ネタバレ

このページの記事目次 (タグ: ネタバレ の検索結果)

映画、「美女と野獣」感想+ネタバレ追記

基本情報

邦題
美女と野獣
原題
Beauty and the Beast
タイプ
ディズニー
公開年
2017年3月17日
監督
ビル・コンドン
脚本
スティーヴン・チョボスキー
原作者
ガブリエル=スザンヌ・ド・ヴィルヌーヴ
出演者
エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス
公式サイトURL
http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html
おすすめ度
4 (1~5点)

ん。そつがなさすぎる…、ということで、4点かな。

予告編

↑、イギリスからは動作確認ができませんが、日本の人たちは見られるかな??

ストーリー

傲慢だったため、魔女に呪いをかけられて、野獣の姿に変えられ、皆から存在を忘れされれてしまった王子は、バラの花びらが落ちてしまう前に、愛し愛されることを学ばなければ、永遠に野獣の姿のままになってしまうが、なすすべなく暮らしている。

読書家で知性溢れているため村人から変わり者扱いされる村娘のベルは、イケメンで女性陣に人気のガストンを袖にする。ある時、魔獣に変えられた王子の城に捕らえられた父親の身代わりにその城で暮らし始める。

時計やポットに変えられた王子の召使いたちは、このベルこそが呪いを解く女性ではないかと期待を寄せるが…

感想

鉄板ディズニーストーリーです。
「美女と野獣」は、私が初めて友達と見に行った映画で、思い入れがあります。あれからもう、うん十年たっているのね~っと感慨深いものがあります。

実写版は、配役が素晴らしくて、本当に非の打ちどころがありません!
主役のエマ・ワトソンが、ベルにハマるだろうということは、想像に難くないので、無難すぎて逆に見に行く気にならなかったりしましたが…
私は映画の観すぎなのか、イアン・マッケラン、ユアン・マクレガー、エマ・トンプソンを声だけで認知でき、脇役にしびれました。

私はガストン役のルーク・エバンスが好きなので、ひどい言い方でガストンを拒否るベルってひどい…だけどエマ・ワトソン(ハーマイオニー)も大好き、っとストーリーとは別のところで複雑な心境です。

というわけで、ルーク・エバンスが、ガストンっぷりを好演しているのが一つの見ものです。そして、ガストンのコバンザメ、ル・フウ役のジョシュ・ギャッドも、いい味出していてはまり役です。

ネタバレするようなストーリーじゃないので、短く、一言。

王子、人間に戻る前の野獣の姿の方が愛嬌があってよかったような気がする。

ゲーム、「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」、ネタバレ

基本情報

原題
Uncharted 4: A Thief's End
タイプ
アクションアドベンチャー
開発元
ノーティドッグ
プラットフォーム
PS4
評価
4

総評としては、とても楽しめたけれど、ゲーム仲間に絶賛おすすめという域には達しなかったので、☆4つといったところです。

感想

グラフィックが素晴らしかった!!

特に地形、景観、建物の表現がリアルかつキレイ!
世界の秘境にウォーキングに出かけている感覚を味わえます。
幻想的な世界ではなく、リアルな感じの秘境です。

壁や崖やありとあらゆるものをよじ登ったり、駆け上がったり、ロープで飛び移ったり、泳いだり、もぐったりで、それはもう楽しい冒険でした。

登場人物に好感が持てる

ややイケメン風ではあるけれど、普通っぽい主人公のネイサン。全然イケメンじゃない、更に普通っぽいサム(主人公の兄)。まぁまぁ可愛い妻エレナ。隠居じいの親友サリーの4人。レストランで隣のテーブルに座っていても不思議じゃないぐらい本当にいそうな感じでツボ。

やってることはなかなか凄いれけど、4人の会話の掛け合いがのんきな感じでこれまたツボ。
助け合って崖を登ったり、協力して仕掛けを解いたりしながら、ずーっとしゃべっています。
かっこいいとか、スタイリッシュからかけ離れた、おもしろメンバーでした。

音楽がない

効果音はありました。車とか、銃声とか、足音とか、そういう音だけでBGM的なものはありません。
それがまた普通&リアル感を出していて気に入りました。
淡々とメンバーの会話を聞いているだけです。

ストーリー

主人公周りのストーリーは、一言でいうと無難。
これだけ無難にまとめられるのがある意味凄いです。
いい話でしたけど。

不思議と飽きは来ませんけれど、かといって続きが気になって仕方がないというほど引き込まれる風でもありません。
グラフィックが美しいので、次のダンジョンはどんな感じなんだろう!という部分が楽しみなぐらいです。

ところが、無難で普通っぽい主人公のストーリーに対して、主人公が追っている宝物周りの歴史、史跡は凄くよくできていて引き込ま れます。
主人公が宝探しに傾倒しちゃうのがよくわかります。妻がいて、仕事もあって、地に足を付けて生きていこうとしている。でも、昔の凄い海賊の偉業に惚れ込み、彼が残した宝を発見してみたい!と葛藤するネイサン。

そう葛藤しているのはネートであって、私じゃないから、「じゃ、寝るわ!」っとサクッと切り上げられるんですね。

アクション

アクションゲームが苦手な私にもフレンドリーでした。シンプルなアクションは大きく分けて4種類。
移動(崖をよじ登ったり、もぐったり、飛び移ったり、滑り降りたり、仕掛けを解いたり)
運転
銃撃
格闘(肉弾戦?)

