引用

このページの記事目次 (タグ: 引用 の検索結果)

執筆ガイドライン8、直リンク・ディープリンクはマナー違反らしい

直リンク、ディープリンクを知らなかった…


関連記事、「執筆ガイドライン5、アンカーテキストの中身に注目」を書いた際に、アンカーテキストの作りが初めてわかったような気がして、楽しかったんですね~。


サイトの評価は被リンクの数も影響するっていうじゃないですか?
職場では、被リンクの数が多いとサイトの信頼度、被リンクからのアクセスが多いと有用度が高いと信じて、沢山リンクを貼ってもらえる質の高いコンテンツを作りましょう~!、的な雰囲気な気がします。


ところが、img系の画像は、直リンクディープリンクなどと呼ばれて、マナー違反とされているようです。
そりゃ~もう。がっつり混乱いたしました!


いくつの記事を読み漁った感じでは、imgファイルは、googlebot(以下、ロボ子)には内容がよくわからず評価しがたい(SEO評価につながらない??)。被リンクを受けた際のサーバー負荷を考えると、どちらかと言うと迷惑。だから、マナー違反。
であると、理解いたしました。


いろいろあって、大変よね…



引用と転載は、大きく違うらしい


直リンクについて調べていく中で、直リンクは転載だからダメ!というような記述を見かけました。
え?
何のこと??


一旦、自分のサーバーにダウンロードして引用するのはOKとも書いていました。
おぉ!
違うの??


ウィキペディアの転載引用のページをそれぞれ読んでみました。


これまでは、違いをはっきり認知していたわけではありません。それでも他のブログで画像を直リンクをしている例を殆ど見かけなかったので、なんとなく慣習的に引用元データダウンロード→FC2へアップロード→引用元記載の流れをとっておりました。


関連記事、「イギリスと言えば、「王家」」を書いた際に、ウィキペディアコモンズのShare or Embed機能を使って9つのファイルを自ブログに埋め込んだのですが、これもディープリンクなのでマナー違反と言うことになるのかな??


embed機能があるのだからいいんじゃないか??、とは思いつつ、貼り直しました。



当ブログでの執筆ガイドライン


引用元は明記し、自ブログサーバー(FC2)へダウンロードし、外部への画像直接リンクは貼らない。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。