インド

このページの記事目次 (タグ: インド の検索結果)

total 4 pages  次のページ →  

インドのハードシップNo.2、ネットの通信速度が遅い

インドのハードシップが通信速度?、そこじゃないだろう?、っと思われた方もいらっしゃるかもしれません。

所詮、守るべきもののない独身です。外出が不便で、家に引きこもりがちなインドにおいて、家の中の楽しみを充実させることは、非常に重要です!

インドのスマホでのデータ通信は「E」

中国に引っ越した際に3Gが飛んでいる所が少なくて驚きました。それから、5年後のインド、私が住んでいたエリアでは、というか都市全体で、携帯のデータマークは、「E」でした。

「E」って何??、「3G+」みたいなもの??

「4G」は確か「LTE」と呼ばれていたような…

あれ?、これ、何も通信しないよ??

ん~。圏外は「No Service」だよね?、スマホ壊れたかな??

って感じなのが、インドでした。

Wikipedia、GSM、「パケットデータ通信」より引用

EDGE (Enhanced Data Rates for GSM Evolution)もしくはEGPRS(Enhanced GPRS)、IMT-SC (IMT Single Carrier) はGPRSを拡張したパケット通信規格。デジタル変調方式に八位相偏移変調(8PSK)を使用している。最大スループット473.6kbps。3倍程度高速化されたひとつ59.2kbpsのパケットスロットを8スロットまで束ねる事ができる。

「E」の正体はおそらく↑で、パケットデータ通信は、「3G+」ではなく、「2G+」的なものでしょうか?

日本にもこういう時代があったんだと思うのですが、黎明期すぎてもう覚えていません。そういう訳で、パケット通信はさっさと諦めました。日本で、モバイルドングルと呼ぶのか、ポケットwifiと呼ぶのか存じませんが、データ通信専用のSIMカードを購入することにしました。

モバイルブロードバンドとやら

infostand、海外ITトピックス、「WiMAXフィーバー、モバイルブロードバンドの到来か」より引用

WiMAXに期待されていたのは、銅線など固定網ベースのブロードバンドサービスが利用できない地域でネットワークを補完するという役割だった。モバイルブロードバンドは、デジタルデバイドを解消するための重要なポイントであり、それには伝送範囲の広いWiMAXの持つ効果とメリットは大きい。

こうしたことから、とくに固定通信網の整備が遅れている途上国では、WiMAXに大きな期待が寄せられた。調査会社のカナダMaravedisとインドTonse Telecomのレポートによると、インドのWiMAX加入者数は2014年に2100万人に達する見込みという。インドではRelianceなどのキャリアが一部地域でWiMAXサービスを開始しており、今後は、より大きな規模で普及が進むとみている。

↑は2007年の記事なのですが、なんと、2014年にはこの筆者の予言通り、RelianceでWiMAXを使ってネットをしていた人が多かったのではないかと思われます。実際に何人いたのか興味がありますが、2014年に2,100万人に達すると予測されたインドのWiMAX加入者の一人でしたよ!わたくし。

しかしこのWiMAXをもってしても、通勤片道1時間の間、20分は何一つ通信できないエリアでございまして、自ずと、日記を紙に書きたくなる理由がお分かりいただけるのではないかと思われます。そう。日記が続くタイプだったというよりは、毎日40分間ほどの強制的ネット断ち修行でほかにやることがなかったのです。

そして、何より不思議な事は、Relianceから初期に支給されるポケットwifi機では、シグナルを上手く拾わないんです。この為、アンドロイドにWiMAXのSIMを入れて、それでシグナルを拾って、テザリングで家パソやタブレットにwifiを飛ばしていました。意味不明でしょ?

