程度の差

このページの記事目次 (タグ: 程度の差 の検索結果)

人生万事、程度の差

弟がそう言ったのを聞いたのですが、何処かから拾ってきたのか、自分でそう感じたのかわかりません。唯の事実なのに、じわじわ染みてきて、今では座右の銘です。


何事も、上には上が、下には下が、いるものです。私にとっては「羨む」のは、祝っているに近い感じです。但し「妬む」や「凹む」時もあり、気分転換が必要です。


そういう時は、その事柄の最高(大)値と最低(小)値を想像するようにしています。何れも「自分の想像力の限界」に挑み、「本当に其処が端なのか?地球は平面じゃなかったぞ!」と自分に問いかけます。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/地球平面説

地球は平面か?


↑こんなイメージです。私、この旅行者の気分。


想像を膨らませる事で気持ちがそがれるし、自分が凹んでいる対象が瑣末な事に思えるから不思議です。


同じ事を短い言葉で表現してくれた弟に感謝です。
一緒に育っただけあって、考えることが似ています。



※5分の日は明日にします。
スポンサーサイト
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。