ボツネタ

このページの記事目次 (タグ: ボツネタ の検索結果)

ボツネタ撲滅キャンペーン11月、12月

ボツネタを出さない方法をずっと考えておりました。この下書きの記事番号が476ですから、今年の7月ぐらいから、ごにょごにょと、ふっきれないでいるわけですよね。もうそろそろ、いい加減に、開き直るか施策を打つか、どっちか決めます。


ボツネタ集とか、いらないよね


わかっていますとも。
ボツネタ集は、完全に自分の為の備忘録で、あると便利なんですよね~。
うーむ。


頭の中が散らかっていて、あれやこれや、ちょっと触ってみては、やりっぱで放置したりしています。
ブログ記事も、書きかけのものが満載で、定期的に3行にまとめて吐き出しています。
それ以外にも、後日書くと予告しておきながら、放置している記事も沢山あります。


ボツネタ、少なくしたいな~っと、長らく思っているのですが、ダメですね。
どんどん埋もれていきます。
ということで、下記、暫定対策措置です。


ボツネタ撲滅キャンペーン2016年11月、12月


仕上げるまで他の事をしない

概ねこれで解決するんじゃないかと思います。上手く言葉にできなかったりすると、記事を書いている途中に思いついた他のことを先にやりたくなって、放置。このパターンが圧倒的に多い気がします。

後になると、言葉は出てこず、その時考えていたことは消失し、その上に別の考えが乗ってきて、上手くつながらなくなって…
みたいな悪循環なので、「仕上げるまで、他の事をしない。(但し、寝落ちは含まない)」が、その一つです。


書いた順に予約投稿を行う

毎日ルーチン的に書くわけではなく、書く日は5記事ぐらい書くし、書かない日が続くこともあります。但し、1日に5記事更新すると、自分的に鬱陶しく感じるので、5日に分けて予約投稿にします。そういうものは日本時間の17時にセットしています。

それから、同じネタが続くと、これまた自分的に鬱陶しく感じるので、できるだけ異なるカテゴリーの記事がばらついて更新されるようにセットします。これで、優先順位が低い記事は、後日、後日と延期されていった結果、後から発生したアクションによって打ち消されたり、飲み込まれたりします。

例)PS4は記事作成日には在庫なしで購入できなかったけど、(予約)投稿日には、在庫が復活していて、購入できた。書き直すと「大セール目前で在庫がなくていいのか?」というオリジナル記事の肝は失われてしまう。みたいなね。

多くの記事は、いつ更新してもいい内容なので、予約投稿で問題ないのですが、日付が重要になってくるネタに関しては、記事作成日を書いておき、そのまま垂れ流すことにいたしました。変な帳尻合わせとか、しないことにしました。


時事ネタは、追加更新

時事ネタ、たまに書きたくなるのですが、その都度、最もどうでもいい記事を後ろに倒していました。別に1日に2記事ぐらいなら鬱陶しくないね?っという事にしました。


下書きは、1枚まで

記事管理画面でステータスが下書きのままの記事をたまに一斉削除するのですが、面倒なので、最大下書数を1枚にしました。いくつかのボツネタ候補が1つの下書きに寄せ集まっている状態です。12月31日付にしているので、一覧上部に1枚だけ。記事管理はすっきりしました。

iPhoneやBloggerに溜めこんでいる下書きも、なんとかしたいですが、まずはFC2管理画面の整理整頓からスタートです。

よぉし!頑張るぞ!!

ブログの仕立て直し方針メモ1 - はじめに

今更ですが、メモをしておこうと思い立ちました。


記事の手直し方針をメモ


  1. 脱線の削除
  2. タイトルと本文のミスマッチを修正する
  3. ブログ村リンクの削除
  4. 小見出しの挿入
  5. ユーザータグをつける
  6. つけたタグのFC2記事を読みに行く(キーワードの雰囲気の確認)
  7. FC2スレッドテーマをつける
  8. つけたスレッドテーマのFC2記事を読みに行く(5と同じ)
  9. ハイパーリンクの動作確認
  10. ハイパーリンクの外部記事とサイト内リンクを書き分ける
  11. (場合によっては、)脱線の方を独立記事に仕立て直す



サクサク進まないと面白くないので…


1~8までを1周目に、
9~10を2周目に、
11を3周目に、
と、考えています。

RPGじゃないんだから、周回重ねなくても…

なぜか完成しない記事

今週ずっと完成させようとしているのに、完成しない記事があります。

いつも通り大した内容ではない記事です。
なんとなくしっくりこなくて、消しては足して、足しては消して、脱線記事はスピンオフして、ごにょごにょごにょ。

完成致しませんです。
そういう記事が数十個になっているので、完成できないネタの傾向分析ができそうな勢いです。


だいぶん時間を投じちゃったから、もったいない(=幻想)気がして没にできません。


仕事では、「勇気ある撤退」などと呼んで、バシバシ切っちゃいます。
新しいアイデアが出てきたら、ROIをチェックして、the weakest linkと心の中で呼んでるパフォーマンスの悪いプロジェクトの中からアプローチが近いものを切って、すげ替えます。

