スウェーデン

このページの記事目次 (タグ: スウェーデン の検索結果)

みんなうらやむスウェーデン6時間労働

本日、同僚との雑談で、スウェーデンの6時間労働が話題に上がりました…


私の有給日数、少なかった!


つい最近、私の有給日数が本社社員の有給日数よりも少ないことがわかり、ぬぉ~っとなった話を同僚にぼやいておりました。イギリスにいて、一時帰国の移動に往復2日は潰されて、しかも時差調整もあるのに、休みの日数が本社社員よりも少ないなんて、なんてこった~です。(←これまで日数の数え方間違えていた…)

あんまり使い切れる年はなかったので、全く問題にならなかったんですけれどね。


イギリスの国定休日は8日しかない


日本は16日ね。
2倍だ。
てか、なんだ「山の日」って…

イギリス政府よ、Brexitより先に、国定休日増やしてくれませんか?
ぶつぶつ。


イギリスオフィス設立記念日、新設か?


国定休日少ないし、有給日数少ないし、労働時間きっちり8時間だし。
自分たちで休み増やしちゃう?
「イギリスオフィス設立記念日」とか、「のろのろ記念日」とか。
どう?


なによりうらやましいのはスウェーデン?


イギリス人的に最もうらやましいのは、スウェーデンだそうです。
6時間労働なんだよ。
同じ給料で、生産性も上がっているらしいよ。
云々。

CNN記事、外部リンク
1日6時間労働で効率アップ スウェーデンで普及の兆し



いいなぁ~。
でも、どっちかというと週休3日の方がいいよね~。
スウェーデンが6時間労働なら、イギリスは週休3日で対抗しちゃう?
あぁ~。休みが欲しいよね~。
なんて、何故かみんなで世界地図を眺めながら、まったりお茶を飲むイギリス人たちでした。


働かなくていいのが一番だけどね(ぼそっ)
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。