Googlebot-Image

このページの記事目次 (タグ: Googlebot-Image の検索結果)

執筆ガイドライン7、画像にはわかりやすいファイル名をつける

偶然知ったことなのですが、Googlebotには、私がロボ子と呼んで親しみを醸成しようとしているgooglebotのほかに、画像を専門に巡回しているGooglebot-Imageが存在するようです。

ウェブマスターツールのおススメ


ウェブマスターツール、画像検索についての A to Zより引用:
画像をインデックスに登録しやすくするために、下記の点を守ってください。

  • 画像が埋め込まれている HTML ページと画像そのもの、どちらも Google がクロールできるようにしておくこと
  • Google が対応している形式の画像であること(BMP、GIF、JPEG、PNG、WebP、SVG)

さらに、下記のようにしておくこともおすすめします。

  • 画像のファイル名が画像の内容に関連した名前になっている
  • 画像の alt 属性が、人間が読んで分かるような画像説明になっている
  • 加えて、HTML ページのテキスト コンテンツと画像近辺のテキストを、画像に関連した内容にしておくことも有効です。


へぇ~



FC2での画像ファイル名の変更


私の大好きなサーチコンソールがHTML の改善を提案してくるページは、ほぼ毎回、画像です。でも「img/20161126102837b1b.jpeg」と言われてもパッとは分からないんですよね~。
画像が表示されますから、あぁ~これね!っとなるわけですが、もっとわかりやすい状態で表示してくれないかな~。なんて思っていたのです。


でも、わかりにくいのは、実は私が手抜きしてファイル名を更新していなかったからでした。
あはは。


写真ファイル名1
↑のファイル名を変更ボタンを押すと…


写真ファイル名2
↑の様に画像ファイル名を変更できるみたいです。
これで、ロボ子がアクセスできなかったために画像が見えなかったとしても、だいたい推測で当該画像を特定できます。
おぉ~


FC2のプラットホームは、非常にユーザーフレンドリーなので、ウェブの知識がなくても簡単にコンテンツを作成できちゃいます。こういう細かいことを知らなくてもサクサク書けるという偉大な長所の裏側に、無知で居続けられるというちょっとした問題点が…
(ん?、みえない、みえない。笑。)



当ブログでの執筆ガイドライン


番号のままだとエラー修正の際に自分が困るから、面倒でも画像のファイル名は変えるようにしましょう!

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。