頭数に余裕があれば、タレントマネージメントを軸にプロジェクトを担当を振り替えます。

熱い思いを持ってやっている担当は、かなり抵抗しますが、みんなが定時に帰る事ができる組織が私のこだわりですので、伐採と振り替えをします。

不満は残りますが、危機感が生まれます。
ダラダラやらなくなります。

新しい人が入った時、自分のプロジェクトを渡して、できた時間で伐採されたプロジェクトを掘り返す人もいますが、熱い思い+危機感で、成功したりします。

こういうのを経験すると、人の力って不思議で、仕事って面白いな。と思います。

でも、プライベートでは、危機感なんて持ちたくないので、「こだわりのある」没ネタを眺め暮らしています。


ブログ艦隊とフラッグシップ(旗艦)ブログ

※結論が、「艦隊編成はムリ」というもので、一旦ボツにしたものを気が変わって公開することにした長文記事(=4,823文字)です。相当ながっかり記事であることを前もってご報告差し上げます。


先日、Covent Gardenを通りかかったら、大きめのLululemonを見つけて、ニッチ&有名グローバルブランドの単独ショップがその辺に転がっているなんて「さすがロンドン」っと思ったのですが、旗艦店の一つだったらしいです。

何も買わなかったので記事にしていませんが、フラッグシップショップ(=旗艦店)を明確に設置するブランドが増えていますよね。製品にフラッグシップ機を置くブランドもありますし、何でもネットで買える時代において(高いものなど特に)、ショールームのあり方も変わってきているんでしょうかね?

フラッグシップとは:https://ja.wikipedia.org/wiki/フラッグシップ



それで、アフィリエイトなど収入を得ることを目的としたブログを艦隊化したらどうなるか?妄想してみました。

「ブログ艦隊」でまず頭に浮かぶのは、「家計簿なんてつけなくってもお金は貯まる」らしい。号泣。で引用させていただいたブロガーさん、ブログを累計300個以上書いているらしいのですよ!!

もうね、なんだか圧倒的ですよね!
こういう人にかなり憧れます。

仕事では、(特にチームビルディングの初期は)リソースが限られているため、ちゃんと狙って撃たないといけないんです。
ターゲットのニーズがはっきりしている分、狙いやすいですけれど、「人を動かす量」を最低限にすることが最も重要ですから、打てる施策の質にも量にも大きな制限があるんですね。縛りゲーム大好きですから、それはそれで楽しいんですけれどね。

兎も角も、私の場合、1つのブログを書くのもおぼつかないわけで、300個っていうのは、特大まじっすか~~の世界です。

それで、私が複数ブログを書くのであれば、どういったお題が可能なのか?
カテゴリーを思いつく限りひねりだしてみましたけれど、ざっくり検証後、全滅でした。

投資ブログ
投資語句(Glossary)ブログ
映画ブログ
旅ブログ
料理苦戦ブログ
お茶ブログ
ヨガブログ
ゲームブログ
写真ブログ
読書ブログ
英語ブログ
「契約書」英語学習ブログ
節約ブログ
ブログメモブログ
ボツネタブログ
マーケティングブログ

計16個


300個ってやっぱり凄いですよね。私なんて可能性として思いつくのが16個ですからね~


<全滅理由、それぞれのメモ>
投資ブログ
→日々のトレード記事、時事記事、方針記事、学習記事など、これが書きたいことが最も多そうなのですが、相場に入れない今はムリです。そうは言ってもいつの日か本帰国後にインする時の為に、Bloggerに気付きメモをしているのですが、全く楽しくないです。


投資語句(Glossary)ブログ
→Bloggerに上記のメモをする時に気付いたのですが、学習系も概念に関するものは、本店ブログにいていいのですが、用語(Glossary)は衛星ブログにいた方が便利です。投資語句なんてGoogleすればいつでもいくらでも調べられるのですが、頭が悪くて自分用のメモを作っておいた方が便利なのです。
→これは飽くまで結果論なのですが、メモブログを書いているなら公開してもいいんじゃないかな?と思った次第です。


