ウェールズ

このページの記事目次 (タグ: ウェールズ の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

ウェールズ大好き!(ついでに新1ポンドコインについて)

国旗編

ユニオンジャック

はい!どーんときましたユニオンジャック。
イギリスと言えば、ユニオンジャック!的な記事を書きたいところですが、本日は私のウェールズへの愛を語る記事です。


UKは、the United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandです。
日本語でいうとグレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国ですね。
イングランド、スコットランド、アイルランド(北部)、ウェールズの連合王国のはずなんですね。


ふふふ。

ユニオンジャックの成り立ち

ユニオンジャックの成り立ちを見るに、イングランド+スコットランド+アイルランドなんです。


ウェールズは、どこへ行ったの??

ウェールズの国旗

↑が、ウェールズの国旗です。
白と緑で、しかも真ん中にドラゴンがどーんと!
どうですか?
この空気読んでいない感。
なんだかほっとしませんか?

国花編

クラウンフローラルバッジ

このクラウンフローラルバッジ、イギリスに住んでいるとちょいちょい見かけます。

イングランドのチューダーローズ、スコットランドのアザミ、アイルランドのシャムロック(クローバー)です。

で、またもや、行方不明のウェールズ。

彼らの国花はどんな感じかと言うと…

ウェールズのネギ

大丈夫!
見間違いではありません。
ネギです。ネギ。
深谷ネギみたいな立派なネギです。
なかなか斬新ですよね。
アイルランドもお花じゃないけれど、三位一体のシンボル的なものらしく、理解ができます。
ウェールズのネギは、いや、どこから出てきたのか、とても興味があります。

本当にマイペース!

これはさ、バラとアザミとクローバーに混ぜてもらえなくても仕方なくない??

ところが、そこは寛容なUK気質でなんとかネギも融合させたバージョンが、もうすぐ身近に存在することになります。

じゃ~ん。

新、1ポンドコイン

イギリスの新1ポンドコインです。
見えますか、左から2番目のネギ!
仲間に入れてもらえました~。
素敵な12角形が話題になっていますが、私はネギが仲間入りできたことを非常に喜んでいたりします。

詳しくはこちらをご参照くださいませ~。
イギリス造幣局、The New 12-sided £1 Coinページ

2017年3月から流通開始になるという、1ポンドコイン。
時事ネタとして紹介すべきところをウェールズ愛として書いちゃうあたりが、ダメブロガーですが…
どんまい~


資料引用元(Reference):
ユニオンジャック引用元
By Original flag by Acts of Union 1800SVG recreation by User:Zscout370 [Public domain or Public domain], via Wikimedia Commons
ユニオンジャックの成り立ち引用元
By By en:User:JW1805. Edited and fixed by en:User:IAMTHEEGGMAN [Public domain or Public domain], via Wikimedia Commons
ウェールズの国旗、引用元
By UnknownVector graphics by Tobias Jakobs - Open Clipart Library, Public Domain, Link
クラウンフローラル紋章、引用元
By SodacanThis vector image was created with Inkscape. (Own work) [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
ウェールズのネギ、引用元
By SodacanThis vector image was created with Inkscape. (Own work) [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
スポンサーサイト

SwanseaからRhossiliへお出かけ

ウェールズのコーストウォークをいつか制覇したい…とは思いつつ、本日はSwanseaからのショートトリップについてです。


SwanseaからRhossiliへの道程の半分はただひたすらにグリーン


Rhossili Beach

Swansea City Bus Stationから119番のバスにのって1時間程で上の写真のRhossiliへ到着します。

バスの時刻表(PDF)


往復チケットは£5でした。
本数も十分に出ていますので、行きやすいです。
Swansea市街地から1時間でこの値段なら、何とか時間を見つけていきたいですよね!
※バスセンターへはSwansea駅から徒歩で15分から20分ぐらいです。


ガワー半島素敵すぎ!


Rhossili航空写真
Rhossiliは、地図的に言うと、青マルのところあたりです。

Rhossiliを起点としたウォーキングコースもいくつかあるのですが、この半島にはそれ以外にも美しいところが盛りだくさんです。

Wales Coast Pathサイト
PATH HOME / EXPLORE BY AREA / GOWER & SWANSEA BAY / LONG WALKS IN GOWER & SWANSEA BAY (ロングウォーク集);
Long walks in Gower & Swansea Bay

Visit Swansea BayサイトのHome » Listings » Temptations » Walking Breaks;
Walking Breaks


Rhossili村
このホテルの裏手がビーチです。今回は写真正面をてくてく歩きました。
風がとても強くて、2時間くらい吹かれていたら頭が痛くなったので、ビーチは断念して街に戻りました。
冬になったら写真のホテルに宿泊して数日ゆっくりしたいな~っと思ってパシャッとしておきました。


木陰で昼寝なんて、素晴らしいライフスタイル


帰り道、「添い寝してもいいですか?」っと、思わず聞きたくなる好みのタイプに出会いました。

どストライクなタイプ
バスの中からiPhoneの拡大機能を使って撮ったものなので判りづらくて、とても残念です。

お腹いっぱいで、ついウトウトと…
超バカっつらで昼寝しちゃっています。

ここも柵なしで、道路脇の開けたところで10匹くらい休憩していました。
羊も帰巣本能とかあって、ちゃんと家に帰れるんでしょうか?

このほか、馬とかも放し飼いされていて、道路でうろうろしているので、バスが避けて走っていました…
仔馬もチラホラ。バスがまったく警戒されていないところが凄いですよね、ウェールズ。

昼寝している羊はちょうどバス道程の中間あたりで発見いたしました。
ちょうど3時ぐらいかな。
いいな~~。

ビレッジ野良羊がいた!!

