積み立て投資

このページの記事目次 (タグ: 積み立て投資 の検索結果)

「白金」の何が悪い!!

「積立」の記事を書こうと思って、スレッドテーマを検索していたら、「純金•プラチナ積立」しか見つからなくて、思い出話を書いたというボツネタを復活。


金属触媒研究室の学生がバーへ行く


(基礎情報)
※金属触媒を研究している学生は、地金屋さんのレアメタル相場のサイトがお気に入りに標準装備だったりします。
※国家予算を大事に使うため、できるだけ安い時に買っていました。
※金属プレートを買うわけではありませんが、価格は相場に左右されます。


学生A: XX研究室の助手のZさん、金の積み立て始めたらしいよ。
学生B: 積み立てって、毎月定額で買っていくの?安い時にたくさん買ったほうがいいよね。結構違うもん。
学生C: うん、高い時は当面の必要量でカツカツで回す。安い時は余裕を持って多めに買う。これができないといくらあっても足りなくない?


学生A: いや、そうじゃなくて、結婚する時に、いいんじゃないかって...
学生O: えー!!!我々、全然違う化合物に変えることはできても、同じ組成のまま加工するのは厳しいよね?
学生B: うーん。鋳型とかやってる学科に友達でもいるんじゃない?


アートはわからないものと割り切っている?


学生A: なんでも、リスクヘッジって奴らしい、今の彼女と結婚したくなった時に金が高くなっていたらそのまま売るらしい。加工はしないんじゃないかな?
学生O: あ、オリジナルお手製指輪を作りたいってわけじゃないんだ。もっとアートな理由かと思っちゃったよ。
学生B: うん。「アート=わからないもの」だから、鋳型から頑張りますって言われても驚かないもんね。


学生A: どちらかというと、我々と同じように価格変動を気にしているみたいだよ。敢えて定期的に買うことで変動の影響を平均化するんだって…
学生O: 意味不明。ギャンブルだね。でも、それなら「白金」も積んどいたほうがいいんじゃない?金色が嫌いな若い女性いそうじゃん?
学生B: 金色嫌いな人は確かにいそう!それに「白金」の方が研究室での劣化懸念が低いんじゃない?結婚指輪ボロボロになりましたって、家に帰れないよね。どうしても定額で積みたいなら、むしろ「白金」の方がいいよ!工業的な需要もあるから価格は上がっていくと思うよ。いや、あがってほしいわけじゃないのかな?さっさと結婚するっていうのが一番の解決策な気もするよね。


オシャレなワードを知らない...


バーのお姉さん: 「白金」って、「ホワイトゴールド」なら、「18金」より安いと思うから、結婚用に積み立てるなら「金」の方がいいかもしれませんよ。

学生A: ...(ホワイトゴールドってなんだろう?)
学生O: ... (遷移金属じゃないよね?まさか希土類?)
学生B: ... (ダイアモンドの炭素をところどころ窒素に置き換えると黄色になる感じ?)


学生A: プ、プラチナって、どうですか?

バーのお姉さん: 「プラチナ」は、1番高いから、1番喜ぶと思いますよ!


学生A: !!!(値段なのか?)
学生O: !!! (値段なのか?)
学生B: !!! (値段なのか?)


学生の頃からして、社会的な競争力に乏しい感じです。
会社勤めをした事がない先生が打ちひしがれても仕方がありません。
※関連記事: 同窓会に行けない人


私は社会人になってからも似た様な失敗をいたしており、オシャレ系ネタは、口を貝のように閉じて、聞きに徹しています!
※関連記事: 全く別の話をしているのに、なんだか噛み合っていた不思議な会話


化学系の学生にはオシャレな人も多いので、彼ら彼女らにご迷惑をかけると嫌だなと思って、ボツにしたのですが…
やっぱり、後で引っ込めるかもしれません…
スポンサーサイト
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。