ヘッドハンティング

このページの記事目次 (タグ: ヘッドハンティング の検索結果)

ヘッドハンティングもいろいろ(後編)

もうちょっと気が利いた会社は、うまく現地スタッフとコンタクトを取り、話を進めた後、リファレンスを取るために、当該転職者が所属している部門長に電話してきます。

「この人は、こういう成績だと言っているが本当か?」とか、「部下がX人いて、リーダー経験があると聞いたが、リーダーシップはどうか?」とか、「XXのプロジェクト経験者で、XXシステムに精通しているとのことだが、スキルはアドミンレベルか?」みたいな感じです。

いやもうね、みんなと自分を美化するのが、上手いこと、上手いこと...
「物は言いよう」ですね。

他人の人生を潰すのは嫌なので、嘘のない範囲で最大限よさげに答えて、「当社には、まだ退職届が出ていないので、転職するなら早く届けを出すように伝えてください。今回の電話はかかって来なかった事にしておきますから。」とついでにお願いしちゃいます。


評価〜退職届云々まで、私の応対を横で聞いている部のメンバー、興味深々。
「気まずいよね〜。」って、本人のいないところで、ひとしきり話題になって終了です。



最後に、「ちゃんとしたっぽいやつ」も、なくはありません。競合他社が名指しで、XX社のXXさんと指定してくるタイプです。これは、上司としては、誇らしいですよね〜。私のチーム、悪くないんじゃない?みたいなね〜〜。(←うぬぼれやさん)

現地企業だと、知り合いから直接声がかかる事もあるみたいですが、外資はエージェントを使うところが多い模様。



毎回面白がって聞いているのと、部下に高値がついたら喜んでいるのとで、「ヘッドハンターから電話があったよ」とか、「A社のXさんから声がかかったよ〜」とか、割と報告しやすい様です。中にはしたたかに「私の市場価値はこの位ですから、見合う様に給与を上げて下さい!」とか言って来た人もいました。

初回に「えー。そんなに貰えるのにどうして転職しなかったの〜。勿体無い!このチームで、貴方のパフォーマンスでは昇進はかなり厳しいから、人材ブルーオーシャンへ突入すべきだよ〜。いい条件じゃない〜。今からでも受けてみたら?」と返してみたら、以降、変な交渉は一切皆無です。この反応も、ひとしきり話題になったのかもしれません。


だけど、でも、だって、ものすごく割高なんだもん。
まぁ、(実績ないのに)自信満々な給与交渉が避けられるなら、万年強気も悪くありませんね。


ヘッドハンティングもいろいろ

日本のヘッドハンティングがどんなものか全くわかりませんが、新興国では「それはヘッドハンティングなのか?」という感じのものまで、いろいろでした。


一番ガサツなのは、クライアントの指定業種の会社に手当たり次第に電話していくパターンです。ネットでキーワード検索してかかった会社の代表電話、営業電話に上から順に電話していく感じでしょうか?

「XX会社のものですが、QA部長さんはいらっしゃいますでしょうか?」的な電話がかかってくるのですが、QA部長の名前を言えない人はお繋ぎできません。というか、存在しない部署だったりしますから、結構笑えます。

「セールス宛にメールをお送り頂ければ、転送いたしますので、返信をお待ちください。」で大抵がアウトです。

しかし、新興国パワーで、図々しくオファーメールを送ってくる輩がいます。残念ながら、転送される事はなく、営業部内でひとしきり話題になって、終わりです。



少し気が利いた会社は、名簿会社から、関連業種の展示会訪問者などの名簿を買って部署直通に電話してきます。但し、名簿も粗雑なモノは、対象ポジション保持者が「外国人」だとは知らず、私に繋がっちゃって、これも大抵がアウトです。

これまた、新興国パワーで「現地国籍の方で、貴方に近いポジションの人に繋いでください」とか言ってくる輩がいます。絶句です。面白いんで繋ぎますけど、部下、焦るよね。

素知らぬ顔して繋げるんですが、後から、「勘弁してくださいよ〜」なんて、言われます。エージェントに「上司に変な事やらせないでくれ」って道理を説いていた人もいました。ウケる。

長くなったので、「もうちょっと気の利いた」と「ちゃんとしたっぽいやつ」は、次へ続きます。


申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。