イギリスの羽根布団

このページの記事目次 (タグ: イギリスの羽根布団 の検索結果)

そういえば、Togもわけわかんないですよね。

インドでは、季節を問わず分厚いタオルケットで寝ていたんですね。だから、イギリスに引っ越すにあたって、2年間押入れに放置されて虫とか住み着いているかもしれないDuvet(=羽毛布団)を捨ててきたんです。


イギリスの羽布団の暖かさの表記はTog


wikipediaの「Tog」より引用;
The tog is a measure of thermal resistance of a unit area, also known as thermal insulance. It is commonly used in the textile industry and often seen quoted on, for example, duvets and carpet underlay.

The Shirley Institute in Manchester, England developed the tog as an easy-to-follow alternative to the SI unit of m2K/W. The name comes from the informal word "togs" for clothing which itself was probably derived from the word toga, a Roman garment.

The basic unit of insulation coefficient is the RSI, (1 m2K/W). 1 tog = 0.1 RSI. There is also a clo clothing unit equivalent to 0.155 RSI or 1.55 tog.

A tog is 0.1 m2K/W. In other words, the thermal resistance in togs is equal to ten times the temperature difference (in °C) between the two surfaces of a material, when the flow of heat is equal to one watt per square metre.



久しぶりに調べなおしても、わけわかんないです。


季節ごとのおススメ「Tog」数


Wikipedia、続き;
Lightweight summer duvet: 3.0 - 4.5 tog
Spring/Autumn weight duvet: 7.5 - 10.5 tog
Winter weight duvet: 12.0 - 13.5 tog



※洗えて便利な化学繊維も含めて、厚手の掛布団は同じ表記法です。


夏は3.0-4.5 tog、春と秋は7.5-10.5 tog、冬は12.0-13.5 tog。
ふむふむ。
ん?


室温の換算表までついていた!


引用続き(外部リンク↓);
Togs and Temperature

私は、節約中の身で、冬用の12.0 - 13.5 togを買っていません。
10 togの掛布団+テディベアスロー(テディーベア素材の薄いブランケット)です。

こういうの↓というか、これ。

Dunelmの「Teddy Bear Throw



春と秋は、4.0 togの掛布団+テディベアスロー
真夏は、テディーベアスローのみ(←とても気に入っている)

ローングリーンで、常に芝生色に包まれております。
帰国の際は、もいっこ買っとこう!
と、やっぱりメモメモ。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。