家具組み立て

このページの記事目次 (タグ: 家具組み立て の検索結果)

洋服掛けと洋服箪笥とコート掛けと書棚を組み立てる...

赴任から半年経とうとしているので、流石にいろいろ揃え始める事にしました。空いている部屋に平積みにしていたスーツ類、普段着、本を収納する為です。

なくても差し支えないかな?なんて思っていたのですが、すっきりしないし、平積みだと掃除が大変なんですよね〜。


組み立てるのが面倒なので、すべて簡素なものです。

洋服掛けといっても、クローゼットのようにしっかりしたものではなく、ハンギングレールを買って、ウォークインクローゼットに収納しました。

洋服箪笥も、チェストドローワーのような引き出し付きではなく、ただの棚です。蓋つきの箱とかカゴを買って引き出し代わりに入れています。衣替え、引っ越しの際は、蓋を閉めて箱ごと入れ替える、引っ越す事にしました。楽ちんです。

ついでに玄関にコート掛けをおきました。イギリスの夏は涼しいので、春夏秋冬、絶えず何かしらジャケットを羽織っています。靴箱の鏡に吸盤フックをくっつけて掛けていたのですが、頻繁に落ちるので、とうとう面倒臭くなりました。

書棚は、小さめにしておきました。次の引っ越し荷物を減らすべく、書棚に入らないものは捨てる事にしました。


これで平積みのものは、書棚に入りきれなかった本だけになりました。
25冊づつ山にして壁にくっつけて積んでますが、350冊以上あって、壁1面うまってしまいました。これらはやっぱり捨てなきゃいけませんね。思ったより多いし。おかしいな〜。

いつも組み立て系の家具を買って驚くのは、梱包の箱が小さい事です。
パズルみたいに上手いこと詰められています。
これらは、次の引っ越しの時に解体して詰め直せば、引っ越し荷物に乗るんじゃない?なんて考えちゃいます。

家具の廃棄手続き&費用&新規買い直し&配達の為の時間調整よりマシかもしれません。

我が家は引っ越しが多いので、食器や電化製品を買った時の箱で小さい物についてはいろいろ保管しています。いつか、どっしり根を下ろして、空箱なんて捨ててしまえる様になりたいものです。

スポンサーサイト

自己組み立ての恐怖: ソファーベッド

ようやくフラットに入居しました〜


脱、IKEAの展示場


嬉しい〜〜のも束の間、unfurnished (=家具なし)の我が家はセットアップに大忙しです。
どうせ最終IKEAの展示場かの如くなるのですが、今回は少し抵抗を試みています。
※本当は、自分の出張とデリバリーの日程調整がIKEAではうまくいかなくて、違うところにしただけです。


流石に床では眠れないけれど...


ベッドは慎重に選びたかったので、暫定的に来客用のソファーベッドを先に買いました。
World StoreのBedroomworldというサイトで翌日デリバリーを当てにして購入しました。

サイズ表記がなかったので、少々心配していたのですが、見事にちょっと短い感じです。
何やってんだか。
おバカさんっぷりだけ絶好調です。


恐怖のself-assembly (=自己組み立て)


イギリスの家具って、高いですよね。
フラットパックと呼ばれる自己組み立て式の商品ばかりを買っています。
中にはかなり難しいものや、本格的な道具を必要とする物もありますから、値段だけじゃなくて商品ページからダウンロード出来る組み立て設計書を眺めてからじゃないと怖くて買えません。

幸いにも今回は、ネジ8本だけだったので、なんとかなりました。
※ソファーは楽勝で、タンスが中級、ベッドの組み立てが一番しんどいとの噂です。


次のステップは、銀行口座開設


住所が定まった事でようやく銀行口座が開けます。
ポンド高での損を抑える為に、現地口座開設までの間、新規購入はストップして、しばらくの間なんちゃってミニマムライフ状態で生活する事になります。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。