オクスフォード

このページの記事目次 (タグ: オクスフォード の検索結果)

total 4 pages  次のページ →  

納得がいかないオクスフォードシティーカウンシルの住民税!

オクスフォード、大好きです。とても小さく、のどかな田舎町です。そんな街にもいくつか不満があって、その最たるものが、住民税の高さでございます。

家の価値で決まる、イギリスの住民税

イギリスの住民税は、家の価値で決まるようです。お国が枠を決めています。→Council Tax bands in England

これは、納得!

日本は家の価値ではなく、年収で住民税が違っていたはずです。アーリーリタイアメントを目指して、ぼろ屋に住むと下手すれば住民税の方が家賃より高いなんて状況もあり得ます。その代り、収入がなくなれば、住民税を払わなくてよくなるといういい面もなくはありませんけれどね。

それから、日本で不思議なのは、住む都市によって住民税の格差があまりないこと。お金持ちの都市でも、豊かとはいえない都市でも、支払うレベルが大体同じで、貧しい都市は国税などから補てんされている模様です。

そして更に謎なのは、ふるさと納税。自分が住んでいない地方自治体に寄付すると、住民税が減額される摩訶不思議な仕組みです。そんな融通が利きまくるふわふわした税金、徹底的に払いたくなくなります。いらないなら基準額から減額してほしい。涙。地方創生にはいいのかもしれませんが、なんだか甘いよね…(とはいえ、是非利用してみたかったりもします。)

イギリスの住民税は、都市によって全然ちがう

オクスフォード市の住民税は、昔住んでいたロンドンの住民税より高いです。お国が枠組みを決めるけれど、実際の金額は地方自治体しだいなのです。ロンドンはなぜか大家さんが住民税を払ってくれる仕組みで、よく知らなかったのですが、オクスフォードは自分で払います。だから尚のこと衝撃が大きいです。

ウェストミンスター(ロンドン)の住民税
westminster-council-tax-2017.png

オクスフォード市の住民税2017-2018
oxford-council-tax-2017.png

その差2倍以上!?

なんだこれ!!

毎年3月になると、お金持ちの都市が羨ましくて仕方がありません。笑。

独身値引きもあるよ!

独身値引きというか、独居値引きです→Council Tax Single Person Discount。これがなんと25%。それでもダブルインカムやフラットシェアなら2人以上で済んだ方がお得ですね。普通に頭割できますから。

以上、大好きなオクスフォードに対する、小さな(←)不満でした。

監獄を仕立て直した、高級ホテル。Malmaison Oxford

監獄を仕立て直した高級ホテル

イギリスには教会を仕立て直したバーや、発電所を仕立て直した美術館などがありますが、オクスフォードにあるのは、監獄を仕立て直したホテルです。

malmaison-oxford

ホテルのウェブサイトからキャプチャーした廊下です。真っ白で清潔感がありますが、形はThe・監獄の廊下って感じで面白いです。

cell-superior-double

Cell Superior Double(独房スーペリアダブル)というタイプのお部屋もあるみたいで、爆笑です。

ホテルのウェブサイト→「Malmaison Oxford

4つ星みたいですが、オクスフォードの中でも5本の指に入る高級(高額)ホテルっぽいです。高いので私は泊ったことがありません。オクスフォードはホテルの値段が高めですから、こんなものなのかもしれません。

このホテル、元・監獄なのに寝心地がいいようです。リノベーションパワー恐るべし。

藤の花が咲く季節

オクスフォードは、冬が帰ってきたかのように寒い毎日です。思わぬ寒さと強風に背中を丸めて歩いていたら、藤の花が目に留まって思わずパシャリ。

藤の花か~。春だな~。いや、春なのか?、気温は4℃。春にしては寒すぎる気が。でも、夜8時なのに、まだ暗くなっていないし、確かに春のはずなんだけどな~。などと、ブツブツ考えながらの帰宅路でした。

wisteria

世の中すべてwww

寒空の中、元気なお年寄り3人組と一緒にバスを待っておりました。(オクスフォードのバスターミナルから家に帰るバス)

