イギリス生活設営費

このページの記事目次 (タグ: イギリス生活設営費 の検索結果)

UK赴任にかかった生活設営費

​もうすぐUK赴任期間が1年になります。

「まだ炊飯ジャーがなくて不便」などのマイナーな問題はありますが、えいやぁ!と目をつぶって、もう終わったことにして、生活設営費のまとめをしてみました。

トータルで、£6,630です。
ホテル: £3,981 (£137/night for 30 night)
家具、家電: £1,349
Council Tax: £986
水道代: £147.84
TVライセンス: £145.50
インターネット: £20


詳細はこちら:

ホテル: £3,981 (£137/night for 30 night)
家探しの間のホテル代です。総務部が別の国にある拠点は初めてだったのでサポート皆無で苦戦しました。エージェントからして自分で探しましたからね。

オクスフォードのホテルは年中タイトです。何週間かかるかわからないので、少しずつ延長しながら3~4つのホテルをはしごしました。特に夏は観光客が押し寄せてきますので、車がなくて市街地に入られる方は、早めにご予約くださいませ~。


過去記事:
家探し①物件サーチサイト
家探し②不動産仲介業社
家探し③オクスフォードエリア情報


家具、家電: £1,349
下記の必需品の合計金額です。
Bed, Sofa Bed, TV/TV Aerial, Wardrobe, Dining Table/4-chairs, Vacuum Cleaner, Microwave

UKではついていたもの(他のエリアにはなかった):
冷蔵庫、洗濯機、食洗機、照明、カーテンはついていました。


※おしゃれさんは、要注意!下記、こだわりの一品的なものは、ほぼ確実にありません。
家電は最安値を狙わないのであれば、ローカルの人が電気屋といって、パッと出てくる名前は↓
Currys

家具は、Ikeaがいたるところにありますが、オクスフォードにはないです。「Botley Retail Park」の周りに家具屋さんが沢山ありますから、その辺で見繕ってはいかがでしょうか?

私は、Argosで問題ないタイプなので、大変お世話になっております。デリバリーとかいろいろ問題がありますから、ウチの同僚みたいに、「なんかあったら、交渉してバウチャーもらうのよ!」って気概で挑んでくださいね。


Council Tax: £986
電話して住民登録をして、その電話上で支払いました。いろいろ聞かれますが、「わかりません」を連呼していると、オクスフォードカウンシルの係りの人が不動産管理会社に電話をかけて確認したうえ、折り返してくれます。結構親切です。

ちなみに、単身世帯は、なんと税金25%ディスカウント!です。

2016年は請求書が送られてきたので、ネットで支払いました。請求番号とカード情報を入れるだけです。

オクスフォードシャーの場合↓
https://www.oxford.gov.uk/info/20037/pay_your_council_tax


水道代:!£147.84
ポストに案内状が届くので、電話して登録しました。
私のエリアの水道会社は、Thames Waterです。
毎年2月と8月の2回しか請求書が届きません。

インターネットで支払えます。
http://www.thameswater.co.uk/your-account/548.htm


TVライセンス: £145.50
請求書がポストに届きます。もっとも執拗な手紙を送ってきます。テレビないから...と無視していたら、手紙上のペナルティ£1,000の文字がどんどん大きくなっていきます😱

これもネットで支払えます。
https://www.tvlicensing.co.uk/cs/pay-for-your-tv-licence/index.app


インターネット: £20
まず最初に£25ポンドのデポジットを払ってから契約申請を進めます。月々の支払い1月分と開設工事費£5ぐらいが最初の月にかかりましたがデポジットと相殺されます。

その後の支払いはDirect Dabitを組んで、自動引き落としにしています。
iPhoneとiPadの契約でほぼ困らないので、開設するまいかとも思ったのですが、skyにしました。
そういえばM&Sのe-voucher、私の時は£75ついていました。すっかり忘れていたのですが、まだ使えるかな?笑...
http://www.sky.com/shop/broadband-talk/broadband-unlimited/

関連記事:
ようやくブロードバンド開通!


※これらは、離任時すべてクローズ・処分しなければならないもののリストともいえます。ブログって、メモ帳に最適ですね!しかし、撤収は撤収で面倒です〜。


うーん。何か他にイギリス界の皆さんのお役に立てるかもしれない系の情報あったかな〜。
お役に立てなかった撃沈話は多いんだけどな〜。
スポンサーサイト

イギリス赴任:最初の1.5ヶ月間にかかった費用は£6,311

私は、イギリス着任後の引っ越しの段取りが悪くて、住所が決まるまでに1.5ヶ月かかりました。それまで銀行口座が開けず、日本のクレジットカードで支払った金額は£6,311でした。


現地銀行口座を開くまでの支出内訳



ホテル: £3,981 (ca. £137/night for 30 night)
交通費: £830
食費: £1,000
その他: £500
合計: £6,311

そのうち経費精算可能でポンドで支払われたのが、£4,885です。

当時のクレジットカードのレートはポンド高+α(手数料)でGBPJPY190〜202でした。口座を開くまでの「準備金」として123万円の日本円が必要だったことになります。

ちなみに、今日のレートは159.80って、為替での敗北感が半端ないです。号泣。

※銀行口座を開けなかった理由など、反省点をまとめた関連記事:
家探しにあたってのメモ


日本のクレジッドカードの上限額を上げておけばよかった?


セキュリティーの為に日本のクレジットカード上限額を1枚50万円ぐらいに設定していましたので、いくつかのカードを工夫してやりくりしました。

日本のクレジットカードってほっておくと自動更新で上限額がどんどん上がっていくので、気づいたら都度下げるようにしています。海外赴任の間は、現地生活の設営が終わってしまうと殆ど使わないので、悪用されちゃってもすぐに気づけないですよね。低めに抑えておくに越したことはないと思っているのですが、今回ばっかりは自分で自分の首を絞めた状態でした…
ぐぇっ。

前任地、インドのデビットカードも持っている(閉じ損ねた)のですが、1日5万ルピーまでしか使えないので、やりくりが大変でした。


結果として、ポンド貯金額 > 手取り給与総額に!


「ポンド預金額」が、「ポンド手取り給与の総支給額」より多いのです!!

上記の初期支出のうち、経費精算可能でポンドで支払われたのが、£4,885です。
一方、ポンド口座からのその後の生活費支出額は、£3,174。

早期リタイアしたくて、自炊で生活費を節約しているので毎月£300で暮らせます!
と言いたいところですが、インドルピーをちょいちょい使っているので、ポンドが増えていっています。

個人的な通貨信用度は、

イギリスポンド>インドルピー

っと言うのは、間違いないのですが、ポンドも懸念要素が盛りだくさんなので、複雑な心境です…

※イギリスの節約生活ベースの家計簿の関連カテゴリー;
駐在員の家計簿


明日は、「UK赴任にかかった生活設営費」、です。
※上記から交通費、食費が引かれ、家を借りてからの費用、光熱費、カウンシルタックス等が加わります。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。