中国

このページの記事目次 (タグ: 中国 の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

世界で一番おいしい紅茶


最強の召喚獣「茶飲み友達」獲得のため、何ができるか?
とりあえず、「お茶」に興味がある人に来てもらわないと!
という事で、私が世界で一番おいしいと思っているお茶の話です。


坦洋工夫 (tǎn yáng gōng fū)

6大茶の中では、「紅茶」の区分
産地は、福建省福安市坦洋村(白云山麓)
最適抽出温度は、90度で3-5分
茶葉は、細長均整
摘採は、1芽2葉までの新芽
水色は、明るいオレンジ
※写真に撮りたかったのですが飲んでしまって、在庫なしでした。残念。

1850年代に出来たブランドの様ですから、4,700年のお茶の歴史からすると、まだ赤ちゃんですね。中国人がお茶を飲み始めたのが「秦」の時代で、「現代茶」は唐の時代からですから、それでも3才児ぐらい?(紅茶自体が若いとも言うのかな...)

福建省三大工夫紅茶と言ってみたり、闽红三大功夫などとブランディングしてみたり、いろいろやっているみたいですが、他のお茶に比べてブランド力は低いです。

だからお値段もお手頃でいい感じです。

中国茶全般にそうですが、Brokenじゃないので、すっきりしています。すっきりしていてもあっさりしているわけじゃなくて丸みがある感じです。福建と言っても岩茶系列ではないので、岩臭はしません。1芽2葉ぐらいの新芽独特の爽やかさを残した全発酵茶、うーん。完璧♪って感じです。


最大の問題は、入手困難な事です。日本に帰って会社を辞めたら「中国茶輸入販売業」を起業しようかと考えたりした事があります。儲からないけど、自分は好きなお茶が飲める!みたいなね。試算の結果、儲からないどころか損益分岐点を越えるのが、かなり難しいしいので、年に1度の2泊3日買い出しツアーがもっとも経済的でした。「食べ物」の「輸入」と「販売」は登記•許認可関係と仕入れの都度の検疫、食品安全検査等いろいろ面倒みたいで、節税等の目的では絶対やらないです。調べるのは楽しかったですけどね。(はっ!どうでもいい事を書き過ぎたら、茶飲み友達に去られちゃう...)


うーん。イギリスカテで、世界で一番おいしい紅茶が、中国茶だって書いたら、顰蹙買いそうですね。お茶処、中国、インドで暮らした後の感想なので、誇大表現ですけど、お許しくださいませ。あはは。


おしゃれな紅茶リテイラーの話を期待された方には申し訳ないです。
好きなイギリスのリテイラーは、NewbyWhittardです。


イギリス人はよっぽどの事じゃないと病院に行かない?

昨日、一昨日と同僚のお子さんが学校を早退したそうです。
「病院へは行ったの?」と聞くと、「イギリス人はよっぽどの事がないと病院へは行かない」とのこと。「予約が取れるまでに、大抵治っている」らしいです。


日本人、というか私の場合


日本人(=私)の場合:
インフルエンザは、猛烈にしんどいので、疑わしい時は迷わず病院
食当たりは、大抵高熱が出るし、抗生物質じゃないと菌と戦えないので、これも病院
それ以外の早退、突発休暇は、病院の受付時間に合わせる事が主目的
逆に病院に行かなくていい程度の場合は、我慢して仕事

もっと言えば、早退、欠勤して病院に行かないと、回復への努力を怠っている様な変な罪悪感が... 有給は帰国日数に直結して貴重ですし!
※寒気がしたら、うがい、手洗い、ノー残業、早寝を徹底します。


中国人は


直ぐにかつ毎日、病院に行きます。ただの風邪でも、注射とか点滴を打ってもらうっぽいです。しかも手の甲に。毎日注射痕が増えていきます。
夜でも診てもらえるところも多い模様。突発は少ないです。


インド人は


デング熱とか、ネズミに噛まれたとか、スネークに噛まれたとか、モーターバイクにはねられたとか、ショッキングな突発休暇事由が多かったです。ネズミに噛まれたらめちゃめちゃ腫れるんですよ。死の危険度高いらしいです。怖いですよね。

あと、月に1.5日だかの病休を消化しようとする輩ばかりなので、買い上げられる制度にしないと、毎日誰か突発病休みたいな事になります。突発の習慣化が一番困ります。

※病休以外での最多突発休暇事由は、「親戚、友人の死亡」でした。人口多いから?大親友がデング熱か何かで亡くなった部下とか、何日も泣きながら仕事していて気の毒でした。死は身近みたいです。


なんだかんだで、インドを超える衝撃って、あんまりないんですよね〜。(遠い目)

