英語

このページの記事目次 (タグ: 英語 の検索結果)

total 4 pages  次のページ →  

英語の勉強におススメ!?、英語版でFF15の2周目プレイ

FF15のレビューを書いた後、パーティーメンバーで一人だけ話し方(方言)が違うイグニスの出身地が気になって、調べたんですよね~。そしたら、意外な事を発見しました。

FF15の英語版は神ゲーらしい!?

英語版しか知りませんが、神ゲーだとは気づきませんでしたね。苦笑。

日本語記事では、特にプロンプトは、日本語と英語で全然キャラの印象が違うらしいです。すっごくいい子ですよ。プロンプト。一人だけ普通の子(名門じゃない)で、やさしいし。

逆に英語の記事には、イグニスとノクトの関係が、日本語では凄くカジュアルで、英語では親しき中にも礼儀がある話し方という違いはよろしくないとかなんとか、書いていました。

英語版の方が良さそうだと噂されているみたいなので、情報を参考に2周目以降も日本語版には挑戦しないことにしました。

とりあえず、英語版は、イグニスは外国人っぽいです。一人だけイギリス英語です。シドとシドニーの話し方がハンマーヘッド弁、ルーナ、レイブス(ルーナ兄)の話し方をテネブラエ弁とすると、イグニスの出身国は、テネブラエ側に近いと思われる感じの訛りです。

そういう意味で、イグニスのDLCは遊んでみたいかも。

言語の違いが全く違う印象を与えると問題視されるレベル

それって、英語の勉強にはいいかもしれないなっと思っちゃいました。特に2周目なら、一回遊んで、ストーリーも操作方法もわかっているので、"神ゲー"を堪能し、なおかつ英語も勉強するって、普通に2周目を遊ぶより楽しいかもです。

街中でも、ドライブ中でも、フィールド上でも、何かしらしゃべっていますし、繰り返しが多いですから、反復効果もあって定着しそう。ネイティブが話していますから、独特のリズムも事前につかめますし。日本語アニメボイスみたいに、下手に学んじゃうと痛い感じの話し方ではなくて、いいと思います。

※日本語アニメボイスは、声だけじゃなくて、普通の日本人が使わない表現が結構多いので、学習者にはおススメできません。「おまえさ~」っとか言われたら、普通の日本人からはぎょっとされそうです。

英語の勉強っていうと、大げさかもしれませんが、RPG好きで英語学習中の方は、楽しいかもしれません。

英語スキルか?、料理スキルか?

今は株式投資をしていないので、ノーポジです。いまだにちょっと寂しいです。

ポジションをとるのは投資だけではなく、持ち家派vs賃貸派みたいな万年ホットトピックにおいて、自分の立場をはっきりさせるのも、ポジションをとっていることになります。

いろんなことが、「どっちでもいいや」な私は、読んでいて楽しいながらも、自分には意見がないことが多いです。というわけで、後者の意味でのポジション(自分の立ち位置)を明確にするコーナーを設けてみました。

英語スキルか?、料理スキルか?

ポジションを取るきっかけになったのは、「英語スキルか?、料理スキルか?」という最近受けた質問でした。これは簡単です。既に英語スキルのポジションを取っていますから。

料理初心者で帰宅してから料理するのは気が重いという話をしたら、もし、英語スキルと料理スキルを交換できるとしたら、どうするか?っと聞かれました。

料理は今までできなくても生きてこられたけれど、英語スキルがないと今の仕事はないから、交換できないよ。っと答えたらびっくりしていました。それまで英語は大事!っといろいろな場面で聞いたけれど、最も説得力があったそうです。でも、これ、褒められた気がしないのは、何故だろう…。ま、いいけど。

食べられないレベルの料理を作るのは、逆に難しい?

