黒枸杞

このページの記事目次 (タグ: 黒枸杞 の検索結果)

中国茶、黒クコ茶(黒枸杞)

お茶屋さんに行くたびに何やら新しいものに挑戦するのですが、今回おばちゃんおすすめの黒クコ茶に挑戦してみました。

黒クコ


黒クコ(黒枸杞)、抽出前、干茶


黒クコ干茶

このまま食べてもあまり味がしません。味気ないような、苦いような、酸っぱいような…(味レポがひどくて申し訳ないです)


黒クコ(黒枸杞)、水色、茶湯


黒クコ抽出開始時

↑は抽出初期です。
青です。青。楽しいです。
これが濃くなってくると紫に見えるようになりますが、紫のものをお湯で薄めると青になります。つまり基本的にこの色がどれだけ濃いかによって色味が違って見えるけれども、本来の色はこんな色のお茶みたいです。
※ハイビスカスは青から抽出が始まりますが、赤が後追いして抽出されますから薄めても赤です。


黒クコ、抽出時2
上から写すとこんな感じです。う。アクみたいなものがぷかぷか浮いて汚い…
このまま一口だけ飲んでみましたが、黒豆の煮汁みたいな味がしました。

※昔、友人が黒豆を炊飯ジャーで炊いて、煮汁を飲んでいたことがあって、私も少し分けてもらってやってみたことがあります。どんな豆対水分量だったか忘れましたけれど、最初は青、すぐに紫、まもなく赤色が始まって、最後はくすんだ黒だった気がします。黒クコは最後まで青なので、見た目にはこちらの方が楽しいですね。


黒クコ、水色

コーヒー用のペーパードリッパー(メリタ)で1回目のフィルター後の水色です。目詰まりして、途中から落ちてこなくなりました。次回、淹れる前にしっかり表面を洗うことにします。落ちてきた液もわずかに濁っていたので、もう一度フィルターにかけてから飲みました。

果物の汁が、豆汁の味に似ているというのは奇妙ですが、飲みやすい黒豆茶って感じです。飲みやすい理由は単に薄いからかもしれませんが…

変な味で、正直、おいしいとは思えませんが、烏龍茶だって初めて飲む時には変な味だと思ったかもしれず、ケツメイシ茶と同じカテゴリーに入れて、気分転換に飲むお茶ってことにしました。


黒クコ(黒枸杞)、抽出後、葉底


黒クコ、葉底

お茶屋さんで試したときはもっと甘かった気がしたのですが、ゆるくなっただけで、極ほんのり程度の甘さしかなかったので、このままむしゃむしゃする気にもならず、ヨーグルトに放り込みました。

あと、手でつまむと紫色に染色されますから、ナッツの様にポリポリつまむ感じでもありませんでした。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。