このお年寄りらが3人して、最近は世の中がすべてwwwで不便だと、ぼやいておりまして、皆でwwwを連呼する姿がコミカルでした。ぶつくさ言っている割には、音の響きは気に入っているみたいです。

しかし、いったいwwwって何なのかしら?っと、こっちをみるので、「world wide webの略で、発明者はイギリス人で、オクスフォードのクイーンズカレッジ卒業ですよ。」っと言ったら、大変喜んで、wwwの株が少々上がった模様でした。(でも、名前を覚えていなかったので今調べました。Tim Berners-Lee、またすぐ忘れそうですけれど、一応メモ。)

ねこちゃんのcoat of arms風ビデオがかわいい!

調べた時に発見した動画の表紙が紋章風でかわいかったので、思わず記事にしてしまいました。

Web standards for the future from W3C on Vimeo.

帰宅したのは10時半。お年寄りが出歩くには少々遅い時間であるような気がしますが、イギリスのお年寄りは元気ですねwww

イギリスと言えば、「紋章」

イギリスと言えば、紋章(Coat of Arms)。王族貴族の家紋、公的機関、スポーツチームなどなど、ありとあらゆる組織が紋章を持っていそうです。

ロンドン(シティ)のCoat of Armsかっこいい~~

シティー(ロンドン)の紋章

想像上の動物的なものが2匹、真ん中にイングランド国旗を抱いちゃって、これぞイギリス!って感じです。

オクスフォードなんて…

オクスフォード市のロゴ

Ox(牛)が渡るford(浅瀬)って、そのまんまです。
この田舎町の長閑な感じがしっかり写し取られたロゴです。

ライバル学園都市のケンブリッジは?

ケンブリッジシャーロゴ

River Cam(ケム川)にかかるbridge(橋)
きっと、青いギザギザがケム川で、ゴールドのギザギザが橋ですよ…

オクスフォードと同じレベルだ。

なぁんて、冗談です。

オクスフォードシャーカウンティーカウンシルにも、ケンブリッジシャーカウンティーカウンシルにも、それなりにかっこいいCoat of Armsがあります。
ロゴと紋章は違うみたいです。

笑。

オクスフォードシャーカウンティカウンシル、紋章

オクスフォードシャーカウンシル紋章

といっても、やっぱり、牛と馬が川をはさんでいる感じですね。
想像上の動物的なものではないです。
その辺にいっぱいいます。

そして何と言っても、上に乗っかっているのは、羊です。

牧歌です。

ケンブリッジの紋章は鳥でした。
あまり興味もないので、張り付けませんが、興味がある方は、↓でご参照くださいませ。


外部リンク;ウィキペディア関連サイト
オクスフォードシャー紋章
Oxfordshire County Council
ケンブリッジシャー紋章
Cambridgeshire County Council

オクスフォードは、かっこいいのか、ダサいのか、よくわからない街でございます。
長閑なことだけは確かです。




何なんだこの人は!!(怒)

ドナルド・トランプ大統領とその施策への抗議デモが相次いでいるようです。
私が住んでいるのは、アメリカではなく、イギリスなんですが…

就任したのが1月20日、1月31日の本日までにオクスフォードでもいくつかの活動が行われたようです。

Bridges not Walls



※オクスフォードで最も有名な橋は、ビルとビルを繋いでいます。

Muslim Ban Protest







これは2017年1月30日の夜です。
行動を起こす人がイギリス全土に広がっているようです。

毎日熱心に騒動の種をまいておられるトランプ大統領。
差別的な発言が多すぎて、私もとても好きになれそうにありませんが、遠くかけ離れた田舎町に2,500人ものアンチを育てちゃっています。

今日は、この活動が引き起こしたバスのダイヤの乱れで、トータルで一時間以上外に晒されました。
バスが市街地から戻ってこない!!
ようやく家に着いたのは、夜9時。
早速熱が…

でも悪いのは、バス会社でも、活動者たちでもないんですよね。
デモのことを知っていたのに、甘く見て早めに帰らなかった私。
そして、問題の根源、トランプ大統領。

次回は、早めに帰宅します。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。