関連記事「イギリスといえば、羊と虹」で、さすがにシティー野良羊はいないですけどなんて書いたのですが、いました!!


実際は野良じゃないですよ…


ビレッジのら羊
ここは、WalesのReynoldstonという村の、バスターミナル的なラウンダバウト(ロータリー)なんですね。村人が集まる広場的な物じゃないかと思うのですが、私の大好きな羊たちがむしゃむしゃ食事をとっていました!

見ての通り、放し飼いです!
柵なしです。
え~~~!!!


大好きな割にまだ怖がっているので、バスの中から撮りました。
ツアーバスとかじゃなくて、普通の路線バスでございます。
運転手さんが、「待ってるから、外に出ていいよ」と言ってくれましたが、遠慮しておきました。


夏毛に衣替え!


夏毛に衣替え中


はい。カメラ目線いただきました。
この子は、自然脱毛でパターンみたいですね。
お尻から抜けちゃって、ちょっとまぬけて良いですよね~。
牧歌、牧歌。

最初の写真の羊たちは刈ってもらいました!って感じだったんですけれど、オーナーさんによっていろいろみたいですね。

この写真の場所は、目的地のRhossiliです。
背景のビーチが素晴らしいでしょう?
この子は柵の中に入っていたのですが、そこいらじゅうグリーンでご飯に困りませんね~。

今、何処にいるの?ウェールズです!

サイバーセキュリティーの講習会で、「今、XXにいます系の情報更新は止めなさい」とはっきり言われます。


狙われやすくなります


習慣的に「今、XXにいます!」的な情報をSNSで発信している人は、狙われやすくなるらしいですよ。

特に実名や社名や卒業校などがわかりやすいメディアもありますよね。トラッキングされて、留守中を狙って詐欺被害に会う人続出だそうです!

経営者や会社の幹部、決裁権を持っている人などは、要注意!

会社にメールなどが届き、「ボブってもうハワイ休暇に出ちゃったかな?下のメールの通り(でっち上げ)、休暇に出る前に今日までに£10,000の支払いをするからってメールを貰っていて、入金されなければ他の顧客に売るって約束なんだけど、今日中に払える?」とか、

「あ、オレオレ、ロブ、休暇中だからプライベートメールから送っているんだけど、急いで下記の口座に£10,000払っといてくれないかな?出張行く前に依頼し忘れちゃったんだけど、今日までに払わないと無効になっちゃうんだよね。ハワイから帰ったら申請書回すよ。」とか、

SNSに書いてあるプライベート情報を巧みに使って本人だと思わせる手法に騙される人多いらしいですよ!


ほぼ全ての勉強会、講習会で言われている


イマドコ情報の自粛についてはUKでは、全2回中2回、中国、インドでも指摘されていました。だからできるだけ事後にアップする様にしています。それで、ボツネタ化する事もあります。

私の情報なんて...
と、思いつつも、会社や両親に被害をもたらすのは嫌なので、念のため。

でもでも、時事ネタの事後更新はつまらないですよね~


ウェールズの特別な日に、ウェールズにいるのに...


ユーロカップクォーターファイナル

Euro 2016: Wales set for 'biggest game' since 1958 World Cup



60年ぶりの大快挙!!
ウェルシュの皆さん、目を輝かせています!
私が居合わせているのは仕事で偶然なのですが、「今日はウェールズの応援にパブに行こうかな~」っていったら、5人ぐらい寄ってきて、地元のベストパブを教えてくれましたよ!

今日、パブにいかない人は、ウェルシュじゃない!とかって張り切っていました。
皆さんが仕事どころじゃない日に出張に来ちゃったのでした…


仮に実家などに詐欺電話がかかったとして…


イギリスでは、サッカーの応援に行くのは、それなりに危険な気がします…
だから、もし電話がかかってきたとして、それが詐欺なのか本当なのか、よくわかりませんよね。

ま、大丈夫でしょう。
いろんな意味でtouch wood!


ウェールズ、勝ってほしいな~~。
応援へ行ってまいります!
(スタジアムじゃなくて、パブだけど)

恐怖体験: ひつじ、こわっ!

家計簿はちょっと後にして、新鮮なうちに恐怖体験の記念投稿です。

いつものごとく、ウォーキングダイエットへ出かけたら、通り道に見慣れた生き物が...

かなりの数だ
あ、あれは、私の大好きなあいつですね。
いつかは、私たちの間の障害は取り除かれる日が来ると信じていましたが、こんなに早く?こんなに急に?予告なし?
まだ、心の準備が...

大好きなあいつ?
と、言っても、取り敢えず飛び込む派!
うっすら見えるけもの道、これに沿って歩かないと迷っちゃうんですよ〜。
通してくれませんか?

移動いただき、感謝です
てか、多い!

こっちをみてるよね?
しぇ〜。こっちをみてるよね?

近い...
な〜。近い...

<てな感じで、羊入りの幾つかの柵を無事通過しました>

ひつじ、少し怖くない
少し慣れてきて、後ろから眺めている分には、やっぱり和みます。

母1子供2
私の観察では、概ね母羊1匹に対して、子羊2匹。
Lambing Seasonとか呼ばれるだけあって、子羊がたくさんいました。

目があった?
げ!目があった?

寄ってきた!
うぉ!よってきた。それ以上は、近づかないで〜。
(ちょっと触ってみたいけど、やっぱり怖い。)

へその緒?
ほら、お母さんが呼んでるよ〜。って、お腹にぶら下がっているのは、もしかしてへその緒ですか?
産まれたてホヤホヤですか?

バイバイ!
お!去った!
さようなら〜。

と言った感じで、羊にちょい慣れしたのろのろでした。
でも、総括すると、「怖かった〜。」です。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。