整理整頓

このページの記事目次 (タグ: 整理整頓 の検索結果)

思い出ボックスはあけてはいけない

ものを捨てよう!そう思って、パンドラ的「思い出」ボックスを開いてしまいました。


日付が入ったダイアリー


大学1年生から海外赴任初年の2008年までは、日付が入ったダイアリーを使っていました。駐在員になってから、やることリストが1ページに収まらな過ぎて、2009年から日付が入っていない手帳を使っています。

本社勤務の間は、下っ端ルーチンワークだったので、メモすることはさほどなかったのですよね。駐在員になってから、The・雑用係に就任し、メモが欠かせなくなりました。最近はiPhoneのメモにお引越ししましたので、紙媒体は存在していません。タスクが終えるとガシガシ削除するのですが、読み返すと面白いので、手帳に戻そうかな?


手帳を捨てるか悩む


その時々の自分の活動が細々書いてあるので、懐かしくて捨てられません。

淡々とタスクが書いてあるだけで、感情的なものは一切記述されていないのですが、何をしたかを思い出すだけで、感情が復活します。ブログでは、文章を書く練習がてら、感情もいろいろ書いちゃっていますが、自分用にはいらないものなんですね。

そして、捨てられません。とりあえずゴミ箱へ入れて、ゴミだしする時に拾うかどうか様子を見てみることにしました。そこまで残して置きたいなら残したらよろしい。って、感じです。

検索機能付きのブログも凄くいい備忘録になるので、悪くはないです。


思い出ボックスは開いてはいけない


お片付けが苦手なのろのろした人間なので、思い出ボックスを開けると、完全に停止してしまします。3時間ぐらいほじくり返して、逆に散らかります。

という訳で、思い出ボックスは、開梱しないようにしているのですが、気が緩んで開けてしまいました…

それで、本日既に半日以上潰してしまったので、せめてこれを何か生産的な活動へつなげよう!と思いました。丁度はじめての海外赴任前で、出国準備リストがありましたので、そのあたりを記事にしてみる予定です。


プライベートで生産性を追求なんてイタい


とはいえ、プライベートで「生産性」を意識するなんて、ゾワッとします。
なんだかもったいない気がしたのです。
これは貧乏性の一種でしょうか?

家が散らかるメカニズムがわからない

本日はLandlady(=大家さん)が、お友達と一緒にProperty Inspection(=物件検査)に来ました。10分ぐらいで帰るのかと思ったら、小一時間あれこれ話し込んで帰っていきました。話し相手ならまかせとけ!って、違うか…


散らかしていいのはリビングだけルール


一人暮らしで簡素な生活しかしていないのに、家が散らかるのは何故なんでしょうね。
片付けるのが上手じゃない以上、散らからないように暮らしていくしかないのですが、「散らかさない!」はレベルが高すぎるので、「散らかしていいのはリビングだけ」というマイルールがあります。

これは、8年前から5年間、上海でお手伝いさんに来てもらっていた時に作ったマイルールです。他の部屋はただ清掃をするだけで、さくっと終わっていただけます。リビングは、その時々の雑多なものが転がっているので、「整理・整頓」しながら清掃いただくのに会話がしやすくて便利でした。

今もこの習慣は続いていて、リビング以外は常に片付いています。
リビングは、お掃除の日の土曜日から翌金曜日に向かってどんどん散らかっていきます。
そんなに部屋が散らかるような活動をしていないのに、毎週確実に散らかるので、本当に謎です。


所定の位置が決まらないものは廃棄している


父が「所定の位置」にうるさい人です。所定の位置をコロコロ変えるので「それってどうなの?」と家族は内心で思っていましたけれどね。

兎も角も「所定の位置」の概念は習慣化されていて、所定の位置がないものはないと思います。これもお手伝いさんが来てくれていた時になかなか便利な制度だったので、複数名で暮らす際にはより効果的ですよね。

所定の位置が決まらないものは、「うちに居場所がないもの」として廃棄されますから、散らかりにくい環境だと思うのです。


なのに、なぜ散らかるのか?


不思議で仕方がありません。
「アイロンをかける前の服」とか、「食べかけのチョコレート」とか、「郵便物」とか、「引っ張り出してきた本、参考書、辞書」とか、「出張荷物の残骸」とか「ゴミ」とかそういうものっぽいですけれど、土曜日が来るとなくなります。

モノが多すぎるのかな?
1週間、ビデオをとってモニタしてみたい気分です。


それにしても大家さんとお友達、来年お運びいただく際は、お茶と茶菓子でもお出ししますかね。
お茶ならまかせとけ、って、これも違うか…
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。