上海

このページの記事目次 (タグ: 上海 の検索結果)

景気悪化を感じた上海出張

チャイナショック、昨年そう呼ばれた時期がありましたが、結局のところ愕然となるほどは崩れなかったはずですから、新興国バブルが崩壊した!って感じでもなかったのかな?


日本人が少なくなっただけ?


空港に降り立った時から、あれ??って感じでした。日本人風のビジネスマンが少なかったんですね。最近は中国人と日本人の見分けはつき難くなったなんて言います。事実なのですが、私の感覚では中国人が日本人っぽくなったのであって、日本人が中国人風になったわけではないのです。だから、日本人風のビジネスマンが少なくなった事に違和感を感じたのです。

もう何年も前の話ですから、今は流行も変わっているでしょうけれど、RIMOWAが日本人で、TUMIが中国人、私はそんな見分け方をしていました。

同じ感触を上海市内でも感じました。宿泊先はもともと住んでいた「徐家汇」近辺でした。日本人が多いエリアではありませんが、日本人が利用するお店がそれなりにありました。それらは、殆どが消えて無くなっていました。吉野家とか丸亀製麺とか日系ファストフードは増えていましたけれどね。あれは現地の人を取り込むための進出ですからちょっと違いますよね。

そういえば、日系コンビニは、ローソン、セブンイレブンがめっきり少なくなって、ファミマがいたるところにある感じになっていました。

日本人が多い「古北」へも行ってみましたが同じく日系のお店がすごく少なくなっていました。ま、私が利用していたお店がなくなっていただけかもしれませんけれどね。



日本人がローカルバスに乗る


久しぶりに日系の美容室へ行ってみましたところ、日本人は確かに減っているらしいです。駐在員が帰国した後、後任が来なかったり、大気汚染を嫌って家族を連れてくるのを控えたり、そんな感じの様です。

これはお店が少なくなっている理由にも共通していますが、地価の高騰で、家賃を払うのが大変になり、外人専用の物件が減ってきて、以前の駐在員よりも狭い家だったり、ローカルと同じクラスのマンションに住んでいたりするそうです。

以前は日本人をバス停や駅で全く見かけなかったのに、今は公共の交通機関を利用している日本人も多いとのことでした。昔はお抱えの運転手がいたり、そうでなくても移動はタクシーだったのに…だそうです。

ん。あの。私は2008年からローカルクラスのマンションでしたし、地下鉄もよく利用していました。なんて、言えなかったですけれどね。駅から2分の仕事や通勤に便利な場所に住んでいたんですよね〜。お陰で食べ物の入手に苦労したことがありません。
※私も混雑していない時間帯はタクシーをよく利用しましたっけ。


現地の生活水準が上がってローカルに違和感なしに溶け込んでいる、とは言っていませんでしたが、振り返ってインドと比べたら普通に住めるっていうのはあると思うんですよね〜。
(↑他の人より逞しいらしいんで、完全に間に受けないで下さい。)


小綺麗になって寂しくなったとか?


他は、淮海路、陆家嘴ぐらいしか寄っていないのでよくわかりませんが、勢いのあるショッピング街というより、落ち着いた雰囲気を醸していました。どことなく、ですけど。

綺麗な外資の高級店が立ち並んだ結果、そうなっちゃったのかな?

人が減ったわけではないので、ネットショッピングがメジャーになってきた今となっては、お店に足を運ぶ人も少なくなってきたのかもしれませんよね。

決して寂れたとは言いませんが、カラフルでゴミゴミした上海じゃなくて、少々拍子抜けでした。

スポンサーサイト

Mind The Gap: 北京編

北京の地下鉄は、上海と比べると線が少なくて、あまり面白くありません。
その分人が集中する為か、混雑が東京並みです。でもちゃんと並びますので、競争力は必要とされませんでしたので、幸いでした。

詰め込み具合は東京より緩いので、これも気が楽です。但し、詰め込み具合は緩くても、人は多いので、乗り込む事が出来ません。朝の通勤ラッシュ時の国貿駅なんて、乗れるまで3台(3回?)ぐらい待っていました。それだけで20分のロスです。

