ヨガ

このページの記事目次 (タグ: ヨガ の検索結果)

ダイエット2017 - 今年はヨガ一本で…

年をとったら太りやすくなるっていうのは、本当ですね。
一時帰国の際に、また腰痛に苦しみました。

おかしいな…
っと、思って体重を計ってみたら、60kg。
あ~。

実家にあったモーラステープをあるだけもらってきて、貼っています。


ダイエット2016の復習


イギリス赴任から6ヶ月で11kgの激太りを果たしていた2016年。
腰を守るべくひたすらウォーキングとカロリー調整を行って、2か月で6kg痩せたところで腰痛が鎮静。

喉元を過ぎれば痛みを忘れ、すっかり元の生活に戻っていたのでした。

とくにPS4を買ってからの私ときたら、指ぐらいしか動かしていませんからね。
操作しているネイサン・ドレイクの運動量は半端なかったんですけどね~。
あはは。


2017年、ダイエット方針


今年は、食事は制限せず、ヨガだけでダイエットしてみようと思っています。
去年はあれだけ運動を拒否していた割に、今年はヨガだけって、どうなのよ?

ABテストじゃないですけど、去年と違うことをやってみたかったりします。

それ以外にも…
★ 最近少し眠り浅いので、ぐっすり眠りたい。
★ 身体が硬くなって、バランスというか、座りが悪いので、調整したい。
★ 筋肉が少なすぎて(?)、疲れやすいので少し回復したい。

などなどあって、兎も角も、今年はヨガです。


ヨガDVDのレビューでも書こうかな


昨年の様に、体重を追うのはつまらないです。
目標体重はとりあえず55kgにして、どのくらいの期間で落とせるのか調べる感じにしようと思っています。

あまり外に出られなかったインド赴任中にお家遊び用に買い込んだヨガDVDのレビューでも書こうかなと思っています。

といっても、ダイエットの為にヨガをやったことがないので、ダイエット用のヨガDVDは持っていません。
殆どのDVDが「初めての」とか「初心者の為の」とか「リラックス」を謳っています。

万事万年初心者の私っぽいです。


ここ数日、ヨガ→食事→お風呂までが限界。
ブログまで手が回らずに就寝しちゃっております。

しばらく更新が滞るかもしれません。
スポンサーサイト

ヨガに学んだ無理の仕方

ヨガは初めて好きになった運動です。
これが他の何と違ったか?
無理の仕方に拘りを持つ先生につくことができたからだと思います。


目指すポーズがあって、そこへ至る理想的な流れがあって、理想的な流れを無理なくトレースできる最後の地点に達したら、たとえゴールからどんなに遠くてもそこで止めて呼吸をする。

止めた段階では痛みを感じなくても、息を吸うとストレッチを感じる。息を吐くと楽になると感じる。そんなうっすらとした感覚を認知できる様になる。それが私の最初のステップでした。

ホールドする時も、プルプルしてきたら、一旦休憩して、もう一回プルプルなるまでやってみる。「どんどんポシャって大丈夫、他の人と比べなくていいよ、自分の成長を喜びましょう!だから最初はド下手の方がやりがいあるよ!」って感じのとても優しい先生でした。


こうやって自分の「能力」と「ストレッチ」の臨界点を知っていく。そして少しだけストレッチする。限界点まで攻めてはダメだと戒める。ヨガ以外でも大切な概念だと思っています。


と、言っても、それ以外の細かい事をいっぱい忘れちゃっているので、レッスンに通って復習したいな〜と思ったけれども...

個人レッスンは節約上not affordableで、グループレッスンかなり緊張します。

もう少し体力をつけて初心者コース(←)に入っても足手まといにならないぐらいになってからじゃないと、1人だけ休憩しまくっていると「プログラムのレベル低下」「進度低下」「先生独り占め」になって、ヤル気満々の人達から無駄に嫌われちゃいます。右と左、混乱するし。息を吸って吐くだけなのに人より遅いし...