映画ブログ
→映画はそれなりに観ていますからね。でも、ネタバレとかデリケートなことを考えるのが面倒なので、なしかな…
→そもそも映画の予告以上に面白そうに説明できるような国語力ないですからね。できることと言ったら、邦題批判ぐらい?映画関係の人気ブログを読んでニーズの把握から開始しないとダメで、遠いな~~です。


旅ブログ
→旅は好きなんですけど、家でごろごろしているのはもっと好きだと判ってしまったんですが、どうしましょう。
多分単にフットワークが軽いだけなんですよね。のろのろなのに…
→旅ブログって、とりあえず情報満載じゃないですか?ああいう風にいろいろなことに興味を持って、記事にして、みたいなことが好きじゃないとダメかな?
→史跡とか、ランドマークとか、食べ物とか、それぞれのコンポーネントに興味が持てない以上、安価で1日でいろいろなイベントを網羅できるルートを提案できないと人を集められないような気がします。旅行ってお金がかかるので、1日にぎっしり詰めるのがニーズかな?との分析結果です。
→多分ですが、こういう記事を書いている人は、行く前にかなり計画を練って、「どうやって行って、どこで、何時に、何をみて、何を食べて」というところまできっちり決まっているんじゃないかな?
→朝の気分で行先を決めて、ふらっと出かけ、毎回道なき道を歩いている変わり映えのしないブログ、いらないし。ということは、旅行スタイルを変えないといけないわけで、嫌だな~~。


料理苦戦ブログ
→ヌシが料理嫌いなのに我が家には料理本が20冊程あります。ほぼいただき物です。何やら私の顔をみると「料理しろ!」と思う人が多いようです。ねぇ、ほっといて…
→「簡単おかず」とか「手抜きレシピ」とか「基本のXX」みたいな本どもです。もらいものなので、捨てないで残しています。ジュリー&ジュリアという映画があって、大好きな料理研究家のレシピを制覇する話なのですが、似たようなことが我が家の本どもでできるんじゃないかと…
→そしてそれらを作り終わった後、忌々しい料理本どもを捨てられるんじゃないか?、と…
→さらに、あわよくば料理好きになるんじゃないかと…
→うーん、ないですね。ただの妄想で、やりたくないです。

どうでもいい余談ですが、マグカップ、グラス、タンブラーなどもよくいただきます。料理本とカップ類がいただきものの2大巨頭です。カップ類は30個以上あります。一人暮らしなのに…


ヨガブログ
→ヨガ本(ムック、ビデオを含む)は34冊ありました。書こうと思えばいろんなことが書けそうなネタですが、これもニーズ検証からですね。いったいどんなことが望まれているのか謎です。
→ニーズが分かったところで、記事が書けるかかなり不透明です。メインのバンドだと思われる「きらきらしたヨガ女子」がいるヨガスタジオは居心地悪くて鬼門リストに入っていますから、「どこそこのヨガスタジオがお洒落でした」みたいな記事が求められていると即刻アウトです。
→痛いのは、中国語で学習している分野なので、日本語でなんと呼ぶのかいちいち調べる必要があります。先生の言葉で検索・翻訳できないものもありますからかなり難しいです。
→例えば、「ただ立つ」だけでも、ステップ1で、足裏のDajiaoqiu(親指の付け根の肉球)、Xiaojiaoqiu(小指の付け根の肉球)、Jiaogen(かかと)に均等に力がかかるように意識するのですが、音でしか知らない文字が分からない言葉なので、それぞれを中国語で大脚球、小脚球、脚跟と仮定したうえ、google translationで日本語に変換すると、「ビッグフットボール」、「ボール足」、「ヒール」と返ってきます…遠いな~


お茶ブログ
→お茶ネタもたくさんありそうですが、これも中国語での知識が主なので、ヨガと同じく、手間がかかって遠いです。
→ニーズは全くなさそうですが、ペルソナを書いているので、最も書きやすいブログかな?


ゲームブログ
→これは、人生で一番時間を使っている趣味なのに、ブログに書きたいこととかないです。
→ゲーマーとして、ネットに期待するのは2周目以降のお宝集めにwikiを使うぐらいです。自分で書くことは絶対ない、な。


写真ブログ
→カメラを買って、実はいろいろ撮っているのですが、画像ファイルの大きさをブログで公開できるサイズに変えるのが面倒くさいなと感じています。このカテのブロガーさんたちは本当にすごいです!、編集した後あのクオリティーですからね!
→私個人が読む動機は、「どういう写真が存在しうるか?」を探ることで、他の人の写真を見てひたすらインスパイアされています。でも写真を撮る目的は、美しい写真を撮ることではなく、持ち帰りたい景色を切り取って保管することですから、旅ブログに添えることができても、独立ブログにはならないかな~。この分野は咀嚼にまだまだ時間がかかりそうです。


