家計簿

このページの記事目次 (タグ: 家計簿 の検索結果)

イギリス駐在員、Zaimで家計簿をつける

最近、ノートパソコン、カメラのレンズ、運転レッスンなど、いろいろ物入りだったので、少々使いすぎ感がつのってきました。そこであまり好きとは言えない家計簿を再開することにしました。

今回使用するアプリはZaim

Zaimは154通貨対応らしいです…

2015年にMoney Forward、Zaim、マムクラウド、Wiple家計簿の4種を試しました。海外通貨の登録ができるというか、コンマ以下2桁のペニーを登録できて使いやすいWiple家計簿に落ち着いた後、毎月予算に入らないのが面白くなくて、記帳を止めてしまっていました。

当時、iphoneの言語が英語だったためか??、Zaimとマムクラウドはログインするのも一苦労だった記憶があります。最初に止めてしまった家計簿アプリ・クラウドでした。当時の印象で、使いやすい順に、Wiple家計簿→Money Forward→マムクラウド→Zaimで最下位でした。

今回、家計簿を再開するにあたって、海外生活者からのZaimの評判がいいので、なんとなくもう一度使ってみることにしました。

初期設定、早速ポンドを登録する

まず、念のためにiPhoneの言語を日本語に変更しました。その上でZaimのiPhone Appをダウンロードしました。ダウンロード後、G+のアカウントでアカウント登録を試みるも2回クラッシュして、1回iphoneを再起動しました。笑。

ようやくログインができたので、基本設定から通貨をポンドで登録しました。

zaim-currency-setting

少々不可思議なことがあります。予算の初期値が、日本円だと、総予算:¥118,000/月、食費:¥30,000/月なのですが、ポンドでは、総予算:£1,180/月、食費:£300/月の様です。

為替が微妙なのですが、駐在員のパッケージで自分のお財布からは出ていかない家賃、通信費、光熱費、税金をゼロに設定しました。加えて私には不要な教育・教養の£20を美容・衣服に移動して£50としましたところ、総予算が£530になりました。

この値は、2015年の月次予算£600ととても近い値なので、その他に£70追加して、同じ値にしました。

monthly-budget-breakdown

「カテゴリー設定→支出」にて、予算が入っていない費目は、すべて非表示に変更しました。いらないものを非表示にできるのはありがたいですね!

hide-breakdown

食費、日用雑貨、交通、エンタメ、美容・衣服、医療・保険、その他の全8項目。スッキリです!

家計簿2017は成功なるか?

2015年は、家計簿元年で、費目の設定や予算管理の概念を家計に取り入れて、非常に勉強になりました。

2016年、家計簿をつけるのには慣れてきたものの、予算内に生活することには慣れず、途中で断念。

それでもそんなに無駄遣いはしていなかったのですが、最近支出が止まらなくなってきたので、やむなく再開。むぅ~。5月~7月までの3か月ぐらいは黙々と家計簿記帳しなくては…っと思っております。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。