Brexit

このページの記事目次 (タグ: Brexit の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

ある英国人のつぶやき

ようやく新しいPM(=首相)が決まったらしい、少々気まずい決まり方ではあったものの、とりあえず新しいページが開かれた記念の日であることは確かだ。


私は、Leaveに投票し、少々傷心気味だ


EU Referendum選挙の後、Leave投票組への風当たりはつらかった。無論、私がLeaveに投票したことは誰にも言っていない。但し、Stayに投票したとも言わないので、気づいている人もいるとは思う。

選挙の後、様々な報道がなされたが、「軽率なLeave投票者」を責めるような内容が多かった。極端な例ばかりを報道し、Leaveに投票した人がいかに無知で軽率であったかを酷評していた。

結果発表後、「EU離脱後何が起きるか?」が多く検索されたことについて、「わからないで投票したのか?」と怒りの声が上がっていたが、これはむしろ「わからないままStayに投票した人々」が検索した結果ではないか? 「Stay」投票した人々は、結果に大変驚いていたようだから、ありえない話ではない気もする…

いずれにしても、「Leave」に投票する=無知で無学、と酷評される風潮があり、無知ではあるかもしれないが、考えた上で出した結果だったので、とても悲しい。


「Stay」に投票する方が容易だった


不思議なことに、選挙の前から、「Stay」を訴える面々は著名人は一様に優秀で権威ある印象で、「Leave」を訴える面々はどちらかと言えば色物というか、特徴的な、場合によっては過激な変わり者が多かった。

今となっては、そのような印象を与えるような報道に誘導されていたのではないかと思えなくもない。

この為、何も考えなければ、「Stay」を選択した方が自然で容易だったのではないか?
しかし、私は思い悩んでしまった。

私の住んでいる都市では、皆「Stay」以外はありえないような顔をしていた。ところが、ポール(事前予想アンケート)では、「Leave」が拮抗していた。不思議だった。何が違うのか考えてみた結果、EUに組していることで利益を享受している人に偏りがあるのではないかと思えてきた。

それに、もし、「利益を享受していない」程度の感覚であれば、わざわざどうなるかわからない「Leave」ではなく、現状維持で安全な「Stay」を選択するのではないかとも思えた。

「Leave」を選択する方が、「強い動機」を伴っているような気がして、主な主張について検証してみた。ただ、残念なことに、私自身が「Leave」を選択する動機は、それらの主張の中からは見いだせなかった。

かといって、「Stay」を選択する動機もまた、見つからなかった。個人的には、一長一短、どちらがいいかはわからなかった。


そもそも論も考えてみた


そもそも、デービッド・キャメロンは、なぜ国民投票を公約に掲げなければならなかったのか?
この問題は、俄かに湧いた問題ではないことは確かなように思えた。
少なくとも彼は国民投票を掲げて、(それが故にかどうかはわからないが)政権を取ったのだから、その時点で需要は確かにそこにあったはずなのだ。

今回の投票後、デービッド・キャメロンが国民投票を行ったことは、愚民に決定権を与えた彼の最大の失策だと言われた。果たしてそうだろうか?

結果が「Leave」だったことで、尚の事、彼が国民投票を行ったことは正しかったとみなされるべきではなかろうか?
実際にそれで国民の意思が明らかになり、方向転換につながったのだから…


EUに何を期待したらいいのかわからない


若者層は「Stay」が多く、高年層は「Leave」が多いという事前情報も気になっていた。

EU参加を決めたとき、その当時の若者たちには、何かしらの期待があったはずだ。実際に運営されたこの20余年、その期待が結実していると感じることができていれば、高年層はもっと「Stay」に投票するはずではないか?

生まれたときからEUの一員だった若者層は、当時の期待について知りようもなく、ただ現状を知るのみのはずだ。

報道では、出ると被害をこうむる、大変なことになるなどと、ネガティブな要素が盛んに唄われているが、実際に入っているメリットを感じられない以上、「Leave」から生まれる新しい世界を見てみたくなったりする。こういうのを軽率というのだろう。


最終的な決め手は…


愚民、そういわれてしまえば、事実だ。
実際に、どちらがいいかよくわからないのだ。
でも、なんだか釈然としないのだ。

最終的に、沈むならイギリスと共に!と、「Leave」へ投票した。
グローバル感覚のない、器の小っちゃい奴め?
確かにそうかもしれないけれど、それでいいと思えた。

唯一の罪悪感は、過去の戦争で死んでいった祖先たちへ向けられた。
欧州国同士の数多くの戦いで多くの命が奪われ、平和を求める気持ちがEUの礎となったはずだ。

ただ、これは未来の欧州人を信じることにした。
私たちは、十分に平和の喜びとありがたさを学んでいるはずだ。


もうそろそろ許してね


なんだかだで、新首相が決まったことで、皆の目先がこれからの事に向かい、心の平穏が訪れてくれないものかと願っているだけだったりする。


※金曜日までの期間限定記事です。

オクスフォードは偏っている?

