腰痛

このページの記事目次 (タグ: 腰痛 の検索結果)

2ヶ月弱で5kg減量。本人的には大満足。

体重2016-2-25

今日は5分の日です。

1月10日にダイエットを始めてから2月足らずで、太った分の半分程度を戻せたのは、驚きであり、大満足です。(←自分に甘い)

ブログで進捗を確認、報告している事が、コミットメントにつながっているのかもしれません。
或いは単に腰が痛くて、大変困っているだけかもしれません。

腰痛は「日常生活のふとした動きの中で、痛みが走る事がある」という程度まで治まってきていますが、完全に忘れていられるほど治癒できていません。もう少しだと信じたいです。

ダイエットの方は、これから停滞期に入ったり、リバウンドしたりを経験するのだと思います。
今回はそれなりに知識をつけてそれらに臨めるのは、ダイエット界の皆さんの遺して下さっている記録のおかげですね。
ありがたい事です。



スポンサーサイト

会社を休んでも、ウォーキングは休まない。

なんせ、腰痛はとどまるところを知らないのだから。
どう考えてもおかしい。
体重はかなり落ちているはずなのに、痛みはちょっとしか減らない。
Never mind...

通行止め

Thames Pathの北側を散策してみたくて挑戦する事、4日目です。
通行止めで進めませぬ。何があったかというと、

One old peculier

One Old Peculier号(←)が座礁しているのです。

Botley road沿いに西へ向かうと、昨日の写真のwaitroseがありますが、そこから更に2バス停ほど西に進むとBotley Retail Parkです。地味ですが、Argosの倉庫とか、Toys“R”Usとか、インテリアショップ、ホームセンター、電気屋さん、家具屋さんがなどなどが沢山ありますから、家具など物を見てから買いたい人にはオススメです。



市内からバスで行く人は、Lamarsh Roadで降りると便利です。
そして、帰りは、自転車に跳ねられないように気をつけてください←
(ぼーっとしている私が悪いね...)
Lamarsh road

激太り11kg増で、腰がボロボロな件

隠すのが面倒臭いのでどーんと公開しちゃうとですね、昨年インドから帰ってきた時の体重が50kgで、今61kgなんですね。

この50kgと言うのは、大学入学から就職までの8年間0.2kg幅で増減していた1番体に馴染んだ体重です。


人生初の激太りは、入社から半年で7kg増で、やはり腰痛に耐えられなくなってダイエットしました。運動嫌いの私ですが大学院の研究室生活は肉体労働ですから強制的に体を使っていたのがオフィスワークに変わって太っちゃったんですね。単純。

当時もお洒落さんではないので、太った事自体は気にしていなかったのですが、腰にきて病院に行ったら、運動して痩せなさいと言われたという...痛みがひどくて鎮痛剤のボルタレンテープがなかったら会社行けなかったと思います。で、52kgまで落としたら腰痛が治ったという。赤面。


めまいと耳鳴りの時も運動不足と言われて、ヨガはじめたら治ったんですよね〜〜。大嫌いだけど大事です、適度な運動。


兎も角も、今回も太ってきた事は判っていたのですが、スーツ着れなくなると新調しなければならなくなるので困るな〜ぐらいの感覚でした。腰痛の方もまた認知はしていたのですが、新しいベッドが合わないのかな?マットレス買いなおそうかな〜とか考えていました。(いや、認めたくなかっただけで、うすうす感づいていたかも。)


で、とうとう詰みました!
帰国の12時間のロングフライトの翌朝、腰痛で起き上がれなくなりました。3日目までよちよちしか歩けませんでした。休暇台無しです。想像するにいつものフライトウェアが窮屈で腰を圧迫していたのではないかと...

慌てて体重を測ったら、61kgで、昨年2月からプラス11kg。どうせ運動不足と言われるだけなので、病院へは行きませんでした。鎮痛剤は効いている間、無理な動きをして悪化するので、腰痛に限っては痛みとの対話を望んでいます。


1. 腰への負担を避けるために体重を落とす
2. 腰をサポートすべく体幹系の筋肉を鍛える


状況が悪いので、いきなり腹筋や背筋を鍛える運動は避けないといけないでしょう...

前回の経験から、今できる事は家から徒歩30分の乗り換え地点まで「毎日30分〜1時間歩く」程度です。痛みの状況を見ながら「ヨガの軽いストレッチ」を開始し、「ヨガのフルストレッチ」ができるようになったら、「Xbox360のDance Evolution」(名作!)の様なテンポの速い有酸素運動(ジョギングは嫌い)を経て、「筋トレ」段階へ進む。

※前回例: 「退勤時、日本橋→上野を徒歩」(朝はカラスが多くて怖かった)と「ジムのプールで歩く⇆ジャグジープールで葛飾弁のお年寄り達に励まされる」を2時間x週3回で、痛みが弱くなってきたら、「ピラティスコース」とやらにたまに参加し、痛みがなくなったら「泳ぎ」はじめたものの、筋トレとかランニングはキツイからよしといた。

というわけで、2016年の活動目標は若干の修正が必要な模様です。



よたよた歩いている私を気の毒に思ったのか、日本の友人は、「太ったら腰にくるというのは、成人病ストッパーみたいなものでいい面もあるよ!」と励ましてくれました。

そう、いい面を見よう。いい面だけを!
号泣。


申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。