断捨離

このページの記事目次 (タグ: 断捨離 の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

本が捨てられない病の克服

イギリスに来てから最初の1年で、我が家の書籍数は半数になりました。それでも書棚1架には収まっておらず、クローゼットに隠しています。空きスペースが出来たら飾り棚的に使うのもありだし、2架目が欲しいなと思いつつ、モノを減らしたいという気持ちとせめぎあうこと更に1年経ちそうです。

本の捨て方1、ゴミ箱に入れることで、作家への感謝を行動で示す

これは以前にも書いたかも??

知り合いが本はゴミ箱に捨てるのが、作家への感謝法だと言っていました。作家は、印税で作品からの収入を得ますが、古本屋に売って循環してしまうと、その分の印税が入りません。だから、本は積極的にゴミ箱に入れて、また読みたくなったら、また買うのが感謝(と敬意)の表し方だとのことでした。

これはとても納得できる説明です。

頭ではわかっていても、心が抵抗して、すぐに捨てられるようにはなりませんが、重要な第一歩でした。これを聞くまで、本をゴミ箱に入れることができませんでした。

本の捨て方2、自宅に人を招く

客人を招くとき、見られて恥ずかしいものを隠したことはありませんか?、本に関しては、隠すのではなく、捨ててしまうことにしました。

私の場合は、「そんなんだから結婚できないんだよ」などと思われそうな、ビジネス書、マネージメント&マーケ本、専門書、投資本をかなり捨てることが出来ました。

しかし、自分でも意外だったのは、ゲームソフトは、開き直って書棚に残したことです。間違った方の大人への階段を更に登ってしまった気分です。好きなモノはしょうがない、堂々としていよう!って、ゲームから卒業する気、ほぼないです。

本の捨て方3、絶版を心配する本だけ残す

これは最近パソを買ったときに感じた罪悪感に通ずるものがあるのですが、自分には活用できない身に余る、身の丈以上の持ち物を持つことに抵抗があります。

本に関しては、内容を忘れてしまっているものが多すぎると感じています。中の知識はとても価値があるものかもしれず、そしてその価値は劣化・減価を起こしません。それなのに私は内容をすっかり忘れてしまって上手く活用できていないことに罪悪感を感じてしまうというか、そんな感じです。それで、この状態のまま捨ててしまっていいのか迷うんですよね。

読んでいない本はないはずですし、覚えていないのであれば、その程度の本だから捨てちゃって大丈夫なんでしょうけれどね。

絶版になると入手できなくなるので、その点が心配になるほど面白かったものだけ残せばいいんでしょうけれど、本のほとんどがいずれは絶版になる気がする事と、最初に読んだときは面白いと感じなかった本が、読み返すとすごく面白く感じることがあるので、「今の私にわからないだけかもしれない」などと考え始めると捨てられなくなります。

このあたりの折り合いを上手くつけられるように訓練中です。続きはまた来月。

リビングに引っ越したら、快適で戻りたくない。

上の階の住人は大変騒々しい人たちで、週末になると寝室の真上の部屋でDIYのドリルがけをしていた時期があって、マットレスだけリビングに引っ越してそこで寝ています。

問題は音というより、そこでドリルがけをすると、ウチのサーキットブレーカー的な物が弛んで猛烈なノイズをたてるようになりコワイです。定期的に管理会社に頼んで修理してもらうのですが、毎週呼ぶわけにもいかないので、サーキットブレーカーから最も遠い部屋であるリビングに引っ越したのです。

上の階の人たちは、管理会社から怒られたのか?週末の工作を行わなくなったので、サーキットブレーカーが唸る事もなくなりました。しかしリビング生活が快適すぎて寝室に戻りたくありません。

というわけで、我が家の空き部屋は、2部屋になりました。
あはは。

今の状態って「1K」に住んでいる感じでしょうか?
かなり快適です。
寝室に「通う」のが面倒臭くなる感じ。


ところで、本日、「お金持ちの家は物が少ない」というブログ記事を見かけました。どういう状態をお金持ちと呼んでいるのか不明でしたが、貯金が増えるとモノが減るらしいです。

