ウォーキングダイエット

このページの記事目次 (タグ: ウォーキングダイエット の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

久方ぶりに翻訳してみた: Right of Way標識の見方

より内容が充実し、わかりやすい記述が↓(日本語)にありますから、こっちをみてください。苦笑。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/イギリスの通行権



ウォーキングダイエットで、写真のような舗装されていない路を歩きまわっています。昨日もFootpath Signsという記事をあげているのですが、いろいろなサインがあるでしょう?これらは厳密には全てが「footpath」という訳ではないんですね。

我らが(?)Thames Path、Explore the trail、Is there signage on the Trail(下記引用元)に説明があったので知ってはいたのですが、何を血迷ったか、日本語訳してみました。

※翻訳の精度は保証できません。赤面モノです。

The entire Thames Path follows a series of defined Rights of Way along which you have a legal right of access.


Thames Pathの全域で、あなたが通行する法的権利をもつ、一連の規定の権利道路に沿っています。


An acorn is the symbol of the National Trails and it will be found at regular intervals along the Trail.
When using the Thames Path you will see the following symbols on the Trail or on connecting paths, which can be used by vehicles, horse riders, cyclists or walkers as indicated.


「どんぐり」はNational Trailのシンボルで、当トレイルに沿って一定間隔で見つけられます。Thames Path通行中、当トレイルもしくはつながっている別のトレイル群において、下記の標識群を見ることでしょう。これらは示される通りの自動車、騎馬者、サイクリスト、歩行者によって通行可能です。


An acorn, the symbol of Britain's National Trails, is used to guide your journey by marking the route in a variety of ways. It is used in conjunction with coloured arrows or the words 'footpath', 'bridleway' or 'byway' to indicate who can use a particular right of way.


「どんぐり」は、英国のNational Trailのシンボルで、多様性に富んだルートであなたの旅を導くためにあります。誰が通行できるかを定めた色矢印、もしくは「歩行専用」「乗馬可能」「自動車可能」などの文言、もしくはその両方が用いられます。


The yellow arrow indicates a path for use by walkers The word 'footpath' and/or a yellow arrow indicates a path for use by walkers only and where, without the landowner's permission, it is illegal to cycle, ride a horse or drive a vehicle.


黄色矢印は、歩行者によって通行可能である事を示しています。「footpath」表示および/もしくは「黄色矢印」は、歩行者のみによって通行が可能であり、当該土地所有者の許可がなければ、自転車、馬、自動車での通行は、違法です。


The blue arrow indicates a path which can be used by walkers, horseriders and cyclists The word 'bridleway' and/or a blue arrow indicates a path which can be used by walkers, horseriders and cyclists but where, without the landowner's permission, it is illegal to drive any vehicle.


青色矢印は、歩行者、騎馬者、サイクリストによって通行が可能であることを示しています。「Bridleway」の文言、および/もしくは、青色矢印は、歩行者、騎馬者、サイクリストによって通行可能なものの、当該土地所有者の許可がない場合、自動車での通行は、違法です。


The plum arrow indicates a path which can be used by walkers, horseriders, cyclists and carrige drivers. The term 'restricted byway' and/or a plum arrow indicates a path which can be used by walkers, horseriders, cyclists and carrige drivers but where, without the landowner's permission, it is illegal to drive any motorised vechicle.


紫色矢印は、歩行者、騎馬者、サイクリスト、運搬車によって通行が可能である事を示しています。「restricted byway」および/もしくは、紫色矢印は、歩行者、騎馬者、サイクリスト、運搬車による通行は可能なものの、当該土地所有者の許可がない場合、電動車両の通行は違法です。


The red arrow indicates a right of way which can be legally used by walkers, horseriders, cyclists, carrige drivers and motorists. The word 'byway' and/or a red arrow indicates a right of way which can be legally used by walkers, horseriders, cyclists, carrige drivers and motorists.