WiMAXをWiMAXとして使えていたのか少々謎ですが、RelianceのSIMをアンドロイドに入れると、iPhoneで何もできない時にもネットができるという現象でした。←インドで何かについて論理的に考えるのはムダで、通信できればよし!のメンタリティーです。

iphoneやipadでは、データ通信が「E」な上、Apple系のスマホ・タブレットだとSIMの種類が違うので、WiMAXのSIMは物理的に入らなかった使えなさなのに、インド人の間で大人気のApple製品。インド7不思議の1つにいれちゃう。

今回良さげな記事を探しているなかで、ちらほら「LTE」の文字を見かけました。通信状況が改善しているのでしょうか?、今のインド駐在員の皆様を祝福申し上げます!

光通信??、何それ、おいしいの?

(↑、すみません、一度使ってみたかったんです。この表現。)

2つ目の引用記事に書いている通り、物理的な固定通信網(銅線)を敷くのが遅れているわけです。というか、むしろ、物理的な固定通信網、いらないんじゃ?状態なんです。

この為、年賀年中停電中のインドにて、当てになるかどうかよくわからない固定通信網とやらの為に、インド人と格闘するのが嫌だったので、私はポケットwifiだけで2年間凌ぎました。その代り、通信量が大きなパッケージを買っていたように思います。

よく、耐え抜いた!私!!

友達が、インドに行って、家に引きこもっているのは良いけど、あなたは廃人になるからネトゲはダメよ!なんてアドバイスしてくれていたんですが、もうどこから説明したらいいのやら。インドでネトゲ廃人になる人は、通信速度の問題でその手前で神クラスの忍耐力を試されるので、わたくしno chanceです。

「ネトゲ廃人の前に、神になる」に通ずるパラダイムシフト

しかし、本当に面白いな~っと思います。先進国では電話回線、電力回線となんでも物理的な線をつかってインフラを整え終わっているから、それがないと不便だろうと思う訳ですが、新興国では、「物理的」な通信網や電力回線の重要性が下がっているというか、そんな感じなんです。いろいろスキップして、一気に進むんです。無線とか太陽光パネルとか。

インドでは、流石に電力回線は存在しますし、今もインフラとして整備しようとしていますが、日常的に停電が起きると、家に自家発電機(主にディーゼル)がある場合も多いですし、それならと太陽光パネルを置いちゃったりするわけです。

太陽光パネルも日本の様に屋根に掲げる大げさなタイプから、折りたためるタイプの持ち運びに優れた太陽光シートみたいなものまで多種多様で、こういうのを使ってスマホを充電しているかっこいい感じの人を日本よりも多く見かけるんです。

いや、面白がっている場合じゃなかった。ハードシップでした。今日のお題。

実際、かなりつらいですよ。通信速度問題。

インドのハードシップNo.1、外に出られない

埋めたボツネタを掘り返す…(予約投稿)

外に出られないというのは、正確な表現ではなく、「外に出たくない」というのが正しい言い方でしょうか?

出ようと思えば、出られる

欧米人は街なかをうろうろしている人もいます。驚きでした。

だれも止めませんし、外に出てはいけないという決まりはありませんが、危ないです。

最も怖かったのは、狂犬です。

狂犬病になったら、終わりだと思うと、犬がこわくなりました。
だから、基本的に、出発地から目的地まで車の中にいました。
それ以外は、家に引きこもっていました。

他の動物もコワイです

運転手さんが、ネズミにかまれて、死にそうになっていました。
相当な高熱を出して、復帰後もかまれたところがめちゃめちゃ腫れていました

どこぞで外出中にかまれたらしいです。
自宅や高級ホテルなどは、駆除がなされているので、見かけませんが、沢山いるらしいですよ。

その他、デンジャラススネークとか、サルとか、襲ってくるらしいので、要注意です!

うん、出かけたくない…

人も、怖いです。

急に理由もなく刺される、みたいなことは殆どないと思いますが、ホームレスの人が寄ってきて、お金を無心されるだけでも十分恐くないですか?
大勢のホームレスに囲まれたら、めちゃめちゃ怖くないですか?