読書ブログ
→読書感想文って、考えるだけで気が重いです。おそらく一生着手しないと思います。


英語ブログ
→複数のブログを書くことがあったとして、一つぐらい英語訳してみるのもいいかも?という安直な発想です。


「契約書」英語学習ブログ
→イギリスに住んでいるのに英語を全く勉強していません。折角だし、少しはやった方がいいんじゃ?って思ったのですが、やりたくない。
→敢えて言うなら、契約書に出てくる英語は面倒くさくてわかりにくいので、調べたときにメモしておいて、何かの拍子に公開するのもいいかもね。と思った次第です。私の様に苦労している人は多いかもです。
→本を買えば済む話なので、投資語句(Glossary)ブログと似たような感覚です。しかし、間違えることが許されない分野なので、「専門家じゃないので間違えていても責任は持てません!」的なブログに価値はない気がするのですけどね。


節約ブログ
→これは、だめだな。今ですら家計簿更新が遅れてますからね。書いてみただけ。


ブログメモブログ
→全16個のブログのいくつかでも書いてみるとして、いろんなサービスプロバイダを使ってみたくないですか?
→テンプレートも少しずつ改修していかざるを得ないので、作業メモがないと、何かと不便ですよね。このブログもテンプレートに少し手を加えていますけれど、何をやったか忘れちゃって、他のテンプレートに変更する勇気がありません。変更メモは必要なのですが、例のごとくbloggerにメモブログを作るのであれば、公開してもいいんじゃない?ぐらいの感覚です。


ボツネタブログ
→実は、これが一番簡単です。ボツネタが多いんですよ。このブログ。
→ボツネタの代表サンプルとして、本記事を公開することにしたのですが、①長文で、②結論がなくて、③くだらなくて、④本人的に後々興味が持てない、傾向にあります。
→1週間分の予約投稿なんかをする時に、ボツネタを分割してシリーズ記事としてアップできるので便利ではあります。
→書いた後で、本人は興味減退・消滅し、分割するのも面倒で、公開しないことにするのですが、Bloggerの非公開メモ、iphoneのメモ、手帳などに分散して400記事ぐらいあります。
→例えば、この記事も5分割ぐらいにした方が読みやすいのではないかと思うのですが、これに一週間もブログを占拠されるのが嫌なのです。でも、ボツ記事集の方が人気あったりして…怖くて公開できませんね。笑。
→私の方で興味がないと思っている記事を好きになってくれる人が仮にいたとして、私はその方と気が合うといえるのだろうか…


マーケティングブログ
→上記15機動ブログの旗艦ブログで、それぞれの戦略・戦術を解説しながらアクセスアップを検証するみたいなネタバレブログとでも言いましょうか?
→で、これ、全滅の過程を記す物悲しいブログになりそうだな~っと思って、やめました。仮に記事が準備できたとしても、長くても1年ぐらいで全滅する予想です。
→それに旗艦ブログの存在が、それぞれの機動ブログの読者によって発見されたらなんだか気まずいですよね。アフィリエイトを目的に複数ブログを運営されている方々って、大なり小なりの戦略を持った司令塔であるはずで、その辺が最も面白いと思う私って、性格悪いでしょうか? あはは。だからこそ手当り次第300個なんて爽やかで素敵だと思うんですよね。体力が必要ですが…
→仕事でもやっていることをプライベートでやりたくないし。
→そもそも、今の作文力だと、時間がかかりすぎて、2つ目のブログを書くことですらムリですし。


というわけで、何とも救いのない妄想記事になってしまったのですが、逆に今書いている「外国人ライフ」は、全く作為のない私の「好き放題」の結晶なんだな~っと、じみじみ11か月間を振り返れた(=自己満足ね)ことが、大きな収穫でした。

仕事じゃないって、自由でいいですね。

写真を撮る習慣をつける、Knightsbridge

練習1-Kightsbridge

大した写真じゃないのに、ファイルサイズが2MBを超えてしまい、キャプチャーを貼りました。取り敢えず、1出張1枚を目指しています。でもLondonばっかりで面白くないかもです。

今日は5時起きで、早上がりです。眠いです。


最近、没ネタの年末棚卸しで、頑張ってあげてみていますがなかなか減りません。投資ネタはまとめるのが面倒なので、bloggerに別ブログを立てて保存しています。その名も「外国株ライフ」。絶賛全非公開です。永久に公開される日はなさそうです。iphoneのメモ帳の残り126個の下書き、年末に残っているものは強制削除です。


頑張るぞ〜!です。

追記:
ナイツブリッジの大事なnが抜けていたので、差しました。Kが抜けるからともかく、なんでnが...
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。