話は変わりますが、私が料理を始めたことが実家で話題になっているようです。久方ぶりに連絡を取った弟から、最近、料理しているんだって?っと聞かれてしまいました。「ドジっ子料理大失敗!みたいな出来事って意外にないもんだね。食べられないようなものはできないから、ブログネタにもならないよ。」っと返したら、笑っていました。

シンプルな家庭料理なら、食べられないレベルの料理を作るのは、逆に難しいそうです。お客さんを招いたりするからと、手の込んだ料理を作ろうとしたときなどに、とんでもなく明後日の方向に進んだ料理が誕生することもあるらしいです。

上級レベルにならないと、失敗もしないというのは、面白いものですね。料理って。

英語の発音、難しいのはLとRではなく、「あ」

英語の発音、LとRに苦戦する人が多い??

これいつも不思議に思っています。私の場合は、LとRはあまり困っていないというか、誤解を呼ぶことはあまりないですね。子音だからちゃんと発音できていなくても、文脈的に想像できちゃうネィティブが多いのではないかと邪推しています。

私が苦戦しているのは「ʌ」の発音

月~水で出張帰りのとある木曜日、朝から通勤バスの中で、寝落ちしちゃって起きたらよくわからないところにいたんです。それで会社に電話して、Sorry, I fell asleep in the bus, and I shall be late for about 1 hour to arrive in the office.(ごめん、バスの中で寝落ちしちゃって、オフィスにつくのが1時間ぐらい遅れるね)っと、遅刻宣言をしたのです。

そうしてオフィスについたら、指の内側がシワシワになったんじゃない?っと聞かれました。はて?

聞き取った側は、Sorry, I feel asleep in the bath, and I shall be late...っと理解したんですね!

busは「/bʌs/」(バス)で、bathは「/bɑːθ/」(ばーす(th))です。全然違うのに…。boss「/bɒs/」ならまだしも。号泣。

実は、これだけじゃなくて、「あ」関係が勘違いを生むことが最も多いです。特に「u」を「ʌ」と読むパターンは、似たような「a」を「ɑ」と読ませる単語が存在することが多いのです。

他の例は覚えていませんけれど、「ʌ」の音は非常に多いですから、またすぐ発生すると思いますので、起きたら追記しますね。あはは。

勉強熱心な方は、↓をご覧になってください

イギリス英語の先生が教えてくれます。

早速、追記

本日、出社して、「私がuをうまく発音できない件、ブログに書いたんだよね~」と、言ったら…

同僚A あ~。Duckね。、同僚Bいや、Mugでしょう!っと、即時に例を浮かべてくれました。

Duck (/dʌk/)は、London Duck Tourが、London Dock (/dɒk/) Tourに聞こえたという。ありそうですけれど。

Mug (/mʌɡ/)は、欲しいと言ったら、同僚Aが壊れかけのパソコンの買い替えでMacbookのMac (/mæk/)、同僚Bは近所にウォーキングに出かけるときに着るMackintosh Coat (トレンチコートorレインコート)のMac (/mæk/)だと勘違いしたという…

いえ、ブログに書いたのはBus (/bʌs/)でした。どの例が面白いかは、個人の感じ方次第でしょうけれど、いずれにしても面白おかしく書けなくて残念です。でも、ʌの音に苦戦している感じは伝わっているハズ、なんて。

外国人から見た日本、土下座って本当にするんだ!

土下座は英語で、Kneel down to the groundとかBow down to the groundらしいです。強烈な印象を残す日本文化ですよね。

耳を疑った!

とある国際線ターミナルのリムジンバスのバス停に二人の日本人男性がやってきました。
片方の男性がたばこを取り出し、もう片方の男性が1本くださいと、お願いしました。

そうしたら、土下座っと、たばこを持っている方の男性がつぶやきました。
もう片方の男性は、普通に土下座して、たばこを1本いただけませんでしょうか?っと、お願いしていました。

!!!?

