発音

このページの記事目次 (タグ: 発音 の検索結果)

英語の発音、難しいのはLとRではなく、「あ」

英語の発音、LとRに苦戦する人が多い??

これいつも不思議に思っています。私の場合は、LとRはあまり困っていないというか、誤解を呼ぶことはあまりないですね。子音だからちゃんと発音できていなくても、文脈的に想像できちゃうネィティブが多いのではないかと邪推しています。

私が苦戦しているのは「ʌ」の発音

月~水で出張帰りのとある木曜日、朝から通勤バスの中で、寝落ちしちゃって起きたらよくわからないところにいたんです。それで会社に電話して、Sorry, I fell asleep in the bus, and I shall be late for about 1 hour to arrive in the office.(ごめん、バスの中で寝落ちしちゃって、オフィスにつくのが1時間ぐらい遅れるね)っと、遅刻宣言をしたのです。

そうしてオフィスについたら、指の内側がシワシワになったんじゃない?っと聞かれました。はて?

聞き取った側は、Sorry, I feel asleep in the bath, and I shall be late...っと理解したんですね!

busは「/bʌs/」(バス)で、bathは「/bɑːθ/」(ばーす(th))です。全然違うのに…。boss「/bɒs/」ならまだしも。号泣。

実は、これだけじゃなくて、「あ」関係が勘違いを生むことが最も多いです。特に「u」を「ʌ」と読むパターンは、似たような「a」を「ɑ」と読ませる単語が存在することが多いのです。

他の例は覚えていませんけれど、「ʌ」の音は非常に多いですから、またすぐ発生すると思いますので、起きたら追記しますね。あはは。

勉強熱心な方は、↓をご覧になってください

イギリス英語の先生が教えてくれます。

早速、追記

本日、出社して、「私がuをうまく発音できない件、ブログに書いたんだよね~」と、言ったら…

同僚A あ~。Duckね。、同僚Bいや、Mugでしょう!っと、即時に例を浮かべてくれました。

Duck (/dʌk/)は、London Duck Tourが、London Dock (/dɒk/) Tourに聞こえたという。ありそうですけれど。

Mug (/mʌɡ/)は、欲しいと言ったら、同僚Aが壊れかけのパソコンの買い替えでMacbookのMac (/mæk/)、同僚Bは近所にウォーキングに出かけるときに着るMackintosh Coat (トレンチコートorレインコート)のMac (/mæk/)だと勘違いしたという…

いえ、ブログに書いたのはBus (/bʌs/)でした。どの例が面白いかは、個人の感じ方次第でしょうけれど、いずれにしても面白おかしく書けなくて残念です。でも、ʌの音に苦戦している感じは伝わっているハズ、なんて。

一番聞き取りづらいのは、インド英語じゃなかった!

ボストンは、夜明け前。
雲一つない空が黄みがかってとても綺麗です。


初めてのヴァージンエアは、なかなか快適だったのですが、座席の事前予約が出来ず、真ん中のシートでした。
※追加料金を払えば事前予約ができるらしいです。

ボストンで生まれ育ったおばちゃんとロンドンで生まれ育ったおじちゃんに挟まれて、ちょっぴり窮屈。その上、後ろのイギリス女子3人組が大分かしましく、タービュランスが怖くて、内1人が泣くしで、まぁ微妙な席でした。


本題に入りますと、機長はイギリス英語で、タービュランスが酷くなってくると、機内放送をするのですが、おばちゃんが、「なんて言っているのかさっぱりわからないわ〜」なんて言ってきます。それ以外のCAの機内放送は、なんかノンネィティブがちょっぱやで喋っていて、おばちゃんまたもや「やっぱり全然わからないわ〜」。

そしたらおじちゃんが「これは、私もわからない。英語じゃないよ。米語でもないの?」って。二人とも気になるらしく、CAの放送の度に固まって頑張って聞いています。

おばちゃん「ヴァージンって、英系よね。インド英語じゃない?」
おじちゃん「インド人沢山知っているけどこんな英語聞いた事ないよ。硬いよね音が。中国とか?」

私の心の声「はい。ほぼ確実に、日本人の英語です。ただ、日本人は大抵の場合、話すスピードが遅いので、聞き取りやすいです。話す速度が上がる前に、発音が矯正される傾向にあるので、こんなに強い日本語訛りを残したまま、こんなに高速で話せる人は初めてです。」

言えなかった...


というわけで、着陸30分前、同CAが案内した現地時間「3時45分」が聞き取れたのは、私だけでした。

私も発音矯正に語学学校行こうかな...

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。