ブログ

このページの記事目次 (タグ: ブログ の検索結果)

「ブログを続けるコツ」とやら

たまにそんなタイトルの記事を見かけます。ブログ開始1年目までと、1年半ぐらい?の現在では同じタイトルをみたときの印象が全く違います。以前は、ちゃんとコツを知りたいと思って読みに行っていましたが、しばらくそういう記事を読むことがない時期があって、最近はむしろ「私はなんで続けているのか?」の方が謎です。

そもそも、いろいろ工夫してまで書き続けなければならない理由って、何でしょうね?
アフィリエイト収入とか?


まず一般的なコツ集



  1. (ネタ)好きなことを書く

  2. (ネタ)人の為になるような記事を書く

  3. (ネタ)テーマを多数持つ

  4. (習慣)生活の一部に組み込む、型を決める

  5. (執筆)書くスピードを上げる

  6. (執筆)完璧を目指さない、ゆるく!

  7. (意欲)義務感を捨てる

  8. (意欲)コミュニティーに入る、仲間を作る

  9. (意欲)目標を持つ

  10. (意欲)他ブロガーの記事を読む

  11. (おまけ)テンプレート変更や過去記事の修正をやってみる



30記事ぐらい読んだ結果が上記のリストです。やはり粘って続ける必要があるアフィリエイトなど収入目的でブログを書いている人達へのアドバイス何だろうな~って感じでした。

そして、コツって言っても、意欲・モチベーション系のアドバイスが多いみたいです。


私の場合、「継続」コンプレックスみたいなものがあって、何より続けることが大事だったかもしれません。(←一般的には駄目な例) 兎も角も、1年は続けようと思って頑張りました~。けれど「続けること」が目標じゃなくなってからの方が、書くことを楽しめるようになったと思います。

ただ、書く事に慣れていなかったので、1年間ほとんど毎日書き続けたことはとてもいい訓練になりました。加えて、自信というか、開き直りというか、耐性というか、慣れというか、そういうものができました。だから、やっぱり、大変でも最初の1年間は毎日書いてよかったと思います。


「続けるコツ」とやらへの個人的な感想



  1. (ネタ)好きなことを書く

  2. このアドバイスが一番多かったです。好きなことだからこそ続く。これは確かですね。

    かねがね「食レポ」系の記事を読むたびに、写真を撮り忘れず、マメに細かくレポートして凄いな~。私、面倒くさくてムリ!などと思っていたのですが、最近「中国茶」の記事を書き始めて、私にしてはマメな記事が仕上がって、なんかちょっと気持ちがわかったというか、好きなことの「威力」を感じました。

    ちなみに、「好きなことを書く」をコツとして挙げているブロガーさんの他の記事が、あまり好きなことを書いている様に見えないブログもあって、微妙な気分になりました。アクセスが集まりそうなタイトルばかりを並べて「好きなこと」って、ちょっと寒い。


  3. (ネタ)人の為になるような記事を書く

  4. これはね~。プロブロガーにとっては、「財・サービス」の骨子部分でしょうからね~。

    海外生活中なので、役に立つ部分もあるんじゃないかと、いくつか試してみましたけれど、(自己中な)私は書いていてあまり面白くなかったですね~。自分用のイギリス生活備忘録は今でも書きますけれど、他の人の為に追加で何かを調べるようなことは全くしなくなりました。

    ネタ切れに苦しんでいる人にはいいのかもしれません。知恵袋的なサイトでネタを探したりして、お助け記事を作成するらしいですよ。あと強いキーワード、関連キーワードを教えてくれるサイトとか紹介されていました。プロは大変だ。


  5. (ネタ)テーマを多数持つ

  6. 「テーマを多数持つことで、飽きにくく、ネタ切れを防ぐ」的な内容でした。正直ベースで読者として、「飽くまで個人的に」ですが、映画なら映画、写真なら写真、株なら株(月~金)という軸があって、たまに普段の生活が垣間見える感じのブログをたくさん読んでいます。

