六大茶

このページの記事目次 (タグ: 六大茶 の検索結果)

6大茶(青茶、赤茶、黒茶)

スレッドテーマ、何気に凄い。「中国茶」というテーマを見つけたので、6大茶の続きを書いてみることにしました。
関連記事:「6大茶(緑茶、白茶、黄茶)


青茶


青茶の世界は広いです。半発酵~全発酵まで広く網羅しています。

鉄観音(青香系)と大红袍(岩茶系)と烏龍茶(台湾系)じゃ味も見た目もかなり違います。母が一筋で大好きなお茶は、人参烏龍茶という甘い人参がまぶしているお茶で、これも青茶の分類です。
お茶屋のおばちゃんの得意分野(福建省武夷山出身)なので、機会があったら単独記事を書きたいと思います。

製造の工程は、晒青(日干し)→凉青(陰干し)→做青・揺青(葉同士を摩擦・衝突させて傷つける)→杀青(発酵を止める)→揉捻(揉む)→烘焙(焙る)的な感じらしいのですが、それぞれの銘柄でちょっとずつ違ったりします。

この辺りのお茶から割と高温で抽出します。沸騰したてです。茶盆を使い、じゃぶじゃぶお湯をかけて急須を温め、おちょこみたいな湯呑みも温め、場合によっては香りを嗅ぐツール(聞香杯)も温め、香りと味を楽しみます。いわゆる「工夫茶」の領域に入ってくるのですが、私は日本の急須を育てています。(道具は3セットぐらい持っていますが、断捨離するか悩み中)

お茶ごとに茶道具を変えるのですけれど、鉄観音と大红袍では色も香りもかなり違いますから、真面目にやると青茶の中でも2セット必要です。水が変わるとよくないらしいので、中国で買った茶道具は日本に帰ってから育て始めようかと思っています。


紅茶


紅茶は、青茶ほど発酵度にばらつきがない、というか基本すべて全発酵だと思います。前にも書いたので、サクッと進めます!
関連記事:世界で一番おいしい紅茶

製法は、萎凋(日干しして縮める)→揉捻(揉む)→发酵(発酵)→干燥(乾燥)→※过红锅(小种のみ発酵を止める作業が入る)

何気により発酵が進んだ紅茶の方が低めの温度でいただきます。といっても90~100度なので、沸騰後でいいんじゃ?なんて思っています。紅茶も青茶同様、工夫茶方式で飲むみたいです。
※お茶屋のおばちゃんは、青~黒まで同じ方法で飲んでました。

中国人的にもらったらメンツあるのは、福建茶では、「金骏眉」で、海外で有名なのは、「正山小种(ラプサン・スーチョン)」でしょうか。でも「龍眼」が禁制品になっていますから、昔ながらの臭いはしないのが正しい姿です。

ちなみに世界最大紅茶の一角、祁門紅茶(Keemun)は福建茶じゃないのであまり飲みません。あっさりしていておいしいらしいです。私は福建以外だと、雲南省の「滇紅」をもらって飲んだのがおいしかった気がします。自分では買いませんけど。


黒茶


全発酵にさらに後発酵が加わった、成熟度が最も高いお茶です。「黒茶=プーアル茶」だと理解しています。樹も他の茶樹と違う種類だった気がします。

製法は、杀青(発酵を止める)→揉捻(揉む)→渥堆(湿度の高いところでカビさせる??)→干燥(乾燥する)。

乾燥させた後も息をして、発酵が進んでいくので、長くおく方がいいらしいです。コロコロした小さい餅と、四角い中くらいの餅と、ひらぺったい大きな餅をそれぞれ保管しています。小さいのはハンドリングがしやすいので、結構飲んじゃっています。ひらぺったい大きな餅は、専用のほじくり棒でごりごりはがさないと飲めないので、無傷です。(←面倒くさがり)

飲み方は、青茶と同じにしています。黒茶は銘柄というより、プーアルの中での製造者の違いがブランド化しているイメージです。味の良さがわからないので、気晴らしに飲むくらいです。
※白茶のうっすらプーアルは好きですけれど、本場プーアルは味が強いようなマイルドなような変な感じです。

そのうち、茶具についても紹介できたらな~っと思っています。
では、スレッドテーマから、お仲間探しに行ってまいります!
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。