クラスメートにこれ見よがしに「大きなため息」とかつかれると次回から行きづらくなっちゃいますからね〜。



そういえば、知り合いが英語学校のグループレッスンも似た様な事が起きると言っていました。熱心な人達は「学びたい!!!お前、邪魔だ!」って感じだから、そこに大分苦戦しているみたいです。お気の毒。


ま、家で3ヶ月ぐらい続けられたら体力も十分、さらに花粉症の時期になって外での活動が辛くなるので、その頃に再考します。


太ももの後ろ側が1番伸びにくい

今日は記事を5分で仕上げる日です。

朝夕2回、ヨガマット上に座ってみては、その時々に気が向く事をやっています。今のところ座禅を組んでいる時間が1番長いです。ここ数年、運動をしていなかったので、身体がガチガチで、座りが悪いです。

座りをよくする為に、座った状態で、力を入れたり、抜いたり、丸めたり、伸ばしたり、身体をほぐしていますが、私の場合、太ももの後ろ側が1番伸びにくく感じます。

難関が、太ももの裏とは、なんだか滑稽です。

運動不足解消に、ヨガマットを出してみた。

オクスフォードに来てから、帰宅後の耳鳴りが酷いです。
家が静か過ぎるからだろうと思って、放置しているのですが、最近めまいを感じる様になりました。

上海時代にもこんな事があり、医者から「運動不足」と診断されました。
「なんだその雑な診断、ムキー」っとなったのですが、実際にヨガを始めたらめまいも耳鳴りまでも治まってしまったので、やはり「運動不足」だったのでしょう。


最初は、中国っぽく太極拳にしようと思っていたんですよね〜。
スポーツ大好きな友人が、私の「運動不足事件」が相当ツボだったらしく、太極拳道場見学に誘ってくれたのですが、その友人は隣のテコンドー道場に入門しちゃったんです。一緒に行かないなら(遠いとこ)行きたくないし、テコンドーはどう考えても私には厳しいスポーツでしたので、この案は断念しました。


そうこうしているうちに、別の友人の行きつけのマッサージ店の隣のエステ(以下、エステ店)でヨガクラスをしていて、「仕事帰りヨガ→マッサージ→マッサージ店にて出前夕食→帰宅」の流れが効率的にぐっすり眠れるとか言うので、試してみました。


しかし、お試し時のクラスは、「ダイエットヨガ」みたいなもので、ひたすらきつい〜。「このポーズはお腹の脂肪、このポーズは二の腕引き締め、このポーズはヒップアップ」云々、毎ポーズ途中で1人だけぽしゃって断念する私。

いやね、笑われるんだったらいいんですけど、「ちっ。足手まといめ。また先生に構ってもらって...」みたいな、あの冷たい空気に耐えられませんでした。


「きつすぎて行きたくない」とぬかしていたら、マッサージ店の店長が、予約ゼロの枠を調べてくれて、その枠だけだらだらリラックスヨガ個人レッスンを組んでくれ、続ける事になりました。しんどい日はゴロゴロヨガ、元気な日はストレッチたっぷりヨガ、みたいな感じです。1回1時間100元(1,500円ぐらい?)でした。


これ、中国特有の囲い込みですね。マッサージ店長とエステ店長は仲良し。冬の夜、ヨガに人が集まらない日は、個人レッスンにしてでも稼働させておいたほうがましなので、隣のマッサージ店で営業をかける。ところがマッサージ後にヨガしたい人はあまりいないので、マッサージ店長がヨガ顧客候補に電話をかける。マッサージ店長からの情報なので、ヨガ後はマッサージ店にも顧客が流れるという仕組みです。

まんまと載せられてカモられてるじゃん?
店の都合に顧客が合わせるってどうなのよ?

そうかもしれませんが、こういう仕組みで格安カスタムレッスンは悪くありませんでしたよ。上海にいる時は、週3回のペースで、2年間ぐらい続きました。ヨガティーチャーから直接電話がかかってくるようになり、マッサージの方は少なくなっていきました。

ティーチャー側にしても、週3回のだらだらchill outは気に入っていたっぽいです。


因みに、本当に疲れている日は、身体ほぐし→呼吸法→軽い瞑想だけで、後の時間はヨガティーチャーと共にヨガ店長から快眠効果を主軸とする精油混合法(アロマテラピー?)の手解きを受けていました。
※またもや、カモられてる?


ヨガはだらだらしすぎて一向に上達せず、万年初心者ですが、世界観はちょっぴり広がり、個人の満足度は高かったので良しとします。


いざマットを出してみても、座っただけで満足してしまう問題はありますが、たった2つしかない嫌いじゃない運動の1つなので、これからも大事にしていこうと思います。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。