準備金

このページの記事目次 (タグ: 準備金 の検索結果)

イギリス赴任:最初の1.5ヶ月間にかかった費用は£6,311

私は、イギリス着任後の引っ越しの段取りが悪くて、住所が決まるまでに1.5ヶ月かかりました。それまで銀行口座が開けず、日本のクレジットカードで支払った金額は£6,311でした。


現地銀行口座を開くまでの支出内訳



ホテル: £3,981 (ca. £137/night for 30 night)
交通費: £830
食費: £1,000
その他: £500
合計: £6,311

そのうち経費精算可能でポンドで支払われたのが、£4,885です。

当時のクレジットカードのレートはポンド高+α(手数料)でGBPJPY190〜202でした。口座を開くまでの「準備金」として123万円の日本円が必要だったことになります。

ちなみに、今日のレートは159.80って、為替での敗北感が半端ないです。号泣。

※銀行口座を開けなかった理由など、反省点をまとめた関連記事:
家探しにあたってのメモ


日本のクレジッドカードの上限額を上げておけばよかった?


セキュリティーの為に日本のクレジットカード上限額を1枚50万円ぐらいに設定していましたので、いくつかのカードを工夫してやりくりしました。

日本のクレジットカードってほっておくと自動更新で上限額がどんどん上がっていくので、気づいたら都度下げるようにしています。海外赴任の間は、現地生活の設営が終わってしまうと殆ど使わないので、悪用されちゃってもすぐに気づけないですよね。低めに抑えておくに越したことはないと思っているのですが、今回ばっかりは自分で自分の首を絞めた状態でした…
ぐぇっ。

前任地、インドのデビットカードも持っている(閉じ損ねた)のですが、1日5万ルピーまでしか使えないので、やりくりが大変でした。


結果として、ポンド貯金額 > 手取り給与総額に!


「ポンド預金額」が、「ポンド手取り給与の総支給額」より多いのです!!

上記の初期支出のうち、経費精算可能でポンドで支払われたのが、£4,885です。
一方、ポンド口座からのその後の生活費支出額は、£3,174。

早期リタイアしたくて、自炊で生活費を節約しているので毎月£300で暮らせます!
と言いたいところですが、インドルピーをちょいちょい使っているので、ポンドが増えていっています。

個人的な通貨信用度は、

イギリスポンド>インドルピー

っと言うのは、間違いないのですが、ポンドも懸念要素が盛りだくさんなので、複雑な心境です…

※イギリスの節約生活ベースの家計簿の関連カテゴリー;
駐在員の家計簿


明日は、「UK赴任にかかった生活設営費」、です。
※上記から交通費、食費が引かれ、家を借りてからの費用、光熱費、カウンシルタックス等が加わります。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。