(心の声)お金持ちは家が広いし、プロ(お手伝いさん)が片付けてくれるから、スッキリして見えるだけだと思うけど…

それでも「貯金が増えるとモノが減る」というか、「モノを減らそうとすると貯金が増える」という部分には賛成できます。

今の家は、前の家の1/3の広さです。はじめはモノがごったがえって処分が大変でした。私の感覚では、モノを減らす事と生活レベルを下げる事が連動しているので、「モノが少ない」と「お金持ち」は全く連動していません。

本帰国後の目標「30平米」は、まだ遠い。モノを増やさない為に何も買えないな〜っと、ご飯だけ贅沢した休日のボヤキです。

試してみるだけのつもりが、ブログの引っ越し、強制完了!

デジタル断捨離の一環で、当ブログからBloggerへの引っ越しテストを行っていたのですが…


FC2からBloggerへの引っ越しテスト、失敗


記事の文字部分だけまるっとワード文書にかえられると人間用データの保存には楽なのですが、上手にHTMLを除く方法が見つからなかったので、仕方なくブログプラットホームを統一する事を考えました。

HTMLコードが少なめの2015年6月の記事をBloggerへ引っ越すテストを行ったのですが、アップロードがなかなか終わりません。調べてみたら、文字コードをEUC-JPからUTF-8へ変更するとか、txt形式をxml形式に変換するとか、いろいろやってみましたが、なにやら終わりませんでした。失敗。

ファイルはちゃんとxmlで書かれているように見えるのですけれどね~~。おかしいな~。


BloggerからFC2への引っ越しテストは、スムーズすぎ…


じゃ、逆はどうなの?ということで、Bloggerで書いた20程の映画鑑賞記録をダウンロードして、FC2へインポートしてみたところ、さくっと終了しました。テーブルデータも、なんちゃってJava Scriptも移植されています。凄い!

そして、下書きかどうかにかかわらず見事に公開されていました。ぎゃ~。やめて~。
8月に51記事も更新された感じになっています。どんま~い。

とりあえず、「映画好き」と「映画の鑑賞記録」というカテゴリーを作成し、放り込んでみましたが、そのうち不自然な部分を見直して修正したほうがいいかもしれません。(←備忘録)

このほかBloggerには、日常雑記222記事、投資関係備忘録72記事、仕事関係36記事分のメモが眠っているのですが、これらをバッサリ捨てる踏ん切りがつかないので、しばらく放置してみます。


なぜBlogger側に寄せたかったのか…


テンプレート改修で遊んだ楽しい思い出のあるFC2の方が愛着があるのですが、私のようなウェブ初心者には記事部分のHTMLがはっきり見えるBloggerの方がわかりやすくて好きなんです。

元気なうちに隠居できたら、書いたものをすべて集めて、えっちらおっちら気長にウェブサイトを作ってみたいんですよね~。ブログは記事が書いた順(時系列)に並ぶので、話が前後します。ウェブサイトだと並べ替えができて、読むときにスムーズなストーリーにできるんじゃないかと…。

先の展開を考えると、Bloggerのデータの方が私には触りやすいのです。達人級になれば道具は何でもいいんでしょうけれどね。

今回行ったことの備忘録として、メモメモ。です。

外国で一人暮らし、体調不良で動けない、そんな時に頭に浮かぶのは…

さびしくて、不安に押しつぶされそうになる…と、言いたいところですが、「断捨離と片付けが進む」というのが実際のところ。こういうところがダメなんだろうな~。


モノの断捨離は、既にサチュっている


「サチュる」というのは、英語のSaturated(=飽和状態)から転じて、物事が頭打ちになったり、それ以上どうにもならなくなっている時に使っています。和製理系スラング的なものです。