繰り返しますが、私は、できるだけ家に引きこもっていました。

日用品を買い忘れたら運転手に電話するのが面倒


夜遅く、パッとお財布を持って、近所のスーパーへなんてことができませんので、運転手さんに電話して、迎えに来てもらうまで待って、買いに行って、送ってもらって帰宅する。水1ボトルでも、です。

運転手さんに買ってきてもらうという手もあります。

住み込みのお手伝いさんならもっと簡単に頼めるかもしれませんね。

インドでは、お店が空いている時間に気付けないと、翌日まで我慢です。

水は生命線なので、沢山買いだめしていました!

ま、しっかりしている人には問題がないのかもしれません。

外に出られない閉塞感…

ゲーマーで日本にいた時からお家大好き人間だった私も、流石に心理的にストレスを感じました。

幾分でも心地よく過ごすために、広めのお家にお住まいになられる方がよいかもしれません。

個人的なインドのハードシップ第一位は、外に出られない、でした。(居住期間は2年です。)

インドのハードシップ手当は、15万円ぐらい

勤め先のことはかけませんが…

インドのハードシップ手当て


私が知っている人のハードシップ手当は、15万円、17万円、20万円ぐらいでした。
個人的に、インドでハードシップ手当をもらっていない駐在員を知りません。

検索流入が絶えないので、知っていることを書いてみました。

インドに興味があって、現地採用でも渡印する方もいらっしゃいますが、駐在員の場合、ほぼ社命ですよね。。。
合う人、合わない人、両極端な土地ですが、生活面で何らかの閉塞感は免れ得ません。
どうぞご自愛くださいませ。

日付入りの手帳のいいところ

2008年~2014年までは、記録上、仕事しかしていないように見えます。


2008年海外赴任してから、ひどい上司にあたるまで


ひどい上司にあたったのは2014年4月です。7月には心の風邪気味でした。朝5時に暑くて目が覚めて、身支度を整えたにも関わらず、出社の時刻を過ぎてもソファーから動けない日がありました。

このころに、同僚兼親友のアドバイスに従い、「いいこと日記」を書き始めました。これが日記のスタート地点です。

その前までは、手帳は仕事のタスクリストでした。1日に数ページ使うこともあるので、2008年の途中から日付入りを使い続けることを断念しました。

CIAKノートブックシリーズ、スタンダード、M、方眼」をずっと使っています。使いやすくて大変おすすめですが、使わなくなって5年以上経過するとべたべたし、表面が剥げてきます。(ビーチフロントで潮風にあてたのがよくないのかもしれません。)


この期間の手帳4冊は、仕事の事しか書いていません。苦労したな~~っと、ほろ苦く、甘酸っぱく、懐かしい思い出です。プライベートでも旅行へ行ったり、飲み会があったり、いろいろあったはずですが、書いていません。先の予定を記す手帳ではなく、忘れてはいけない宿題を書き込む手帳でした。

予定はOutlookに書き込んでいました。

この機会に廃棄しました。


日付入りの日記のいいところ



日付入りの日記は、「食事会」「お出かけ」「歓迎会」「送迎会」「お祝い」「法事」「休暇」などもスケジュール管理の一環として記述していますから、会社のOutlookには書かないような極個人的なイベントまで記載されているので、振り返るとはまって出てこれなくなります。(ダメじゃん)

それも、捨てちゃいましたけど。
覚えていたら、来年初にまた日付入りの手帳に切り替えてもいいかもしれません。


涙ぐましい「いいこと日記」も捨てようかな…


鬼畜上司のおかげで目が覚めて、早期リタイアを目指すようになったともいえるのですが、ブログを始める前の9冊の「いいこと日記」は、いいことしか書いていないのに、やっぱり涙ぐましいです。

この鬼畜上司に苦しんでいたのは私だけではなく、同僚も同じでした。二人で目先を変える方法を研究していました。一人だったら辞めていたでしょうね。そちらの方が良かったかもしれませんけれど、乗り越えてしまいました。というか、時間がたって風化してきました。

