通信速度

このページの記事目次 (タグ: 通信速度 の検索結果)

インドのハードシップNo.2、ネットの通信速度が遅い

インドのハードシップが通信速度?、そこじゃないだろう?、っと思われた方もいらっしゃるかもしれません。

所詮、守るべきもののない独身です。外出が不便で、家に引きこもりがちなインドにおいて、家の中の楽しみを充実させることは、非常に重要です!

インドのスマホでのデータ通信は「E」

中国に引っ越した際に3Gが飛んでいる所が少なくて驚きました。それから、5年後のインド、私が住んでいたエリアでは、というか都市全体で、携帯のデータマークは、「E」でした。

「E」って何??、「3G+」みたいなもの??

「4G」は確か「LTE」と呼ばれていたような…

あれ?、これ、何も通信しないよ??

ん~。圏外は「No Service」だよね?、スマホ壊れたかな??

って感じなのが、インドでした。

Wikipedia、GSM、「パケットデータ通信」より引用

EDGE (Enhanced Data Rates for GSM Evolution)もしくはEGPRS(Enhanced GPRS)、IMT-SC (IMT Single Carrier) はGPRSを拡張したパケット通信規格。デジタル変調方式に八位相偏移変調(8PSK)を使用している。最大スループット473.6kbps。3倍程度高速化されたひとつ59.2kbpsのパケットスロットを8スロットまで束ねる事ができる。

「E」の正体はおそらく↑で、パケットデータ通信は、「3G+」ではなく、「2G+」的なものでしょうか?

日本にもこういう時代があったんだと思うのですが、黎明期すぎてもう覚えていません。そういう訳で、パケット通信はさっさと諦めました。日本で、モバイルドングルと呼ぶのか、ポケットwifiと呼ぶのか存じませんが、データ通信専用のSIMカードを購入することにしました。

モバイルブロードバンドとやら

infostand、海外ITトピックス、「WiMAXフィーバー、モバイルブロードバンドの到来か」より引用

WiMAXに期待されていたのは、銅線など固定網ベースのブロードバンドサービスが利用できない地域でネットワークを補完するという役割だった。モバイルブロードバンドは、デジタルデバイドを解消するための重要なポイントであり、それには伝送範囲の広いWiMAXの持つ効果とメリットは大きい。

こうしたことから、とくに固定通信網の整備が遅れている途上国では、WiMAXに大きな期待が寄せられた。調査会社のカナダMaravedisとインドTonse Telecomのレポートによると、インドのWiMAX加入者数は2014年に2100万人に達する見込みという。インドではRelianceなどのキャリアが一部地域でWiMAXサービスを開始しており、今後は、より大きな規模で普及が進むとみている。

↑は2007年の記事なのですが、なんと、2014年にはこの筆者の予言通り、RelianceでWiMAXを使ってネットをしていた人が多かったのではないかと思われます。実際に何人いたのか興味がありますが、2014年に2,100万人に達すると予測されたインドのWiMAX加入者の一人でしたよ!わたくし。

しかしこのWiMAXをもってしても、通勤片道1時間の間、20分は何一つ通信できないエリアでございまして、自ずと、日記を紙に書きたくなる理由がお分かりいただけるのではないかと思われます。そう。日記が続くタイプだったというよりは、毎日40分間ほどの強制的ネット断ち修行でほかにやることがなかったのです。

そして、何より不思議な事は、Relianceから初期に支給されるポケットwifi機では、シグナルを上手く拾わないんです。この為、アンドロイドにWiMAXのSIMを入れて、それでシグナルを拾って、テザリングで家パソやタブレットにwifiを飛ばしていました。意味不明でしょ?

WiMAXをWiMAXとして使えていたのか少々謎ですが、RelianceのSIMをアンドロイドに入れると、iPhoneで何もできない時にもネットができるという現象でした。←インドで何かについて論理的に考えるのはムダで、通信できればよし!のメンタリティーです。

iphoneやipadでは、データ通信が「E」な上、Apple系のスマホ・タブレットだとSIMの種類が違うので、WiMAXのSIMは物理的に入らなかった使えなさなのに、インド人の間で大人気のApple製品。インド7不思議の1つにいれちゃう。

今回良さげな記事を探しているなかで、ちらほら「LTE」の文字を見かけました。通信状況が改善しているのでしょうか?、今のインド駐在員の皆様を祝福申し上げます!

光通信??、何それ、おいしいの?

(↑、すみません、一度使ってみたかったんです。この表現。)

2つ目の引用記事に書いている通り、物理的な固定通信網(銅線)を敷くのが遅れているわけです。というか、むしろ、物理的な固定通信網、いらないんじゃ?状態なんです。

この為、年賀年中停電中のインドにて、当てになるかどうかよくわからない固定通信網とやらの為に、インド人と格闘するのが嫌だったので、私はポケットwifiだけで2年間凌ぎました。その代り、通信量が大きなパッケージを買っていたように思います。

よく、耐え抜いた!私!!

友達が、インドに行って、家に引きこもっているのは良いけど、あなたは廃人になるからネトゲはダメよ!なんてアドバイスしてくれていたんですが、もうどこから説明したらいいのやら。インドでネトゲ廃人になる人は、通信速度の問題でその手前で神クラスの忍耐力を試されるので、わたくしno chanceです。

「ネトゲ廃人の前に、神になる」に通ずるパラダイムシフト

しかし、本当に面白いな~っと思います。先進国では電話回線、電力回線となんでも物理的な線をつかってインフラを整え終わっているから、それがないと不便だろうと思う訳ですが、新興国では、「物理的」な通信網や電力回線の重要性が下がっているというか、そんな感じなんです。いろいろスキップして、一気に進むんです。無線とか太陽光パネルとか。

インドでは、流石に電力回線は存在しますし、今もインフラとして整備しようとしていますが、日常的に停電が起きると、家に自家発電機(主にディーゼル)がある場合も多いですし、それならと太陽光パネルを置いちゃったりするわけです。

太陽光パネルも日本の様に屋根に掲げる大げさなタイプから、折りたためるタイプの持ち運びに優れた太陽光シートみたいなものまで多種多様で、こういうのを使ってスマホを充電しているかっこいい感じの人を日本よりも多く見かけるんです。

いや、面白がっている場合じゃなかった。ハードシップでした。今日のお題。

実際、かなりつらいですよ。通信速度問題。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。