イギリスの定期預金

このページの記事目次 (タグ: イギリスの定期預金 の検索結果)

HSBC Fixed Rate Saver

(下記、2016年6月24日時点での情報です)
HSBCで1年物の定期預金を組んで、口座を分散させ、簡単に動かせなくする。これが銀行訪問の目的でした。


デビットカード紛失して冷や汗かいたから…


アセットクラス云々の問題ではありません。日常的に日本の円預金口座をチェックするわけではありませんから、何かあったとしてもなかなか気づけません。このため日本の円預金口座もできるだけ分散しておくようにしています。

中国では先輩の影響で定期預金をつくり、インドでは(良い方の)上司の影響で定期預金をつくりました。イギリスでは、デビットカード紛失後、冷や汗をかいたので、口座を分散することにいたしました。現在のポンド預金の半分を固定してきました。


HSBC Fixed Rate Saver


Fixed Rate Savers Bond(←概要)
Fixed Rate Saver Interests Rate(←利息)


1年ものであれば、利率は0.9% (£2,000+)もしくは、1.0% (£50,000+)です。


途中解約にはペナルティーがあるよ☆


うん。一回ね、☆マークをつけてみたかったんです。
よく見かけるので。

で、ペナルティーですが、0.9% (£2,000から£50,000まで)の場合、3か月分の利息が徴収されます。
どこぞの国の個人向け国債もそんな感じのルールだった気がします。

1.0% (£50,000以上)の場合は、期間前解約はできないそうです。

任期と相談しながら組みなおしをする必要がありそうです。


HSBC Flexible Saverでは?


Flexible Saver Interest Rates


専用ページがなかったので、共有の利率ページだけなのですが、私の理解ではFlexible Saverというのは、普通預金の状態で、そこからそれぞれの定期預金を組んでいく仕組みです。この場合、預金額のスレッシュホールドはあるものの、利率は全部一緒じゃん?状態です。

スタンダード口座だと年利0.05%、アドバンスドとプレミア口座だと年利0.1%みたいです。使わないなら定期にした方がよさそうですね。Fixed Savingsの3か月物でも0.5%ありますからね。インターネットで手続きできるみたいですし。
(じゃぁ、なんで行ったんだ…って、他にもいろいろ聞きたいことがあったのです。)


政策金利とのバランス


利率は思ったよりも高くてびっくりです。政策金利がここ数年0.5%に張り付いていますよね。米国が利上げしてようやく同じ水準に戻ってきたところのはずです。

数パーセントとかの時代はまたやってくるのでしょうか?
ま、帰国組的には、利息が何パーセントになっても、ガッツリ円高に飲み込まれれば終わりなんですけどね。
スポンサーサイト

イギリスなのに年利6%、HSBC Regular Saver

本日、定期預金と積立定期預金を申し込んできました。

イギリスの積立定期預金

HSBC Regular Saverに申し込む


HSBC Regular Saver
Total interest earned, £97.89
Interest rate, 6% AER/GROSS



6%ってすごいですよね。でも、これ積み立てで、毎月最大£250までなんですれどね。
家計管理村でたまに紹介される「先取り貯金」の実践です。
なんだか、デキル主婦に仲間入りしたような気がして嬉しかったりしますが、正味「財テクの勉強+ブログネタ」なんですけれどね。
※そもそも、今回銀行へ足を運んだ目的はこれじゃないので、ネタ比重が高いかもです。サービス精神旺盛です。


何故Gross表記なのか、判明


£97.89って、税前じゃん?
税引き後は、いったいいくらになるんだろう?税は何%なんだろう?っと思っていたら、
銀行利息の課税対象は合計で£1,000からだそうです。人によって違うから、Gross表記なんですね。

んで、どう考えてもイギリスの銀行利息が£1,000になりそうもないので、税が何%なのか聞くのを忘れました。片手落ちです。

雀の涙ほどの利息からきっちり20%も源泉徴収するどっかのしぶっちい国よりいいですね。


銀行員さんの誕生日が私と1日違いだったことで、和気あいあいといろいろ教えてもらいました。


期間前解約のペナルティーはなし


期間前解約の場合は、Flexible Saverと同じ利率になるものの、ペナルティーはなさそうでした。

HSBC Flexible Saver



商品によってはペナルティーがあるもの、解約ができないもの、いろいろです。本社からいつ帰任命令が出るかわからない駐在員は、ちゃんと聞いてから申し込まないといけません。


