英語

このページの記事目次 (タグ: 英語 の検索結果)

total 3 pages  次のページ →  

外国人から見た日本、土下座って本当にするんだ!

土下座は英語で、Kneel down to the groundとかBow down to the groundらしいです。強烈な印象を残す日本文化ですよね。

耳を疑った!

とある国際線ターミナルのリムジンバスのバス停に二人の日本人男性がやってきました。
片方の男性がたばこを取り出し、もう片方の男性が1本くださいと、お願いしました。

そうしたら、土下座っと、たばこを持っている方の男性がつぶやきました。
もう片方の男性は、普通に土下座して、たばこを1本いただけませんでしょうか?っと、お願いしていました。

!!!?

たばこを持っている男性は、持っていたたばこの箱を地面に放り投げました。
貰う方の男性は、それを大事そうに拾った後、もう一度ありがとうございますっと土下座をしていました。

こっちをみないで~

そこにいた部外者は、欧米系、アフリカ系の顔の人たちで、アジア系は私だけ。
皆無言で、視線を私に集めます。

私も土下座をしている人を見たことがなかったので、素でビックリ顔を隠せません。

2人が喫煙ルームに入った後、seriously?(=マジっすか?)っと思わずつぶやいた欧米顔外国人に、I can't believe what I have seen!!(=目を疑ったよ!!)っと返すアフリカ顔外国人。

そして、また私に視線が集まります。
いや、こっちを見られても…

It was genuinely surprising to me. This is the very first time in my life to see someone actually bowing down to the ground!
(=いやほんと驚きだよ。実際に誰かが土下座するのを見たのは人生でこれが初めてです!)

しかも、たばこ一本のため??

ご本人たちは、冗談のつもりだったのかもしれません。
外国人の目を意識した不思議パフォーマンス?
いやいやいやいや。

ディスカバリーチャンネルのドッキリ企画かもしれないと、思わずクルーを探しました。

生涯に1度、起きるか、起きないか?
そんな頻度でしか使わない表現であってほしいです。

外国人から見た日本、コンビニのサービス凄い!

「袋をお分けしますか?」は英語で、Would you like separate bag for hot and cold stuffs?で、いかがでしょうか?

袋を分ける心遣いに、アメリカ人びっくり!

数年前、日本本社で開かれるグローバル会議の際に、アメリカ人同僚たちとコンビニへ行きました。
お会計を済ませて待っていたら、同僚の一人がもたもたしています。

コンビニの店員さんにレジ袋を分けるかどうか聞かれているのを理解できなかった模様です。
英語での会話なので、コンビニの店員さんが英語で伝えられなかったというのが正確な表現でしょうか?
私が説明して、「分けなくてよい」事を確認して店を出ました。

そのアメリカ人同僚曰く、そもそも、袋を分けるかどうか聞かれると思っていないから、推測力がそっち側に働かなかったんだよね~。日本のサービス凄いよね~。っと、感動していました。

アメリカでは、袋はどこですか?と聞いて、自分で詰めるらしいです。
イギリスでは、袋はいりますか?と必ず聞かれますが、有料です。

コンビニ店員さんが追いかけてきた!

コンビニ店員さんが、追っていたのは私でした。
私はまた同僚が品物を忘れてきたとか、そういう事かと…

用件はなんと『袋をお分けしますか?』を英語で書いてもらえませんか?と、紙とペンを渡されました。
私が説明しているのを聞き取りたかったけど、わからなかったそうです。

それで、冒頭な感じで書いてお渡ししました。
同僚も「英語が苦手で、短く言いたいならSeparate bag?で十分だよ!」なんて、アドバイスしてくれていました。

並んでいた人たちのレジを終えて、別の店員さんに声掛けして出てきたらしいです。
そして、走った!!らしいです。

真面目なコンビニ店員さんに皆でびっくり

え~!!!
ネットでいくらでも調べられるだろうに…

じゃ、なかった。

今時の東京のコンビニって、外国人が沢山やってくるんじゃないかと思うので、おそらく新人さんだったのでしょうね。
なんというか、熱心に仕事を覚えようとしている姿が凄いですよね。
真摯な感じ?

素晴らしいね、日本!!!
私の国では、レジ店員はやる気ないよ。どんな人でも英語を勉強しようとしているんだね。云々。

私も暖かいものと冷たいものを一緒に買ったけど、それ聞かれなかったよ。と、がっかりして翌日もコンビニに通う同僚がでました。

いいサービスを提供しようとする、素晴らしい姿勢が、いたるところに行きわたっていることが感動を呼んだみたいです。

私的には、かなり珍しい体験なんじゃないかと思ったんですけれどね。

湯たんぽは英語でHot Water Bottle

イギリス人も大好きな湯たんぽ


イギリス人の冬の友、湯たんぽ。
Hot Water Bottleって、そのまんまで、わかりやすいですね…。
人間用だけじゃなくて、電子レンジで温められる動物用も存在するらしいです。


John Lewisのサイトより;
John Lewis, Hot Water Bottles & Covers


私も今年はイギリスでゆたんぽを購入しました。
私が購入したのは、↓(£18.00)です。
湯たんぽ1


John Lewisでは、こんなものまで2年保証!
容量は2L。
と、書かれてもピンとこず、少々不安を抱えながら受け取りに行きました。


大きさをお伝えするのに最近のお気に入り、ピスタチオを置いてみたのですが、逆にわかりにくいですね。メガネケースも置いてみました。
湯たんぽ2


ニットカバーのが欲しかったのですが、顔とか腕とかに型がつきそうなので、フリースタイプ…
いいんです。
暖かければ。


中味はゴム製みたいです。
子供の頃、実家で使っていた氷枕に似ています。

同僚が会社でお湯を入れてお腹に乗せているんです。
これには氷を入れたりするのかと聞いてみたのですが、イギリスでは氷は入れないみたいです。


ゆたんぽ欲しいな~っと思っていたのですが、購入額が£18.00だと、配達料が£3.5、最寄waitroseでclick&collectでも£2かかります。John LewisでPS4を発注するにあたって、合わせて購入することで、配送費は無料になりました。←節約術のつもり。



ゆたんぽはイギリスっぽい??


