日本人の先輩

このページの記事目次 (タグ: 日本人の先輩 の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

鼻持ちならない自信家と機会損失

私は、基本的に自信家が大好きです。
あの人たちは強い!
理論武装が不要で、障壁が低い。


それでも、鼻持ちならない自信家は、存在します。
常に相手が間違えていると思っているタイプです。

双方ともに正解だけれども、現在のアセット、個人・チームの適性などを鑑みて最も効果が高いと思われる方法が、「現時点で」片方の意見に近いけれども、「将来的には」もう片方の意見が最適になる環境を目指したいようなことが多々あります。

また、「過去」には最適であっただろう方法が、「現在」は最適でなくなっているような事象も多々見られます。だからと言って、過去に意思決定を行った人が悪かったことにはならないのです。

自分が正解だと思うことと、相手が間違えていると思うことは、別のことなのです。

そして「相手が間違えている」という点を突き詰める必要はないと思っています。


赴任してからずっと、ある自信家に悩まされております。
「You misunderstood what I said」と書いていないメールはないと思います。

理解できないのは、常に私の方なのです。
私の意見は常に間違っている為、理解を改めるべきなのも、必ず私の方なのです。
どんな自信なんでしょうね?


先日、会議の後、議事録が回覧され、私の質問が正しく表現されていなかったので、修正をかけました。
そして私の質問に対する回答も、理解されうる最適な表現を持って修正されました。

それに対して、いつもの通り「You misunderstood what I said」と返ってきました。
続く内容も私の質問に対する回答ではなく、その方の発言復唱とその意図の補足です。
おかしいですよね?

会議の中で、質問の内容を正しく理解してもらうのに、15分ぐらいかかりました。
「XXの状況下、XXのような対処は物理的に可能か?」というYes/Noで回答できる単純な質問です。
議事録をみて、説明努力の後に、それでも正しく理解されていないことが判明し、がっかりしながら修正をかけました。
文書にすると少しわかりやすかったようで、反発が来ました。
「You misunderstood what I said」です。

その方がおっしゃったことが理解できなかったわけではありません。
私の質問とその回答とは無関係だったのです。

質問とは無関係な回答しか来ません。
なぜなんでしょうね?

こういうやり取りが1年ぐらい続いております。
問題の根源は、この方の盲目的な「自信」にあると想像しています。
自信の対象は「私が間違えている」という点です。
そして、「論破したい」と思っているのか、長文が返ってきます。


これがくると、上司に電話して、「自助的な解決の見込みはないが、あきらめるか?」とお伺いを立てます。

私の方ではあきらめ早く白旗あげてるだけなのですが、上司はどうしたことか、「私は論破したいと思えば徹底的に破壊することが可能だが、相手のメンツを重んじて身をひいている」と勘違いしてくれているので、上司の方でも相手のダメージを鑑みて、暗中に解決策・回答・決済をくれます。機会損失になるからです。機会は、商談、業務改善、プチイノベーションと様々ですが、疑問に思った当人の視点に共感することから始まります。その疑問に「機会」を見出し、規模とROIを評価するのが仕事です。「実行可能か?」は、「疑問」の次のステップです。これをうまくまわせておりません。「疑問」が間違えていると認定され、「回答」が得られないのです。

「長文を書いている時間(=ちいさい投資)」で解決する問題も多々あります。
現時点では需要が小さく「標準化せず、発生の都度対応」と決めるを事もあります。将来需要が増えれば、標準化や自動化をしていく必要がありますが、最初から標準化しなかったことについて責任を問う必要などどこにもありません。

誰かの「意地」の為に、「会議のための会議」「ご機嫌伺い」を行うことは、必要悪とは言えど、「悪癖」以外の何物でもなく、「組織成長の最大の阻害要素」であるという認識を上司と共有しているので、コントロール範囲内においては暗中に「直接解決」することが多く残念です。が、仕方がありませんね。

解決までのスピードとステップが短い柔軟な組織を理想としており、今の世の中に求められている正しいあり方だと思っている為、理想的なフローでなくとも、実質的な成功体験を積むことを優先しています。

但し、これも考え方が同じでない相手の方が間違えているのとは別の話なので、結局のところ、自分にできることを粛々と執行していく以外に方法はないのでした。

ぐちで申し訳ないです。共感してくれる人がいたらいいな~っと思い、書いてみました。
でもあれだな、こういう人にぶち当たる確率はかなり低く、「姿勢系」は被害は甚大なれど、範囲も度合いも評価不可能だし、ブラックスワンかもですね。


がっつり返り討ちにあう

がっつり返り討ちにしてくれる先輩がいるというのは、ありがたい事です。相手側に落ち度があってどうしても納得いかない事があった時は、この先輩を捕まえて、全力でぶーぶー言うと、毎回キッチリ返り討ちにしてくれます。