満期を迎えたら…


満期を迎えたら、翌営業日に利息とともに上記のFlexible Saverの口座へ自動転送されるそうです。Flexible Saverの利息は大して高くありませんが、Current accountはゼロなので、マシだと思います。いつでも下ろせますし。

利息は4半期ごとの受け取り、満期での受け取りが選べるみたいでした。私はどっちでもいいと答えたら、満期受取の人が多いと言っていましたので、そっちにしました。へぇ~。

自動継続はされませんから、来年もどうにか思い出さないといけませんね。
財テク、財テク。
(↑言葉の使い方、あっているのかな、コレ。)

UK滞在日数をえっちらおっちら数える

多くの国で、居住者と認められるには、年の半年を居住国で過ごす必要があります。前年の居住国滞在日数を数えさせられるのはある意味で、駐在員の宿命と思って、えっちらおっちら数えています。


中国は意外と簡単だった


中国駐在期間も、この制約はあったと思うのですが、そんなに負荷はなく簡潔なものだったと思います。もしかしたら、多くの部分を人事部で肩代わりしてくれていたのかもしれません。拠点ごとに人事部、総務部の駐在員ケアは違いますので、慣れている拠点に行くのが無難です。


インドは大変だった、そしてUKもめんどくさい


インドとUKで数えないといけない日数は酷似していました。初年駐在員の皆様は、ご注意あれ!


  • 居住国滞在日数

  • 非居住国滞在日数

  • 居住国業務従事日数

  • 非居住国業務従事日数

  • 居住国入国回数(←これはUKが初めてな気がします)


これ、UKとインドだけかもしれないですけれど、海外(=非居住国)出張が多いと、小一時間パスポートと格闘することになります。インドにしても、UKにしてもイミグレーションで入国印を押してくれるのでパスポートをみればわかりますけれど、欧州本土など車でひょいひょい国境を越えられちゃうところは、記録するのが大変ですよね~。

聞かれないのかな?


前年度10か月の海外就業日数は30日弱…


起算日が任期開始日なので、対象全期間は約10か月です。30日って営業日的には1か月半ぐらいですよね。10%以上の時間を海外で就労しているって、どうなのよ。

パフォーマンスを検証して、少し断るようにした方がいいかもしれません。赴任国にベネフィットをもたらす出張ならいいんですけどね。


外貨の持込み申告も思ったほどゆるくなかった…


上記の日数を数える作業は、所得申告とともにあったのですが、外貨の申告は新興国の特徴なんだと思っていたんですけど、そうでもなかったみたいですね。
前述記事:貯金額 > 手取り給与総額!?(海外赴任時に必要なキャッシュ)では、不要だと思っていた情報、何気に活躍しましたよ。苦笑。

ただ、申告するだけで、上限が決まっているという訳じゃないのかもしれませんけれどね。
※インドでは確か、外貨の保持割合が決まってきた気がします。


副業収入、銀行利息関係


副業収入は、£2,000以上かどうかを聞かれていました。おそらく副業収入もコミコミで本申告書に所得申告をすることになっているからだと思われます。でもオリエンテーションがなかったからよくわかりません。

UK国内での銀行利息についても聞かれていましたっけ…
中国、インドでは、4半期に1度Current Account (当座預金口座)でも利息がついていたと思うのですが、UKではというか、私が開設した口座では利息が付かないとの認識です。

あまり深く考えたことがなかったのですが、Bank Statementで見たことがないので、利息が付くのはSavings Account (貯蓄口座)だけだとの認識です。


のろのろしていないときもある…


そういえば!
と、よいリマインダーになって、HSBCのSavings Accountについて調べてみましたところ、下記のようなものが見つかったので、面白半分、銀行に電話して口座開設の予約をしました。(足を運ばないとだめっぽいです)

Regular Saver



イギリスなのに、年利6%の利息!!
といっても、積立口座的なもので、毎月最大£250までしか積めません。年に最大£3,000のはずですので、(税金がいくらか知りませんが)£70~80ぐらいになるのかな?

年に1度程度、預金残高の半分を定期預金に入れておくと、口座がわかれて何らかの詐欺被害にあった時に被害を少なく抑えられるので、そろそろいい時期かもしれません。

また、口座作ったらレポート書きます。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。