カード紛失

このページの記事目次 (タグ: カード紛失 の検索結果)

会社をサボりたいときは、潔くサボる!

身体が疲れて悲鳴を上げているのにムリして出社して、再びデビットカードを失くしそうになってしまいました。

前回記事;デビットカードを紛失したら、HSBC編


そもそも朝からヘトヘトだった


今朝は30分遅刻しました。
どうしても起きられませなんだ...

絶対に間に合いそうにない時間に目が覚めたのですが、自分に鞭打って出社してみました。でも休めばよかったです。
って、半年前に同じことを経験したばかりでした!

あの時は半休にして、午後から出社して、家に着いてからカード紛失に気づいたように記憶しています。カードやお財布を失くしたのは初めてで、記念にカード紛失時の対処法を書きました。


今回はセーフ


バスの乗り換えの際に定期入れが無いことに気づいて、すぐにバス会社に電話しました。バス会社によると、遺失物はドライバーが当日の業務を終えた後で届けられるので、翌朝電話するしかないらしいです。

ぎゃ~、それ、今夜ぐっすり眠れないよ〜っと思って、同じバスの本日の予定を聞き出してみましたところ、40分後に同じバス停に戻ってくるとの事でしたので、バス停で待ってみましたところ、なるほど同じドライバーが同じ番号のバスで戻ってきました!

第一声、「あなたがここに戻ってくるのを待っていたの!」っと言ったらすぐにピンときていました。一応名前を確認され、定期券、カード類と一致していたので、無事に受け取ることが出来ました。オクスフォードって良心的な人が多いのかな?素晴らしい!

一旦無くしたのは確かですから、事なきを得たとはいえ、「ヒヤりハッと」をちょっと超えちゃった感じでしょうか?
でも、よかった〜〜。


年をとったら注意力が散漫になる


今までどんなに疲れていても物を失くすことはなかったのですが、最近よくものを失くす気がします。疲れやすさや疲れ度合いも違うのかもしれません。無理をしないというのは大切だと思うのですが、疲れに弱くなるという面もあるかもしれませんね。

だからと言って、「疲れに強い人は、日頃から無理をしている」というわけでもないでしょうから、敢えて無理をするのもな~。

疲れていくにしたがって、整理整頓がおぼつかなくなり、携帯品が増えていく傾向にあります。考える力が弱まる事で、要らないものを仕分けできなくなっているのです。ただでさえ注意力が下がっているのに、管理するものが増えて、より失くしやすくなっている気がします。悪循環です。

どっちかというと「疲れると忘れ物が多くなる」タイプだったらよかったな。
持っていかないから重くならないし、失くさないし。


スポンサーサイト
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。