今回のEU Referendumの投票結果について、オクスフォードではとても残念がっている人が多いです。


オクスフォードは偏っている?


どのくらい偏っているかというと、下図のとおりです。
オクスフォード投票結果

引用記事BBC「EU referendum: The result in maps and charts


色が薄ければ薄いほど、残留支持です。70%の人が、残留を支持した都市ですから、周りがみんながっかりしていても不思議ではないですね。イギリス南部では、オクスフォードの他、ケンブリッジとロンドンぐらいしか強い残留色じゃないです。


気の毒なオクスフォード人


この話はもう書きおえたかなと思っていたのですが、どこ行っても「I am so disappointed...」ってHeartbrokenなので、なんだか気の毒になって、もう一記事だけ記録に残すことにしました。

オクスフォード住民は、周りの人が残留ばかりだったので、ポールの予想をみても心の底では「残留」を疑わなかったんだろうな~。結果をどう受け止めていいかわからないんだろうな~。

外国人的には「もう結果は出たんだから、今後の事を考えましょうよ。」なんて開き直っているのですが、ショックなのもわかる気がするので、黙って聞いています。

(本日は雷雨がひどかったし、寒いしで、お出かけ中止にすればよかったなんておもいつつ…)


早速、追い出しにかかられているし…


BBCより引用;
EU Brexit referendum: UK 'must not delay leaving'
Brexit referendum: EU ministers press UK for quick exit



うわ~。
早く出ていけ!ってことでしょうか?
厳しい~~。
今回の結果は、↑のような扱いが原因なんじゃないの?


今年の1月から首相やら財相やらがいろいろ交渉しても、聞く耳持たずな感じだった印象ですし…

こういう扱いを長年受けてきたら、EUは自分たちの為にならない気がしてくると思います。結果としての下図、それはそれで納得です。この選挙区数の比較だと、52%どころじゃないでしょ、離脱派。
残留派(黄色)と離脱派(青色)

引用記事BBC「EU Referendum Results



デービッド、アクションはやっ。

EU Referendumの結果は、Leave派が過半数を超えちゃっていましたね。デービッド・キャメロン首相の辞任がそれはもう早くてびっくりです。

辞任発表が思ったよりも速やかだった!!


BBCサイトより引用;
Brexit: David Cameron to quit after UK votes to leave EU



あちゃ~。


私的な本日のニュースはこちら


同じくBBCサイトより引用;
Nigel Farage: £350m NHS pledge 'a mistake'


しどい…ような、そうでないような。
EUに支払っていた£350mを「NHS」に配布するという公約(というか提案)が投票者に与えたインパクトは大きかったと思うのですよね。

£350mをUK国内で「自由に配布できる」という状況に対する誇張表現だったというのは理解できます。ただし、「NHS」への配布が大きく期待されるなかで、そこをキャンペーンの謳い文句に上手く利用しちゃったわけで、何も「勝利の翌日」にそんなこと言わなくても…


あれ?ジョージはどうしたの?


No. 10 (=首相官邸)の住人は辞職したけど、No. 11 (=財相官邸)はどうなるのかな?
ExchequerもStayを支持していたはずです。

次の首相がだれになるのかも気になりますが、こちらも今後の動きが気になります。

日本では、インパクトの強い財相にも負けず劣らず脚光を浴びている中央銀行のクロちゃんですが、イギリスではBOEのカーニー氏よりも、いろいろなところをうろうろしているジョージの方が目立っていましたからね~。

イギリスから、目が離せません。
(てか、住んでいるからね。)

とりあえず、記念撮影でしょう!

ブログを書いていてよかったな~っと思うのは、印象的な1日の印象的な側面をとどめておく場所があることでしょうか。


Brexit決定を受けて、私が記録しておきたいのは、こちら。


FTSE 100
FTSE 100 2016-6-24

FTSE 250
FTSE 250 2016-6-24

FTSE 350
FTSE 350 2016-6-24

FTSE All
FTSE All 2016-6-24

え~。
何故、5日間ぐらいの日足チャートじゃなくて、10年チャートなのか、意味不明ですよね。

年をとったな~っと思うのですが、時が経つのがめちゃめちゃ早いんですね~。
2008年のショックが、もうそろそろ見えなくなりそうで、自分でも理解に苦しむ焦燥感を感じます。
その前の大きなショックなんて、全く見えなくなってしまいましたし。

記念撮影は、大きなショックの面影とともに!
今後どんな波形を描くのか、目が離せません。
(これ共感してくれるひと、いるかな?)