国貿駅がある朝阳区(Chaoyang District)は、北京のビジネス中心で取引先の中国本社オフィスが多かった印象です。この辺にオフィスを構えると中国人的に「面子」があるのです、現地スタッフの希望はこの地区でした。

しかし、上記の混雑と時間ロスで通勤で疲れてしまっては意味がないと思い、有名大学が集中する学園地区の海淀区(Haidian District)にしました。海淀区を通る電車も線によっては混んでいますが、「乗れない」程ではなく、一番空いている線の沿線にしました。

ベンチャー企業やIT企業も多く、先端•ハイテクのブランドイメージを育てようとしている地区です。上司の身を張ったリサーチなんぞお構いなく、「面子」が大きくないと不満気だったスタッフも、次第に朝は朝阳区の顧客へ訪問したがらなくなり、私が中国を離れた後未だにに海淀区にいるので、気に入ってくれたんだろうと想像します。

脱線が長くなりました。

ところで、北京の交通費は、私の知る限り世界最安です。地下鉄は均一2元。当時30円弱でした。今は値上がりしちゃったみたいです。

バスは1元なのですが、交通カードだともっと安くなります。実はバス代は0.5元ぐらいなんだけど、お釣とか大変だから、現金の人は1元です。みたいな感じかと想像していました。

渋滞が深刻な都市なので、公共の交通機関を使ってもらう努力をしているのかな?

他にも、各交差点には渋滞緩和の為の高架橋がかけられており、直進の車は常に進む事が出来るようになっていますし、日によって北京市内に入る事が出来る車(6環内?)が、異なります。月、水、木は、ナンバープレートの末番号が奇数とかそんなイメージです。(具体的なルールは忘れました)

場所を指定する時「福州路と河南路の交差点」と説明するのが上海流なら、「国貿橋の東北角」と説明するのが北京流。

日本の道路には、あまり名前がついていないので、実は東京で場所を説明するのが一番難しかったりします。

Mind The Gap: 上海編

Mind the Gap (=お足元にご注意ください)は、ロンドンに住む外国人お気に入りフレーズなのか、お土産ショップでグッズをよく見かけます。

London Underground (=地下鉄, 愛称Tube)自体が人気なのかもしれません。路線図グッズもよく見かけます。

Tubeは歴史が長いからか、線によってはプラットホームと電車の隙間が日本ではあまりみない程大きく、段(高低差)まであったりしますので、注意喚起しないと転んじゃう人いそうです。


場所は変わって、上海。比較的新しい地下鉄(=地铁、Dìtiě)ですが、場所によっては、隙間が大きいです。
ここで要注意なのは、他地域では、降りる人を待って、然る後に乗り込むところを、ドアが開いたらすぐに乗り込むところが、上海流。

降りる人を待っていたら、後ろから押されて、隙間に足を突っ込んでしまった事があります。スネ流血事件です!怖かったし、痛かった〜〜。

通常であれば、前の人を押す事なく、追い越して先に入っていくのですが、何が起きたのでしょうね〜。そう、並ばないのも上海流。

ローカル同士にはわかる阿吽の呼吸みたいなものがあって、私の行動は、ローカルのリズムを乱していた事でしょう。上海の電車の乗車タイミングや、席の取り方、乗り換えの際の人混みの歩き方など、結局最後まで馴染めませんでした。同じ中国でも、北京の方が馴染みやすいから不思議です。
※最後の数年、年の1/3程度は北京にいました。


上海の地下鉄、人が乗っていなければ結構好きです。(←本末転倒)
世纪大道站の設計なんて、もう見事です。是非乗り換えて見て欲しいですね。電車のほんとすぐ上を別の電車が走っているのを体感できます。

線によって、受注国が違うので、ブレーキ音が高音かつ大音量でめちゃめちゃ不快だったりする時に「あぁ〜。フランス系だからね 」なんて言われて、妙に納得したりします。こういうのは日本では少なそうですよね。

上海を離れて、数年が経とうとしています。路線図もかなり変わったことでしょうね〜。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。