緑茶

このページの記事目次 (タグ: 緑茶 の検索結果)

6大茶(緑茶、白茶、黄茶)

茶飲み仲間を募集中!の割にお茶の話を書いていませんので、たまにはね。

お茶にはまったのが上海駐在時なので、中国茶に親しんでいますが、中国茶って銘柄だけではなくて、種類が多いんですね。


中国6大茶


日本人にも知られている可能性が高い分類は、6大茶(緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶)と花茶で、製法とか発酵度によってわかれるみたいです。中国でも唐~明の時代の前は主に緑茶が主流で、明、清あたりから白茶、黄茶、ウーロン茶(青)、紅茶などが発展したとお茶屋のおばちゃんが言っていた気がします。

※歴史は詳しくないので、勝手な想像ですが、国際交流の乏しかった時期に発展したお茶は日本ではあまりメジャーになっていなくて何となくうなずけます。


緑茶


無発酵のお茶です。杀青(発酵を止める)→揉捻(揉む)→干燥(乾燥する)の3ステップなのですが、実際のところ揉んでないものの方が多い感触です。発酵を止めるための過熱方法(炒青、蒸青、泡青、辐射杀青)は、中国では炒る、日本では蒸す、がそれぞれ主流だと聞いています。80度~85度の低温で抽出されることが多いようです。

このカテゴリーで最も有名なのは、西湖龙井(=龍井)かな。浙江省の杭州市のお茶で、上海では最もよく見かけるお茶です。現地の取引先や知人からいただくものも、龙井が圧倒的に多いです。日本の様に急須に入れてできるだけ水を切っておく感じじゃなくて、グラスに入れてぷかぷか浮いているのをより分けながら飲む感じです。(正直飲みにくい)

個人的には、緑茶だと碧螺春(ぴろちゅん)が好きです。江蘇省蘇州市のお茶です。超毛深いです。揉んでますから、干茶の形はいびつですが、淹れて開いた後は他の緑茶と同じ見た目になります。香りがフルーティーな気がしますが味オンチなので、あまり信用しないでください。抽出温度が70~80度と他の緑茶と比べてもより低温で抽出して飲みます。親戚によると、昔の日本人が自家栽培していたお茶の素朴な味に似ているらしいです。(フルーティーどこ行った?)


白茶


微発酵のお茶です。炒ったり、蒸したり、揉んだりせずに、そのまま日晒したり弱火で乾燥させるだけなので、干茶の形が落ち葉みたいなものもあります。抽出温度は90度ぐらいの感触です。

香港でメニューに必ず載っている寿眉(しょうめい)の大ファンで、お茶屋のおばちゃんに聞いたら、中国本土では白牡丹と呼ばれているとか言っていましたが、寿眉は福建省南平市、白牡丹は福鼎市なので産地も微妙に違うみたいだよおばちゃん…って感じです。

私が勝手に白茶だと想像しているお気に入りのお茶は、普洱芽苞(ぷーあるやーばお)です。最高に毛深いです!作りたては最高にフルーティーな香りです。お湯を注ぐと香りが立って、飲まないで満足しちゃう感じです。生産年に飲むのが最高においしいと思うので、邪道なのですが、プーアルの芽は餅型でも売っているので、経年変化を楽しんでいます。保管期間が長くなればなるほどプーアル臭がついてきます。2年も経つとお湯を注いだときのフレッシュな香りがなくなってしまう変わりに、薄いプーアル茶へ変わっていきます。それはそれでニヤリとなります。(通な茶人から溜息つかれそうです。)


黄茶


緑茶を作るのと同じように、杀青(発酵を止める)→揉捻(揉む)の後に、うまいこと乾燥できなくて発酵して黄色くなっちゃった的なお茶だと理解しています。もちろん、今となっては、分杀青→摊放→初烘→复摊→初包→复烘→再摊放→复包→干燥というような長い過程をコントロールすることで「うまいこと乾燥させない」で、弱発酵させたのち、しっかり乾燥という製法なんだと思いますけれど。

正直この区分のお茶はあまりよく知りません。私の中では白茶ほどのインパクトがなくて…

君山银针とかが有名なんだと思いますが、湖南省に行ったとき、スパイシーすぎる湖南料理に耐えられず、ずっとお腹を壊していて、お茶どころじゃなかったんですね。土の色が真っ赤で火星みたいだと思ったことしか覚えていません。


既に長文なので、青茶、紅茶、黒茶、花茶などの続きはまた。
関連記事:6大茶(青茶、赤茶、黒茶)




中国茶に興味がある方は下記、wikipediaの説明を読んでみてください。基本的なことがいい塩梅に網羅されていると思います。
https://ja.wikipedia.org/wiki/中国茶
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。