FTSEは、なんだかだで持ち直したんですね。
FTSE100で、3.15%の下落、もともと持ちがよかった250で、7.19%の下落でした。(どちらも長いヒゲあり)
All Shareで、3.85%の下落ですから、思ったほどでもなかったって感じです。
さては、織り込んでいたな…


DAXの方が下落しているし…


DAX
DAX 2016-6-24

この記事のグラフは全てiPhoneのStocksのキャプチャーなのですが、DAXはリストの最後尾におまけ程度につけています。本日は、「ん?」と目を疑いました。

FTSEより落ちているじゃない?
6.82%の下落です。

それぞれの流出額が気になるところですね。


日経よ、お前もか…


Nikkei 225
Nikkei 225 2016-6-24

いつも人付き合いのよろしい日経さん、つれ安というか、率先してだれよりも暴落しちゃったみたいです。
7.92%の下落って、私がiPhoneでウォッチしている指数の中で最も影響を受けた指数でした。

Topix
Topix 2016-6-24

Topixは5年チャートしか取れなかったのですが、とりあえずくっつけときます。まぁ、日経だけってわけにはいきませんよね。円もしゅっと上がったみたいですしね。


中華系、何気に冷静?


上海総合
Shanghai 総合 2016-6-24

いつもマイペースな上海総合。「何気につよい」といっていいのか、「もう十分弱い」といっていいのか、微妙なところです。

香港ハンセン
HangSeng 2016-6-24

香港のハンセンも冷静ですね。日本に帰国して株を買えるようになったら、こういうのも混ぜとこうかな…


大御所アメリカ


Dow平均
Dow 平均 2016-6-24

普段はこの順番で見ていないのですが、なんとなく協調性を醸してみました。
アメリカと言えばDow Jonesみたいなね。3.39%の下落、というか、この10年チャートの立派さにほれぼれしちゃいますね。

S&P500
S&P 500 2016-6-24

このチャートも見事ですね~。2008年からの立ち上がりとその後の「成長」が感じられて凄いですよね。なんだか今日の下落なんてチャートの前にはかすんじゃう…

Nasdaq 総合
Nasdaq 総合 2016-6-24

(私の中で)Nasdaq最強説!?
成長株投資とか、信者がいても不思議じゃないですね。

Nasdaq 100
Nasdaq 100 2016-6-24

ここまで来ると、本日の取引云々じゃなくて、2008年のショックすらかすんで見えますね。

本日はあと1記事書いたら、本日の取引総額を調べに行きます。


というわけで、世間ずれした10年チャートによる、本日の株価検証でした。
日足がみたいときに10年チャート見ちゃうおかしな人、一人ぐらいいてもいいと思うんです。
どうでしょう?

EU Referendum: UKがLeaveと決めたら、当社は撤退しますか?

​面白い質問です。何を思ってそんな事を聞いているのか興味があります。(聞きませんけれど)


ジョブセキュリティー関係の質問は、安易に答えられない


当社のUK進出目的は理解されていると思っていたので、「んなわけないじゃん?」っと回答したいところですが、これがインドだと、後から面倒な事になるので、回答を避けるのが無難です。

本社に確認してほしいか?(=貴方にとって非常に重要な案件ですか?の意味)と聞いてみたら、「いや、いい。」と言われたので、事なきを得ました。


それでも、なんとなく、答えを準備してみる


当社のUK拠点設立目的は、UK国内顧客へのよりスムーズなサービスの提供にあります。UKがEUから出ても、出なくても、設立目的は変更される事はないと考えます。

但し、UKが、EUから出た場合、規制や制度が、見直し、改正される事と予測されます。どの様な改正が執行されるかわからない中で、現在それらがaffordableかどうかを判断する事は、困難です。

いずれにしても当社が長く存続できるかどうは、UK顧客から受け入れられご愛顧いただけるかどうかに掛かっていますから、私達にできる事を共に頑張りましょう。


我ながら胡散臭いな~~


インド赴任の後遺症?


インドに行ってから、何か言っているようで何も言っていない中身のない社交辞令を並べる技術を身につけなければならなくなった(自由に意見を述べるのが怖くなった)のですが、それがなかなか元に戻りません。


例えば今回、インド人だったら、後で全く別の理由で閉鎖などが決まった時に「閉鎖しないと言ったじゃないか!一生分の給与を保障しろ!!」とか言ってきそうだな〜っと、身が引き締まりました。これってトラウマ的なものかもしれませぬ。

解雇される時は、「とりあえず約束が違うと責めて、一生分の給料の保障を要求してみる。」と言うのがインド流らしいです。日本以外の外資系の人から聞いた話です。日系はリセッションでも人員整理しないからいいよね〜っとボヤいていました。

普段の様子を見ていて、「あぁ〜あるかもね〜。」っと思えちゃうところが、凄いですよね。インド人。


そのうち、変なトラウマから解放されて、自由闊達にのびのび話ができるようになるといいなぁ~と思わせられたイベントでした。
もしくは、誰とも利害関係(特に対立)がない立場(早期リタイア者とか?)になりたいな~。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。