本日(11月23日)、体調不良でお休みをいただいて、横になっていたのですが、そういう時、このまま死んじゃったらどうしよう…っと不安になる大げさな人間です。

そんな時、頭に浮かぶのは、外国まで遺品整理に来ないといけない両親(多分実際には弟)の事。往々にして身体が縦にできるようになったらすぐに断捨離、片付けを開始します。体調不良の度に、死ぬどころか、生きる続けるのに居心地のいい環境に変わっています。複雑な心境です。

今回は、物理的に断捨離・片付けができる所が殆どなくなっていて、ちょっぴり感動したので、記念記事です。
(捨てられるものは沢山ありますが、離れられないという部分で、飽和点に達しております。外部環境が変われば、飽和点も変わりますが…)


デジタル断捨離


これは、横になっていてもできるので、ボチボチ開始いたしました。整理するにあたって参考にしたものは、最近ちらほら見かける「終活ノート」です。

参考資料・引用元、@nifty
エンディングノート 無料ダウンロード

「エンディングノート」とは、自分にもしものことがあった時のために、伝えておきたいことをまとめておくノートのことです。
残された家族が困らないように、「終活」の第一歩としてあなたの伝えたいことをまとめてみませんか?



私の財産について」の部分から開始したのですが、これでは断捨離はできませんでした。
興味津々だったエンディングノートですが、さほど面白くありませんでした。
結局、ただパスワード等をメモしただけで終了。
しかも、最終的にこの表を使いませんでした。
とはいえ、まとめる項目の参考になりましたので、引用は残します。
それから、財産はしばらく見ないうちに少し増えていました。ウヒヒ。


携帯電話、会員サービスなど」が難敵です。
テンプレート改修にはまっていた時期に登録したいろいろなサービスを削除しています。
「モノ」に対しては、いらないものを増やさない「断つ!」を心掛けていますが、使っているサービスが増えまくっているので、今後気をつけたいと思いました。

管理負担になりますからね。
がんばろっと。

断捨離、ようやく収納棚に隙間ができ始める

土地だけはたっぷりあり、やたら家がだだっ広い新興国、中・印からやってきたおのぼりさんは、家賃が高い先進国・イギリスに越してきて、小さくなった収納に大変苦労しております。


新興国→先進国のサイズ調整に1年超


引っ越してきてから、すべての荷物を収納棚に押し込めることができるようになるまでに1年以上かかりました。
最後の要塞を攻略した気分は…

その後も、ダイナミックな断捨離はもったいなくてできないのですが、ちまちまと廃棄したり、消費したり、続けた結果、どこもぎゅうぎゅう詰めだった収納棚に隙間ができ始めました。

うれしい~。
そうなってくると欲しくなってくるのが、下図みたいな感じの収納箱(化粧箱)とかラック類。
収納箱

HOME Large Water Hyacinth Wicker Chest and 2 Boxes - Natural

これまでは、こういうのに入れちゃうと、入りきれなかったんです。箱なし、袋なしで大きいものも小さいものも直にぎゅうぎゅう詰めでした。収納ボックスに入れた方が、棚の収納容量が減る、発見でした。

兎も角も、ようやく隙間ができてきたので、サイズを測って買っちゃおうかな~~なんて思っていたのですが、どうも断捨理的にはよろしくないようです。


断捨離マスターは収納箱を買わない?


不要なものが多いから、収納ボックスが必要になる。必要な物しかない家には、収納ボックスもいらないというロジックでした。

その限りではない気もしますけれど、一理あります。昨年、書棚、ローチェスト、ベッドサイドテーブルを追加で買って、収納を補おうかと考えたりしましたが、買わなくてよかった。買っていたら、荷物が減っていなかったかもしれません。

まだまだいらないものが多いのは確かですから、もう少し断捨理が進んでから再度考えることにしました。

とりあえず目指すのは、展示用の飾り棚のようなスカスカの収納棚でしょうか。
目指すは30平米に収まる生活サイズ!
遠いな~。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。