初代バックパック、とうとうお陀仏

中国ではいろいろなものに新挑戦しました。

短パン、ビーサン、ダウンジャケット、バックパックなどの人生を気軽にするもの。

ハーブティー、工夫茶、お香、精油などの、よく眠るためのもの。

ヨガ、スキー、乗馬などの運動系活動。

※私をよく知っている人は、運動系には絶対誘わないから、よく知らない人との交流はいいこともありますね。(スキーは黒龍江、乗馬は内モンゴルへ身1つで行く泥臭い感じの万年初心者です。)



これらに関係する物品は、全て未だに初代です。
そして、初代達の中で、最初に代替わりが必要になったのは、「バックパック」でした。

最初に縫い目が破れたのは2年前です。すぐに2代目を購入したものの、大変気に入っていたので、日本に持って帰って、母に縫い直してもらいました。なんとも貧乏くさいね。笑。

今回は破れどころと破れ方が悪いので、流石にもう厳しいかな...
今まで大変お世話になりました!
合掌。

Mind The Gap: 北京編

北京の地下鉄は、上海と比べると線が少なくて、あまり面白くありません。
その分人が集中する為か、混雑が東京並みです。でもちゃんと並びますので、競争力は必要とされませんでしたので、幸いでした。

詰め込み具合は東京より緩いので、これも気が楽です。但し、詰め込み具合は緩くても、人は多いので、乗り込む事が出来ません。朝の通勤ラッシュ時の国貿駅なんて、乗れるまで3台(3回?)ぐらい待っていました。それだけで20分のロスです。

国貿駅がある朝阳区(Chaoyang District)は、北京のビジネス中心で取引先の中国本社オフィスが多かった印象です。この辺にオフィスを構えると中国人的に「面子」があるのです、現地スタッフの希望はこの地区でした。

しかし、上記の混雑と時間ロスで通勤で疲れてしまっては意味がないと思い、有名大学が集中する学園地区の海淀区(Haidian District)にしました。海淀区を通る電車も線によっては混んでいますが、「乗れない」程ではなく、一番空いている線の沿線にしました。

ベンチャー企業やIT企業も多く、先端•ハイテクのブランドイメージを育てようとしている地区です。上司の身を張ったリサーチなんぞお構いなく、「面子」が大きくないと不満気だったスタッフも、次第に朝は朝阳区の顧客へ訪問したがらなくなり、私が中国を離れた後未だにに海淀区にいるので、気に入ってくれたんだろうと想像します。

脱線が長くなりました。

ところで、北京の交通費は、私の知る限り世界最安です。地下鉄は均一2元。当時30円弱でした。今は値上がりしちゃったみたいです。

バスは1元なのですが、交通カードだともっと安くなります。実はバス代は0.5元ぐらいなんだけど、お釣とか大変だから、現金の人は1元です。みたいな感じかと想像していました。

渋滞が深刻な都市なので、公共の交通機関を使ってもらう努力をしているのかな?

他にも、各交差点には渋滞緩和の為の高架橋がかけられており、直進の車は常に進む事が出来るようになっていますし、日によって北京市内に入る事が出来る車(6環内?)が、異なります。月、水、木は、ナンバープレートの末番号が奇数とかそんなイメージです。(具体的なルールは忘れました)

場所を指定する時「福州路と河南路の交差点」と説明するのが上海流なら、「国貿橋の東北角」と説明するのが北京流。

日本の道路には、あまり名前がついていないので、実は東京で場所を説明するのが一番難しかったりします。

新興国の駐在員住居は、無駄に広い (〜200平米とか?)

お風呂(湯船)を諦めたかどうかで、部屋の大きさが結構違うと思います。中•印シャワー文化圏は、家に湯船が付いていない方が多い気がします。

特に安い、狭い側で顕著です。湯船が付いているのはファミリー用などの3LDK (150-200平米) からが多くなってくるので、こじんまりとはいかなくなります。

上海のお金持ち企業の駐在員各位は、初めから日系のエージェントにお願いするので知らないかも。私は、会社が手配したローカル不動産のローカルおばちゃんに連れまわされたので、中国語が話せない中、湯船を理解してもらうのに非常に苦労しました。

Please, repeat after me↓

浴缸(Yùgāng)


理解してもらった後も、「小さな家にはそんな物ないから、木製の大きな水桶を買ってシャワールームか台所におけばいい」とか意味のわからないことを言っていた様です。

恐るべし、文化の壁。


実は今回「先輩2」の戦術を真似て、必要な物だけ引っ張り出し、残りを離任時に全部捨てようと思っていました。一人で住むのに3LDKもあれば、一部屋倉庫でしょ?


ところが、先進国の部屋は高くて狭い。新興国ボケ。
特にイギリスは(都市依存?)は、他の欧州メンバーと比べても同等の値段で半分の広さですね。(今、GBP強いし。)

私の場合、広さが1/3になりました。ダンボールが入ってきちゃって、洗濯物を干す場所がなくなってしまいました。

さらに、ダンボール等の廃棄代が重い...
(この件は、また今度〜)

それでは、皆様、良い1日をお過ごしくださいませ。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。