たばこを持っている男性は、持っていたたばこの箱を地面に放り投げました。
貰う方の男性は、それを大事そうに拾った後、もう一度ありがとうございますっと土下座をしていました。

こっちをみないで~

そこにいた部外者は、欧米系、アフリカ系の顔の人たちで、アジア系は私だけ。
皆無言で、視線を私に集めます。

私も土下座をしている人を見たことがなかったので、素でビックリ顔を隠せません。

2人が喫煙ルームに入った後、seriously?(=マジっすか?)っと思わずつぶやいた欧米顔外国人に、I can't believe what I have seen!!(=目を疑ったよ!!)っと返すアフリカ顔外国人。

そして、また私に視線が集まります。
いや、こっちを見られても…

It was genuinely surprising to me. This is the very first time in my life to see someone actually bowing down to the ground!
(=いやほんと驚きだよ。実際に誰かが土下座するのを見たのは人生でこれが初めてです!)

しかも、たばこ一本のため??

ご本人たちは、冗談のつもりだったのかもしれません。
外国人の目を意識した不思議パフォーマンス?
いやいやいやいや。

ディスカバリーチャンネルのドッキリ企画かもしれないと、思わずクルーを探しました。

生涯に1度、起きるか、起きないか?
そんな頻度でしか使わない表現であってほしいです。

外国人から見た日本、コンビニのサービス凄い!

「袋をお分けしますか?」は英語で、Would you like separate bag for hot and cold stuffs?で、いかがでしょうか?

袋を分ける心遣いに、アメリカ人びっくり!

数年前、日本本社で開かれるグローバル会議の際に、アメリカ人同僚たちとコンビニへ行きました。
お会計を済ませて待っていたら、同僚の一人がもたもたしています。

コンビニの店員さんにレジ袋を分けるかどうか聞かれているのを理解できなかった模様です。
英語での会話なので、コンビニの店員さんが英語で伝えられなかったというのが正確な表現でしょうか?
私が説明して、「分けなくてよい」事を確認して店を出ました。

そのアメリカ人同僚曰く、そもそも、袋を分けるかどうか聞かれると思っていないから、推測力がそっち側に働かなかったんだよね~。日本のサービス凄いよね~。っと、感動していました。

アメリカでは、袋はどこですか?と聞いて、自分で詰めるらしいです。
イギリスでは、袋はいりますか?と必ず聞かれますが、有料です。

コンビニ店員さんが追いかけてきた!

コンビニ店員さんが、追っていたのは私でした。
私はまた同僚が品物を忘れてきたとか、そういう事かと…

用件はなんと『袋をお分けしますか?』を英語で書いてもらえませんか?と、紙とペンを渡されました。
私が説明しているのを聞き取りたかったけど、わからなかったそうです。

それで、冒頭な感じで書いてお渡ししました。
同僚も「英語が苦手で、短く言いたいならSeparate bag?で十分だよ!」なんて、アドバイスしてくれていました。

並んでいた人たちのレジを終えて、別の店員さんに声掛けして出てきたらしいです。
そして、走った!!らしいです。

真面目なコンビニ店員さんに皆でびっくり

え~!!!
ネットでいくらでも調べられるだろうに…

じゃ、なかった。

今時の東京のコンビニって、外国人が沢山やってくるんじゃないかと思うので、おそらく新人さんだったのでしょうね。
なんというか、熱心に仕事を覚えようとしている姿が凄いですよね。
真摯な感じ?

素晴らしいね、日本!!!
私の国では、レジ店員はやる気ないよ。どんな人でも英語を勉強しようとしているんだね。云々。

私も暖かいものと冷たいものを一緒に買ったけど、それ聞かれなかったよ。と、がっかりして翌日もコンビニに通う同僚がでました。

いいサービスを提供しようとする、素晴らしい姿勢が、いたるところに行きわたっていることが感動を呼んだみたいです。

私的には、かなり珍しい体験なんじゃないかと思ったんですけれどね。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。