るくいられるのだろう?と感心しちゃう事があります。

有名な話かもしれませんが、How are you?と聞かれた時の返答が、

アメリカ人: Fantastic, Could not be betterなど、とても良い
イギリス人: Not too bad, Mustn't Grambleなど、悪くはない
日本人: まあまあです。ぼちぼちです。など、どっちかわからない

という感じで、日本人には無理なく返答できるテンションなので、ホッとします。
アメリカ人の底ぬけな感じの明るさは大好きですけれど、自分に同じテンションで返事をさせるのはちょっと背伸びしている感じで違和感が残ります。


ところで、たまに「今時How are you?なんて誰も言わない」と聞きますが、私への挨拶は外国人仕様なのか、皆さん「How are you?」です。それから「英国人はそれほど天気の話をしない」とも言われますが、私の周りはガンガンお天気話しますね...

もっとローカルに踏み込むと違う会話が展開されるのかな?数年後が楽しみです。


中国では「ご飯食べた?」、ドイツでは!?


因みに中国では、「吃饭了吗 ?」(ご飯食べた?)と聞かれます。返事は、「吃饭了」(食べた)です。
別に本当にご飯を食べたか聞いているわけではなくて、元気?みたいな感覚だと解釈しています。
この表現も今時誰も使わないと聞きますが、「你好吗?」と半々な印象です。
これも外国人仕様でしょうか?

そう言えば、ドイツ人は、自分が今何をやっているか説明し始めちゃうから、質問形の挨拶はダメだよ〜って、英国人が言っていました。本当かな?

兎も角も、イギリスの挨拶は、暗すぎず、明るすぎず、いい塩梅なテンションで居心地良いですよ。

イギリスの好きなとこ4: 涼しい、というか、寒い

待ち遠しいイギリスの夏ですが、涼しいというより、寒いです。
それでも、暑いのが苦手な私にとっては、とてもありがたい事です。

寒いときは、着込めばいいのですから。


インドの夏はつらかった…


南インドは湿度も高く、息苦しい感じでした。
南インドへ駐在員を送るときは、10月スタートで、暖かい冬でいい印象をつけてから、厳しい夏を越えてもらうのがオススメです。
日本で一般的な4月からだと、初日から猛暑の洗礼を受けるので、心の負担が大きい様に思えます。

北インドというかデリーは、乾燥しているので、気温は南インドより高いのですが、汗がすぐさま蒸発してしまうらしく、他社の駐在員の方に「お肌のピリピリ具合で気温を言い当てられる人間温度計」みたいな方がいらっしゃって、ミラクルでした。

南インドは、ひたすら汗だくです。インド赴任前出張時(夏)、前の入居者が日本人だった空き家を幾つか見せてもらったのですが、「これはもう、夜逃げですね。」と上司と顔を見合わせる様なひどい状態のところがありました。強烈に印象に残っています。


イギリスはその点、真夏でも涼しく、9月には冬みたいに寒い夜がありますが、12月になっても凍りつく様な寒さではなく居心地最高です。


暑さ、寒さは、好みが分かれるところではあると思いますけれど、暑いのが苦手な人にはオススメです。イギリス。

イギリスの好きなとこ3: 公園で昼寝

この記事を仕上げている12月6日現在は昼の時間が短いです。つい先週、英国人の同僚が、「Good eveningは、何時からなんだろう?」なんてつぶやいていたのですが、「3時じゃない?」と返しておきました。暗いです。現在のイギリス。


公園でお昼寝できる安全さ!


兎も角も、私がイギリスに再上陸した6月は真逆で日照時間がとても長く、涼しく、屋外で昼寝するのに最高の季節でした。(安全だと思っているのは私だけかもしれませんが…)


公園へ行って、木蔭を探して、バックパックを枕に横になる。
風が強い日は、窓を全開にした部屋でブランケットにくるまって、ごろごろしていると本当に安らきました。

子供の頃、祖母の家に遊びに行くと昼寝をさせられていたのですが、それは決して私たちの為ではなく、祖母のお気に入りの日課だったのだろうと思われます。血は争えません。


6月から8月までは、観光に行ってあくせく動き回るなんて勿体無いと思ってしまう程の公園日和が続きます。
芝生の上は、見た目ほどふかふかではありませんが、イギリスの公園は他の欧州の公園より安全なので、ぐっすり寝ちゃっても大丈夫っぽいです。

夏がとても待ち遠しいです。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。