苦々しい気持ちがもっと薄れてきたら、そのころ取り組んでいたストレス霧散法についても書いてみたいなと思っています。「いいこと日記」は、友達の案で、「不幸をしんみり味わう1時間も、今日はこれが面白かったなと振り返る1時間も同じ1時間、どうせなら1日1時間だけでも楽しく過ごそう!」と、書いているのにつられて書くことにしました。


ネットで見つけてきたストレス霧散法を2人で試してみては、あまりのバカっぽさ、バカバカしさに爆笑していましたっけ。でも笑うことができるのが重要だということをその時に学びました。

これ、書いたっけ?
書いてボツにしたんだっけ?
今回は、勢いで公開します。


日記にタイトルをつけるのは大変


いいこと日記にタイトルをつけて、ブログに移植しようかと考えています。
紙よりも涙ぐましさが減るかもしれません。

タイトルをつける練習になるかもしれません。
タイトルだけで、内容が思い出せるような、そんなタイトル付けを目指しています。

で、タイトルリストだけで満足したりしてね。
私にありがち、です。

インドの後遺症? 冷凍庫の存在を忘れている

インドには巡回停電という概念があり、冷蔵庫が電力バックアップ対象外の家に住んでいた私は冷蔵庫、冷凍庫を使わなくなりました。


冷蔵庫離れは中国時代から


中国に住んできた時から、あまり冷蔵庫にものを入れなくなりました。これは、「私が」入れないだけで、代わりにお手伝いさんが入れてくれていました。私は、開けて、取り出して、食べる(飲む)だけ。

機能限定的なドラえもんポケット!

たまに、下ごしらえなのか、完成品なのかわからなくて、間違って食べちゃって、二人でお腹抱えて笑ってましたっけ。
懐かしい…


インドは、電気が止まるから使えない


月に1度は完全終日停電、毎日2時間巡回停電、巡回スケジュールを役所のサイトで調べることができるのですが、そんな感じでした。それ以外にも頻繁に起こる突発停電、しんどかったな~。


日本人駐在員は、完全バックアップ型(=ディーゼル自家発電型)のお家に住んでいらっしゃる方が多かったのかな?
私がインド入りした時点では、まだ家を探すようにすすめられていて、上司も他の駐在員も家を借りて住んでいました。

私が入った際、完全バックアップ型の空き物件から会社が往復4時間以上だったので、会社から近くて逐電型のバックアップがついている家に入りました。全3系列中、寝室の冷房を含む1系列だけがバックアップされるタイプです。

冷蔵庫か?エアコンか?
後者を選ぶのに迷いはありませんでした。


上司が赴任1年ちょいでギブアップ


最初の上司は、赴任1年ちょっとしてから(私が家を決めた数か月後)、電気系統に壊滅的な大雨被害を受けたとかで、住めなくなってホテルに引っ越していました。

次の上司は初めからホテルです。

私も住み始めてから1年ちょっとしてから、上下水道工事会社が電気線を切って2週間の完全停電、さらに2週間の1系列暮らしを余儀なくされました。


この時、新しい上司に暫定的なホテル退避すら却下されたことは、間違いなく一生涯忘れません。結局会社は全くサポートしてくれませんでした。問題はインドに非ず。
※どうだろう…


イギリスの冷蔵庫は超普通


自動充填機能もなければ、自動停止機能もついていません。
備付なところが初めてぐらいで、機能は日本のものと変わりません。

自分で入れて、自分で出して…
超普通…

で、ぷうままさんから頂いたコメントがきっかけになって、冷凍庫にものを入れたことがなかったことに気づいたので、冷凍食品を入れてみました。

イギリスの冷凍食品

Aldiの冷凍食品のなかで、オーブンがいらなさそうなものを選びました。
かぶみちゃんが食パンを大量購入して冷凍庫に入れている記事を読んで、興味津々になりました。しかし、調査の結果、解凍にトースターが必要そうなので、週末電気屋さんに見に行ってみようと思います。もしくは、未だ使ったことのないオーブンのマニュアルを見てみたいと思います。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。