多機能テンプレート

このページの記事目次 (タグ: 多機能テンプレート の検索結果)

道具に鍛えられる

絵柄が気に入ったテンプレート、多機能で鍛えられています。

「小見出し」という言葉を知らなかったレベルから開始



テンプレートの中に「小見出しサンプル」がありました。そう言われれば「小見出し」をつけているブロガーさんいらっしゃいますよね。本記事を書くにあたって、この部分の呼び方知らないんですけど…と、Google先生にお世話になりました。苦笑。

文章はへぼいままなのですが、小見出し内でそれぞれの題意を完結させたくなるるような力がマイルドに働くので、慣れてくるとしゅっとした構成に近くなるかもしれません。
※面白がって「大→小」の順で、本記事で使ってみました。

メニューバーって何のためにあるの?



正直、はじめは、「いらないよ~。使い方わからないよ~」っと思ったのですが、慣れてくると素晴らしい機能でした。雛形に;

「カスタマイズ や 画像の差し替え などは基本的にご自由にどうぞ。 但し、著作権表示の削除 や 再配布にあたる行為 は原則として禁止させていただきます。」



というコメントがあって、「テンプレートをカスタマイズするとか発想がなかったよ。」とびっくりしました!

どうぞと言われちゃうとやってみたくなるお子様は、オリジナルのTrackbacksを潰して、User Tagsを作ってみました。CategoriesとCommentsを折衷したような機能にしました。情報満載の雛形で楽しいです。


「ホーム」があるんですけど…



トップページでは プラグインエリア3 が使えます。 この下に表示されるので、フリーエリアなどを上手く利用してトップページを構成してみてください。



これも最初は戸惑いました。プラグイン「3」ってどういう意味…的な。フリーエリアって、What's New以下の空きスペースだよね?確かにこのままじゃさみしいよね。どうしよう…

ということで、まだテーブルの作りに一貫性がないものの、いろいろガチャガチャはめてみました。

とにかくわからない言葉だらけです。いや、外国語学習には慣れていますので、いいんですけどね。先生が良いので、わからないなりになんとかなっちゃうところが凄いです。かなり啓蒙されています。


おそらく何より凄いのは…


1記事4小見出しまでという自分内ルール設定をしてみました。ブログ書き始めのころは、つたないながらも短く、しゅっとしていたのに、最近はつたないままで、だらだら長文が多くて、わかりにくくなっています。

起承転結とはいかないまでも、短く、簡潔に!
脱線は小見出し内に入れないし、この為に小見出しを設けるのは全体が4見出し以内の時だけ!


的なdisciplineをもたらしめたことでしょう。


道具(新テンプレート)に鍛えられる。
そんな感じです。
このテンプレートを作成されたparuparuさん、本当に凄いです。
スポンサーサイト
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。