湯たんぽを買った話をしていたら、「のろのろ、ぐいぐいイギリス人化してくるね。」と、言われました。
イギリス人的には、湯たんぽは「とてもイギリスっぽい」らしいです。
会社に持ってきて温まっている人たちですからね~。

湯たんぽの起源を調べたところ…


株式会社ソネヤ「湯たんぽ豆知識」より引用;
◆湯たんぽの起源は?
中国では唐時代から、日本では元禄時代には存在したらしいです。もとは本焼きの陶器が一般的でトタン製の湯たんぽは、大正時代末期以降に普及しました。


特にイギリス人風じゃない気がしたのは間違いではなかった模様です。
どの大陸の人も思いつく感じのあったか道具みたいですね。

「私は外国人なんだな~」っと強く感じるとき

本日は久しぶりにclassyな集まりに参加して、肩が凝りました。


自分が外国人だと感じるとき


一番強く思うのは、40~50人中、外国人が自分だけだったとき、です。

本日の集まりは、40人ぐらいだったかな?
アジア系の顔は私ひとりでした。アクセントから「英国人じゃないかもね?」と思う人はちらほらおりましたが、基本「The 英国人」みたいな人達しかいない集まりでした。「頭脳明晰」な感じの人が多いけれど、「ポッシュ」な感じはしない集まりです。

皆さんSouth England系の話し方でした。まぁ、超ローカルな集まりなので、そんなものでしょう。私はなんで呼ばれたのかよくわからないまま、オーガナイザーと知り合いだったので、とりあえず参加しました。

私もこういう状況に置かれた時だけは、「日本+中国+インド+ブリティッシュ」の正体不明の訛りを控えめに、「純サウスイングリッシュ風」に話すことを心掛けます。付け焼き刃なので全然できていないですけれど…
心意気。ね。心意気。


ロンドンでは、英国人の方が少なく感じた


昔、ロンドンに住んでいた時は、英国人ってどこにいるんだろう?っと思っちゃうぐらい、外国人コミュニティーに浸かっていました。変わった人がいっぱいいて楽しかったな~。

イギリス生活って、こういう部分を楽しみにしていました。しかし、会社員やっていると新しい人に会う機会なんて、積極的に作らないとゼロですね。あったとしてもネット上のブロガーさんたちが面白すぎて(興味のあるものを選んで読むからですが)、リアルで会う人達って、かすんじゃうんですよね~。


日本人会


もう辞めちゃったイギリス人同僚が、「日本人コミュニティーに入った方がいいよ!」っと、心配してくれていたのですが、未だにアクションを起こしておりません。


友達作りというよりも、仕事的に日系企業同士のネットワーキングはあった方がよいでしょうね。
会合の頻度とかがわからないので、多忙の間、入り損ねていました。

暇になることなんてなさそうだし、どこかで重い腰を上げた方がよいのかな~?
どうしようかな~~。

あさイチでマウスを買いに行った

ん? NHKのテレビ番組とは関係ありません。


マウス不用論を(自己内)修正



マウスはもう5年ほど使っていませんでした。
会社で支給されているラップトップも、プライベートのダイナブックも、タッチパッドで作業しています。
ほぼ困りません(でした)。


そもそもブログは9割9分iPhoneで書いている



iPhoneで写真を撮って、文章書いて、そのままあげる…
パソコンを開くのが面倒だと思えるほど、事足ります。

iPhoneだけじゃできないことは、ミラーレスカメラで撮った写真の処理と、家計簿です。
ただ家計簿は、アプリに戻しましたので、以降は画面キャプチャでiPhoneで対応できます。


iPhoneで書くことの盲点



盲点も何も…自分が不器用なだけなのですが、タグや引用URLのコピペがしにくくって、結構HTMLタグが崩れていました。

それでもブログ上はちゃんと表現されるのですが、電子書籍化するとタグエラーになっちゃうんです。
しようがないからラップトップ開いてタッチパッドで修正していたのですが、手首が痛くなってきて断念。

昨日まで取り組んでいたテンプレートの修正ぐらいなら手を使う量が少ないのでやっていけるのですが、記事の手直しは数が多くてムリ。と、マウスを買いに行きました。

それって、マウスがいらない程度しか仕事もしていないということか?
どんまい、私。


英語(イギリス)ではマウス(mouse=単数形)じゃなくて、マイス(mice=複数形)?



お店の人から何探してるんだ?って聞かれたので、「Mouse」って答えたら、「Mice」って言い直されて、反射的に「いや、1個でいい」って言い返した後、「はっ。慣用名miceなのか?」と…

Googleで検索したところ、wireless mouseでは660万件、wireless miceでは110万件結果が返ってくるのでどちらも間違えているわけではなさそうだけど、素人はmouse、玄人はmiceとか、あるのかもしれない。

今度Heathrow空港で電気屋さんに寄って検証してみよう。
(ど~でもい~)
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。