テンプレート

このページの記事目次 (タグ: テンプレート の検索結果)

total 5 pages  次のページ →  

Template-21、引用元リスト用のfooterタグのCSS

記事を書くためにいろいろな記事を参照していますが、記事の中に「引用元:○○サイト、△△ページ、××より引用」と書くと、何となく流れに乗って読めません。学術文献の様に上付きの参照番号だけつけて、記事の最後に参考文献リストをつける方式にできないかと思って調べたら、いい塩梅にfooterタグなるものが存在したので、CSSにて見た目をそれらしく調整してみました。



footer tagのサンプル


引用元リストサンプル

フォントを小さ目にしただけで、ぐっと参考文献リストっぽくなりました。本文の最終文や関連記事リストの文字より小さくしています。footerタグとdl、dt、ddタグを使っています。
※なぜか関連記事のリストが型崩れしているので、そのうち修正します。



footer tagのCSS


.emtry_m footer {
font-size:0.5em;
font-style:normal;
border:1px dotted #99ddff;
margin:0.25em 1em 0.25em 1em;
padding:0.75em;
}



説明付きリストdl、dt、ddのCSS


.reference dt {
font-weight:bold;
margin:0 3em 0 0;
padding:0;
width:100%;
}
.reference dd {
padding: 0 1em 0 3em;
margin: 0 2em 0 0;
width:100%;
}


※普段使いの説明付きリスト(dl、dt、dd)を横並びで書いているので、.referenceというクラスを新設しました。
※説明付きリスト用のタグがなかなかうまく反映しないので、こんな感じで書いていますが、いらない情報もあったりします。



関連個所、HTML


<footer>
引用元;
<dl class="reference">
<dt>引用名</dt>
  <dd>引用サイト情報</dd>
<dt>引用名</dt>
  <dd>引用サイト情報</dd>
<dt>引用名</dt>
  <dd>引用サイト情報</dd>
<dt>引用名</dt>
  <dd>引用サイト情報</dd>
</dl>
</footer>


このタグをテストしてみた関連記事は、「イギリスと言えば、「紋章」



footerタグとゆかいな仲間たち…


footerタグが存在するわけなので、探してみたらありました。headerタグ。
これはheadタグと異なるもののようです。
お仲間に、sectionタグなるものもありました。

そしてそれらの上位階層に、Articleタグなどなども存在し、際限なくいろいろ調べております。
そのうち、試してみます。
そう、そのうち。


Template-19、安全でないパスワード収集!?(脱線と余談のみ)

根本的な解決が待たれるFC2のSSL化


きっかけは、サーチコンソールに届いていたメッセージです。
当ブログの特定のページが安全でないパスワード収集が可能だということで、当該ページは安全でないページだと明示されますよ!とのこと。


テンプレート修正19-2
(これのこと??)

というか、当ブログは、メッセージに書いていた特定ページだけではなく、ホームのページからしてダメで、全滅みたいです。
パスワード云々のページ指定、意味ないです~。

メッセージには、

「長期的には非暗号化プロトコルである HTTP で配信されるすべてのページを「安全でない」と明示することを計画しており、この新しい警告はその第一段階です。」

なんて書いていましたが、既にすべて終わっているじゃない…。

てか、パスワードって何?、コメントパスワード??



ブログ引っ越そうかな~


ところで、Bloggerは初めからHTTPS版を選択することができるので、問題なしです。
(以前書いていた映画ブログを一瞬だけ復活させて確認しました。)


テンプレート修正19-3

FC2はプラグイン的なものから徐々に進捗…てな感じの状況の模様です。



うーん。
ここまでテンプレートをカスタマイズしてきて、しかもとても気に入っているテンプレートを捨ててBloggerに引っ越すのは嫌なのですが、Bloggerに引っ越すと、安全・不安全に関する心配はなくなりますね。



沈没ブログ艦隊


以前、関連記事「ブログ艦隊とフラッグシップ(旗艦)ブログ」という記事を書いた時に思いついて、Bloggerに沈没ブログ艦隊を作っています。


テーマは、下記の7つで、それぞれが独立したブログです。
「映画」(当ブログへ引っ越し)
「ボツネタ」
「テンプレートカスタマイズ」(FC2の部分は今回当ブログへ引っ越し)
「投資関係メモ」
「早期リタイア関係」
「貯金・節約・家計管理関係」
「仕事」

殆ど更新しないブログもありますけれど、どうせ非公開ですから、問題ないですし。
FC2、早く全てSSL化してくれないかな~。



コメントパスワード欄、修正する


脱線ばかりになりましたが、パスワードと言えば、コメントパスワードぐらいしか思いつきませんでしたので、とりあえずパスワードが入力できないようにいたしました。(意味ない。ただの心意気!)