大抵の場合、誰が悪いとかの問題ではないんです。私が我慢できるかどうかの問題なんです。一切感情を挟む余地を残さず「将来をみて」「全体をみて」論破されると、半泣きになるので、みんなが帰った後、帰宅直前に相談します。(←儀式化してる?)
※まぁ、アメリカにいらっしゃるので、今は時差的にもちょうどいい感じです。インドの時は時差が12時間程で捕まえるのが大変でした。


兎も角も...
まっすぐ帰って、ふて寝して、掃除して、朝風呂入ったら、スッキリ前向き!
単純な構造に産んでくれて、ありがとう、お母さん!
毎回、疲れる儀式に付き合ってくれて、感謝です、先輩!

「それ見たことか」と言われたら、ムッとしますか?

私は、どんびきしました。

凹んでいる人をみたら「大丈夫?」なんじゃないの?
特に憧れている人が意地悪な事を言っているのはショックが大きいですよね。

幾つになっても他人に身勝手な幻想を抱いてしまっていて、笑えます。まぁ、人間臭くていいのかもね?と思えるまでに結構時間がかかったのでした。

まぁ、凹んでいた本人は、怒って「足を引っ張ってたのはあの人か〜〜」と、吠えていましたから、励まし方の一種かもしれません。



「在英国大使館からの注意喚起」メールが来ていましたね。議決の発表中継があった時点で割と大事かな?とは思いましたが、身が引き締まりますね。

(愚痴)私の部下が調子に乗って生意気だ?

部下を調子に乗せる、それが私の仕事なんですよ!
何なんですか?その上から目線!


「若い人が調子に乗って生意気な事を言ってくる」、そういう組織を狙って作ってんですよ!


ちょっと自信過剰になり過ちゃって失敗し、人に助けてもらって、ちょっと涙ぐむ。また成功して、尊大になる。返り討ちにあって、また助けてもらう。こういう事の繰り返しで、謙虚になっていくんですよ。国籍関係ないんですよ。


人が苦労して、わっっしょい、わっしょい、調子に乗せたのに、何引きずり下ろしてくれちゃったんですか?最悪の営業妨害ですよ。言っている意味わかりますか?


と、本人に言えないので、こんなところに書いてみた、パート2。

「甘える」とは、

江戸っ子には、甘えてみなはれ」の後、まだまだ考え中です。


うーん、「甘える」ラインでググっても埒があかなさそうなので、「対義語」とか「反対語」から理解を深めることにいたしました。

「強がる」「自立」「遠慮する」


私には「遠慮する」が一番しっくりきます。
上司に甘えるとは、「遠慮せずに言いたい放題ズバズバ言う」です。
アドバイス通りに甘えて、いろんな人にズバズバ言う事は、逆効果だろうと思います。


上司以外の人(先輩、同僚、部下)と話し合いをする場合、相手の逃げ場を2方向ぐらい開けておく様に心がけています。大分気を使っているつもりです。但し、後ろ向きには開けませんから、方向性が違うとそれでもぶつかってしまいます。

具体的には↓
「手抜きには目を瞑る」「特定の言い訳以外は呑む」「ウソもある程度、誤魔化されてやる」「論点がズレていても指摘しない」「ゴールの解釈が歪められても、大勢に影響がなければ、我慢」など。


「面子が大事」な中国での経験が染み付いています。相手が完全勝利を望まない限り、絶対に相手にとって悪い終わり方にはならないはずです。

行き詰まった状態で、3方向目を開けるのは、前に進めることを諦める様なものですから、相手か活動対象を変えます。その人はAvoidリスト入れて、他の人に頼むのです。


でも、それは先輩や同僚にとっては、「可愛くない」のかもしれませんね。
※部下にとっては「恐怖」っぽいので、進め方にはかなり気を使います。

「Aさんは、仕方ないな〜とか言いながらもやってくれるよ〜。もう一回頼んでみたら?」
確かに、上の様なフレーズを耳にします。

「結果が悪かった時に、グズグズ・失敗を期待されたのが失敗の原因かも?なんて疑って、再試行させられるのは、時間の無駄です。手間はかかるけど、前向きに対応してくれる人を探すか、これは座礁させておいて、別のプロジェクトを進めます。できる事は他にもたくさんありますから。」

↑そういえば私、よく上司にこういう事言っているかも。

この時に、「Aさんにもう一回頼む」の分岐ルートを進むのが、「甘える」でしょうか?
その場合、対義語は「遠慮する」ではないですね。「自立」でも「強がる」でもないでしょうね。


あ〜〜。
混乱してきました。
一旦、停止です。
中途半端な記事をあげてごめんなさい。
わっかりません。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。