赤色矢印は、歩行者、騎馬者、サイクリスト、運搬者、電動車両運転者が法的な通行権をもっている事を示しています。「byway」および/もしくは赤色矢印は、歩行者、騎馬者、サイクリスト、運搬者、電動車両運転者によって法的に通行が可能です。


はぁ〜。本当に何がしたかったのか?
いやね、早期リタイア界の皆さんが、在宅とかスキルを活かしたお小遣い稼ぎとかしておられるんですけど、私の取り柄(強み)ってなんだろう?と、ふと模索してみたくなったわけです。

翻訳なんていいんじゃない?なんて思って試してみたんですけど、全然ダメですね〜〜。
まどろっこしくて、苦痛!
って感じでした。

慣れの問題かもしれないので、何かトピックがあったら、もう一回ぐらいは挑戦してみようかな?
うーん。
遠いなぁ〜。



明日は、ダイエット月次報告的なモノです。(最近しばらく何気に予約投稿です)

Footpath Signs

トロフィー🏆系を全く意識しないゲーマーはあまりいないと思います。
同じ感覚で、Footpath Signsのコレクションページを作ってみました。
※たかが3ヶ月、されど3ヶ月。結構いろいろ廻れるものですね〜。

新しいものが上です。
今後も本ページに追加していくかもしれません。

Seven Shires Way
Seven Shires Way in Moreton-in-Marsh, Gloucestershire


Sign
Cotswold Way and Heart of England Way in Chipping Campden, Gloucestershire


Heart of England Way
Heart of England Way in Chipping Campden, Gloucestershire
※2つ目のサインは読めない...


Shrewsbury
in Shrewsbury, Shropshire


Great Orme Nature Trail
Great Orme Nature Trail in Llundudno, Wales


St Cybi Circular Walk
St. Cybi Circular Walk and Isle of Anglesey Coastal Path in Breakwater Country Park, Isle of Anglesey, Wales


Wales Coastal Path
Isle of Anglesey Coastal Path and Wales Coast Path in Holyhead, Isle of Anglesey, Wales


Wales Coastal Path, Bangor
Wales Coast Path in Bangor, Wales


Sandown
South England Coast Pass, Sandown, IOW


Goring
Ridge Way, Goring, Oxfordshire


Thames Path
Thames Path, Goring, Oxfordshire


Hampshire
Magdalene Hill, Winchester, Hampshire

おまけ
おまけ: Magdalene Hill, 私と大好きなあいつの間に垣根なし!それはそれで怖い。


John Morris Jones Walkway
John Morris Jones Walkway, Birmingham


Witney
おまけ: Witney, え?母牛と子牛と私の間に垣根なし?うん。断念。勇気ない撤退。


Bourton-on-the-Water
Oxfordshire Way, Gustav Holst Way, Bourton-on-the-Water, Gloucestershire


Oxford
おまけ: Oxford, Thames Path北辺、通れない...

Robert Jonesさん!探されてますよ〜。(ど田舎の洗礼)



Chipping Campdenは、Cotswold Wayの起点であるので、下見がてらふらっと寄った訳ですが、疲れていたのでローカルの散歩道風のHeart of England Wayの方を歩いていました。

上の写真の場所は、公道とぶつかったところでコンクリート道です。しばらくコンクリートが続きそうだったので使えないGPSと格闘していたら、大きなモーターバイク(オートバイ?)に乗ってGore-Texとでかでかと書いたジャケットを着たお年寄りライダーが私を見つけて停車しました。

ドキっ!なんだろう?

「Robert Jonesを探しているんだけど、知ってる?」と聞かれました。

え?ええっ?ロバート・ジョーンズ??って人?店?


