日本語が下手

このページの記事目次 (タグ: 日本語が下手 の検索結果)

日本語の英語化パターン

日本に住みながら英語の勉強をするのってなかなか大変ですよね。英語圏に住んでいると英語の習得は格段に楽になります。そして母国語である日本語がお粗末になってきます。でもそれは私だけではないお仲間を見つけて、大喜びしました。喜びのあまり私のパターンを紹介します。


外国語に母国語が影響される7つのパターン


外国暮らしをしていても母国語レベルが衰えないかっこいい人たちがうらやましいです。

パターン1、単語が出てこない

「セグメント」「ペイロール」「プロコン」など、日本語であまり使ったことがなかった単語が調べないとパッと出てこないパターンです。カタカナ風に平坦に発音してみて、通じない…ことが発生したりします。

パターン2、便利なフレーズがこびりつく

「差不多(←中国語)」「More or less(←英語)」「大体(←日本語)」は同じ意味ですけれど、普段よく使う言語が優先して口からポロリな状況です。

パターン3、感嘆詞(感動詞)が外国語化する

How dare! What the heck! Really?など、気持ちを表す言葉まで侵食されている状態です。

パターン4、語順があやふやになる

「どこにある?ペン」「もう食べたよ晩御飯」など、短い文章はそのまま英文法のままで日本語化してしまいます。聞いたときにどのくらい違和感があるのか、よくわかりません。

パターン5、自己主張が激しくなる

以前と比べて自己主張が激しくなったつもりはないですけれど、主語を省かなくなる事によって、私・私・私と自己主張風になってしまいます。

パターン6、助詞が怪しくなる

まず、英語では助詞が入らない部分から助詞を抜くようになります。次に、これは個人的な自分ルールがあるっぽいのですが、英語が「to」だと「へ」、英語が「at」だと「に」など、英語側から変換した助詞を埋めるようになります。

または、中国語の「的」がはいる所をすべて「の」と変換するようになります。日本語の「の」は用途が多いのですが、中国語の「的」はもっと用途が多く、「の」だらけの日本語になります。

パターン7、接続詞など小さい言葉が英語のまま混じるようになる

「but」「or」「and」など、小さい言葉が英語のまま入るようになります。これは恥ずかしい…
しかも、指摘されるまで気づいていませんでした。

日本に帰ったら自然に直るかな?
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。