    「海外生活」ブログと「早期リタイア」ブログの様にその人たちの暮らし自体が共感・興味の対象になる場合は特殊例外で、引き込まれちゃいますが、やっぱり適当にいろいろな記事を書きながらとりあえず続けています、って感じより、好きな分野についてめいっぱい書いています!って感じの方がブランド力は高いと思います。

    「続ける」を優先して、「商品特性」を損なうことが本当に賢い選択なのか?
    プロと趣味の間に、「セミプロ」ブロガー的な層が多数存在して、この区分の人達へのアドバイスなのかもしれません。


  7. (習慣)生活の一部に組み込む、型を決める

  8. ブログを書く時間を決めるなどして、習慣化するというアドバイスですが、本当に「仕事」化しちゃっていて、プロブロガーって大変だな~と思いました。


  9. (執筆)書くスピードを上げる

  10. だらだら書かない!とか、15分で仕上げる!とか、ツールを有効利用する!とか、効率を上げる!とか、上記同様、プロは大変だな~~。です。

    趣味枠のテレビゲームでもタイムトライアルなどありますが、そのゲームを早く終えたとしても、コンソールをオンにしている時間を減らしたい訳じゃないんですよね。効率化って…

    やっぱり「仕事」って大変ですね~。

    だから「趣味としてのブログ」のイメージは、パソコンの前でだらだら、のらりくらりと時間をかけて「書くこと」を楽しめることの方が大事かな?(←多分少数派)


  11. (執筆)完璧を目指さない、ゆるく!

  12. 「続ける」ためには良さげなアドバイスですね。プロ向けの内容とアマ向けの内容が1つ記事の中に混淆していると混乱しますが、数多いです。

    企業は地味にではありますが、大なり小なり生き残りをかけて戦っているわけです。ビジョナリー・カンパニーという本があって、「時代を超える生存の原則」というサブタイトルがふられています。結構面白い本です。収「」を目指してやるなら、そもそも「続ける」というのは適切な言葉ではなく、「生き残る」というのがしっくり来ます。そういう意味で「ゆるく」とかどうなのかな?というのが率直な感想。


  13. (意欲)義務感を捨てる

  14. (意欲)コミュニティーに入る、仲間を作る

  15. (意欲)目標を持つ

  16. (意欲)他ブロガーの記事を読む

  17. 他のブログライフを楽しくする、楽にする、上達させる(ネタ)(習慣)(執筆)のコツと違って、(意欲)系のアドバイスは、全体的に違和感がありますので、まとめちゃいます。
    プロ向けでの、違和感です。「プロブロガー=起業家」と考えると、なんか熱意に燃えていて欲しいかな。起業家は、成功するとも限らず、大きな経営プレッシャーの中にありながらも、私はこれがやりたい!というものがはっきりしている感じの人が人気ありますよね。イメージ戦略かもですが。

    「ブログ=趣味」の場合、スポ根ゼロなヘタレ人間に言わせれば、そこまで頑張って続ける趣味とか、最早趣味じゃないかもね…という感じです。


  18. (おまけ)テンプレート変更や過去記事の修正をやってみる

  19. 筆べたで「継続」コンプレックスな私が、1年間の継続目標をなんとか達成し、続けなくてよくなってから、それでも不思議と「続ける」きっかけになったのは、テンプレート変更や過去記事の修正の経験でした。趣味にしても試行錯誤の方向が多数あると純粋に楽しいです。



ここまで書いといて、なんですが…


この記事を書きながら、そもそも続ける必要がないのに、こんなの調べちゃって、テーマのとり方失敗したな~と、後悔しながらも記事を仕上げる事にしたのは、ある有名プロブロガーさんが、続けるコツとして「下書きは溜めない」というのを挙げてらしたからです。ぎくぎくっ!

それにしても、「市場から叩かれ、それによって更に磨かれる」覚悟ができている「プロ」ブロガー用のアドバイスだから、真に受ける必要はないと思いつつも、何やらアップしたい気分にさせられました。スゴイネ、プロの威力。

あと「執筆を”癒し”にする」というのがあって、違う意味でタイムリーで驚きました。

挙句の果てに、結局自分がどうしてブログを書き続けているのかは、わからずじまいですしね…
やれやれ。
です。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。