「ごめん、私はローカルじゃないから、知らない。」と答えました。

Gore-Texにかなりの親近感を感じた私としては、助けになりたかったので、とても残念です。ホントごめんね、ローカルしか歩かないところを歩いちゃって。たまに「どこに住んでいるのか?いつ引っ越してきたのか?」などと聞かれる事もあるし、もっと観光地っぽいところ歩いたほうがいいのかな?なんて思うことがあります。


人を名前で探しちゃう程のど田舎(?)は、初めてでびっくりしたので、記念記事を書いてみました。


ふらっと、Chipping Campden



疲れ気味なので土曜日は家でまったり、なんて思っていたのですが、とても良いお天気だったのでついふらふらとお出かけしてしまいました。

ご近所感覚で、コッツウォルズ、Chipping Campdenです。
交通費はいつものCotswolds One Day Discovererで£10です。

しかし、バスエリアは気をつけたほうがよいです。日曜日は完全運休なので泊まりは組めませんし、本数がとても少ないです。
(また行こうと思っているのでメモ↓)

Chipping Campden Bus Timetable

日本人は必ず行くという噂のシェイクスピアの故郷、Stratford upon Avonへも同じバスで行けます。が、交通の便は基本的に同じです。Birmingham経由でも日曜日は運休じゃなかったかな?不便です。

電車もバスも車窓からの景色は一様に牧歌的で、今の時期は子羊がたくさん遊んでいてとても長閑です。癒されます。暖かくなってもうそろそろ散髪してもらえるのかも知れませんが、大人は毛が伸びまくって巨大化しています。

Chipping Campdenは、National Trail、Cotswold Wayの一端です。

Sign


ホテルもティーハウスもレストランもそれなりにあって困る事はなさそうです。美味しそうなところがいっぱいありました。(↓2Fの窓が顔にみえる?レストラン)

かおにみえる


隣の宿場村(?)Broadwayの方がお洒落っぽかったですけどね〜。その他の周辺村も良さげです。オクスフォード人憧れのEveshamなどへ柔軟に移動できて、泊まりもできるといいなぁ〜。

自動車教習所に通おうかな〜。
同僚も練習に付き合ってくれそうな感じだしな〜。
でもこわいな〜。
うーん。
と、悩み続けて20年、未だ公道を運転した事がありません!
果たして今年は転換期となるのか?
(ならないな。多分。)


と言うぐらい、ドライブまったり1泊休暇にオススメのエリアです。


私は運転ができない為に、出張などでも都心の駅近にしか泊まれませんが、運転できる人は田舎楽しみ放題です。ウラヤマシイ。

計画的に、North and Mid Wales



イースターホリデーの初日ですね!折角の連休なので少し遠出をする事にしました。

計画的に、と言っても、先週末ホテルを予約しただけだったりします。
↓のNorth and Mid Wales Flexi Roverの沿線上に3箇所、基本的に毎日移動しますので、バックパック背負っぱなしです。限界まで荷物を減らして3泊4日で5〜6kgです。

National Rail Enquiries - Explore North and Mid Wales

Explore North & Mid Wales offers unlimited travel on Arriva Trains Wales services for 4 days within an 8 day period, within the designated geographical area.

Valid for travel after 09:30 Monday to Friday, and all day Saturday, Sunday and Bank Holidays.


イースターホリデーは4日間ですので、ちょうどぴったりです。
はじめは2泊3日にして、4日目は家でゆっくりしようと思っていたのですが、社畜的には連休は貴重ですから歩き倒す事にしました。

半分はシティーウォークですから、Pembrokeshire Coast Walkほどのプレッシャーはないです。

相変わらず、ランチ処を探すのに苦労しています。途中ですれ違った(本格)自転車を押しているお年寄りに、「この辺にご飯食べられるところないですか?」って聞いたら、「今、食べてきたところ教えてあげるよ!私、2杯飲んだら、酔っ払って(自転車)乗れないよ。あはは〜!」って、明るい...

私も空きっ腹に1 pint流し込んだら、記事をあげるのが若干億劫に...


それにしても、いいですよね〜。イギリスの車窓からの景観!
Walesは、Oxfordよりhillyな感じです。スケボーを持っている子供&ティーンが多いです。
そして緑しかないし。
のどかです〜。



家計簿メモ:
Oxford⇄Shrewsbury、往復チケット£56.70
North and Mid Wales Rover、£69.00
交通費だけで£125.70
なかなか難しいですな。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。