移動は多く、謎解きがちょいちょいあります。何気に博識なネイサンとサムのコンビなので、もっと謎解きが多くても良かったんじゃないかな。

運転は移動に入れてもいいのかもしれませんが、4つのカテゴリーの内、最も難しかったので、分けてみました。

銃撃戦がとても多くて最初は苦手だったのですが、これは慣れました。ノーマルモードでクリアした後、イージーモードで2周目を遊んだのですが、イージーモードでは照準を合わせてくれるので、楽に倒せて楽しいようで、つまらないという不思議な状況でした。

銃撃戦が苦手な間は、できるだけ叢に隠れて不意打ちで静かに倒す!、みたいな肉弾戦アクションに徹していました。笑。

どれをとっても難しいコマンドなどは存在しませんから、シンプルかつスタンダードにそれぞれを楽しめます。

宝・アイテムなど

集めるとすれば、主人公の宝探し日誌、途中で拾うお手紙などのノート、メンバーの特別な会話、宝物。
この人たちトレジャーハンターなので、いろいろ宝を集めますが、面白みに欠けました。
※後で役立つかもしれない他のゲームで入手できる素材等と違って、純粋な骨董集めで、モチベーションが上がりません。

2周目

ストーリーを一から遊ぶという感じじゃなくて、日誌・ノート・会話・宝物のコンプリート率が低いチャプターを遊び直す形で進めました。

ローディングがめちゃめちゃ遅い

グラフィックがキレイなので仕方がないのかもしれませんが、ローディングにとても時間がかかります。
「私、何か、時短の為の大事な作業をやっていないのかな??」っと、途中で何度かグーグルで調べました。

このゲームのローディングの遅さは、有名みたいです。

以上、単に、dl、dt、ddタグを使って最上部の表をCSSで横並びにできるか試して見たかっただけなのですが、思わず感想の方に熱が入ってしまいました。

私が趣味にかける情熱はおそらく...
投資→写真→ウォーキング→ブログ→映画→ゲーム

これが、日本に帰って、投資を始めた時にどうなるか?
自分でも興味があります。


映画、「バニラ・スカイ」感想+ネタバレ追記

キャメロン・ディアスとペネロペ・クルスが共演した別のスリラー映画へハシゴです。主人公がトム・クルーズのこれまた豪華キャストです。明るい男トム・クルーズのイメージが崩れるかもしれません。ある意味イケメンを捨てた演技も見所です。そしてストーリーもキャストに負けていません。おそらく全く知らない役者さんたちでも同じように観はまっただろうとおもいます。

基本情報


邦題 バニラ・スカイ
原題 Vanilla Sky
タイプ スリラー 
公開年 2001-12-10
監督
キャメロン・クロウ
原作者

出演者
トム・クルーズ, キャメロン・ディアス, ペネロペ・クルス
公式サイトURL
おすすめ度 5 (1~5点)

ストーリー


ウィキペディアより引用;
殺人容疑で逮捕された仮面の男・デイヴィッドと、精神分析医マッケイブの取り調べ室での会話を軸に、ストーリーは進む。
出版界の王様と言われていたデイヴィッドの父・デイヴィッド シニアが交通事故で死亡し、父の経営する大手出版社の株式51%を引き継いだ、富豪で若き実力者でプレイボーイのデヴィッドは、自分の誕生日パーティーで親友・ブライアンの恋人のソフィアに一目惚れしてしまう。それに気付いたデイヴィッドのセックスフレンド・ジュリーは、嫉妬のあまり彼と共に自動車事故による無理心中を図ろうとするが未遂に終わった。
運転していたジェリーは死亡、助手席にいたデヴィッドも重体であった。3週間の昏睡状態から目覚めると、事故のせいでハンサムな彼の顔は見るも無惨なものになってしまった……。この事故を契機にデヴィッドの部下の7人の老いた重役達は、会社を乗っ取ろうと策略するが、醜くなった顔のせいで、デヴィッドの性格も段々と歪んでいく……。

感想


兎にも角にもストーリーが秀逸です。交通事故の前と後で、外見(=顔)が大きく変わってしまったのですが、この事故が原因で内面もまた破壊的に大きく変化します。

ある事柄が一つの結果を生み、その結果が原因に転じて次の結果を生み…と連なりながら話が進む中で、この内面の変遷と外部環境の変化が連動しています。

観ている方としては、「そっちへ行ってはいけない感」を感じながら、ずぶずぶと深入りし、袋小路にはまっていく主人公を無力感と共に鑑賞するしかありませんでした。


この映画のとても凄いと思うところは、観る人によってかなり解釈が異なり、さらに自分の解釈を披露したい人が多かった点です。映画好きにも、語りたがる人とそうでない人がいますが、普段は自らの解釈を披露したりしない人達までが、ああでもない、こうでもないと、意見交換をしているのを見て驚いたことを、映画の内容よりもよく覚えています。(飽くまで私の周囲ですが…)

「話題作」って、こういう事なんじゃないかな?

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。