ただ、コメントを書いた後、送信すると出てくる「コメント投稿確認」画面からは取り除けないんですよね~。
管理画面のどこかに制御するところがあるんじゃないかと思って、調べては見たのですが、みつかりませにゅ。



新しいコメント欄↓
テンプレート修正19-1

これで、Bloggerに溜め込んでいたFC2カスタマイズ履歴(CSSを除く)と実際のコードのメモがひとまず終了です。


Template-18、ホームの新着記事

ホームの新着記事の変更


★ Welcome to my BlogをRecent Articlesへ変更
★ リストを記事タイトルだけではなく、要約(最初の200文字)も追加した

Before:
ずっとすっきりさせたいと思いつつ、「訪問ウェルカム」がなくなるのはさびしい気がして、なんだか着手しそびれておりました。
要約文は、テンプレートのデフォルト設定で、タイトルをホバーすれば表示されるようにしてくれていました。

ただ、離脱率が最も大きなページなので、ABテストの要領で、要約文を明記していたこれまでと、明記しているこれからのどちらが気に入ってもらえるか?、試してみることにしました。
テンプレート修正18-1

After:
直接新着記事が表示されます。
要約文を表示した方が、読者フレンドリー??
テンプレート修正18-2

<!--recent-->
<ul type="square">
<li>
<a href="<%recent_link>" title="<%recent_body>"><%recent_title></a><br/>[<%recent_year>/<%recent_month>/<%recent_day>]&nbsp;<%recent_body><br/><br/>
</li></ul><!--/recent--><br />
<div align="right"><a href="./page-0.html" title="新しい記事から表示します">【 記事を新しい記事から順番に読む 】</a></div><br/><br/>


ページ先頭に戻る


★ 各プラグイン3の下部に「先頭に戻る」リンクを設置

<div align="right"><a href="#top" title="このページの先頭へ">↑ ページ先頭へ ↑</a></div><br/>

このテンプレートを作ってくださったparuparuさんは、本当に丁寧にコードを書いていらっしゃいます。
デフォルトで書いているコードを読めるようになるだけで、とても勉強になります。

Template-16、ブログ内語句検索のハイライト表示機能(移動)

ブログ内語句検索


このブログには、ブログ内検索語句をハイライト表示する機能があります。
検索して、「強調表示する」を押すと、強調表示してくれます。

テンプレート修正16-1

下図のような感じです。
テンプレート修正16-2


どうしてかわかりませんが、検索結果が複数ページに渡る時は、ハイライト表示ができなくなっていました。
コードはそのままで、場所を移しただけで、機能するようになりました。

★ <!--not_index_area--><!--not_permanent_area--><!--not_titlelist_area--><!--not_edit_area-->
<p class="p_mokuji">
エリアの最上位に引っ越す


★ この機能は、テンプレートの標準装備で、「FCafe KW強調ボタン」というらしいのですが、このテンプレートを作成・共有くださっているparuparuさんが「検索用語をハイライト(強調表示)するスクリプト」にて言及されている方法も機会があったら試してみたい。

Template-15、小休止

封印されたTemplate-15は、レシピスニペット


★ 外部資料、「Recipe Properties」を参考にレシピ記事をマークアップする。

の、予定が…
肝心の料理が作れなかったのでした。
ふふふ。


映画ブログは楽しかった!


映画ブログを書くことになったきっかけは、サーチコンソールを発見して、Google Developersサイトに書いている事をいくつかでもやってみたくなって、ウェブ素人が奮起したのです。
関連記事「ウェブの仕組みはおもしろいけれど…

でも、子供の頃、読書感想文とか大嫌いでしたし、書き方がわからなくて困りました。
何気に努力していました。
関連記事、「映画ブログを始めるにあたって、10の心構え

何気に大変だったんですけれど、「映画」自体が好きなので、面白半分やっていました。


苦手分野は何やってもダメなのかも?


んが、「料理」はダメなんですね~。
全然やる気が起きませんでしたね~。
いつも適当に作っているので、レシピにしようとすると本当に面倒でした。

情熱が足りていませんでした。
味オンチだし。

味オンチだからこそ逞しくどんな国でも暮らせるという一面もありそうですし、いいこともあります!
ん?

私にできることは、「お湯を注ぐことだけ」( = お茶)っと、割り切って生きてきましたけれど、ちゃんと生きのびていますし。
なんだかヤル気が起きないけれど、でも、レシピカードは使ってみたい。

多分。そのうち。


Template-15の封印が解ける日が、いつかは来る


今、行っている過去のカスタマイズ履歴の復習が終わったら、
  1. IE用の条件付きコメントの削除
  2. 映画記事の構造化データの修正
  3. 記事内に潜むそれ以外のMicromedia形式のデータの修正
  4. スマホ版のAMP
  5. Bloggerテンプレートの構造化データの修正
  6. Bloggerテンプレートのスマホ版対応
    Bloggerは一つのテンプレートの中で分岐条件が組んでいるっぽい

などを経て、レシピスニペットに戻ってくる予定です。
その頃には、何か作れるようになっているでしょ。

なぁんて。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。