HSBC

このページの記事目次 (タグ: HSBC の検索結果)

イギリスのカードがApple Payに登録されない時は…

Apple WatchでApple Payを使おうとしたら、HSBCのデビットカードが登録されてくれませんでした。

Could not add card

エラーメッセージは、下記のようなものでした。

Apple Pay, error message

Could not add card
Try again later or contact your card issuer for more information.

しばらく時間をおいて試してみたのですが、同じ状況です。

試しにBritish Airwaysを登録したら、さくっと入りました。そして、スーパーでの試し払いも成功しました。

仕方がないね…とHSBCに電話してみたところ、Apple pay専用の技術者につないでくれました!とても親切な人で、あなたがApple Payのセットアップに成功するまでケアするから、こう操作してみて!などと言って、こちらの環境確認のたどたどしい操作を待ってくれていました。

iPhoneの言語がEnglish (U. K.)
Settings→General→Language and Region→iPhone Languageの部分です。
iPhoneのリージョンがUnited Kingdom
Settings→General→Language and Region→Regionの部分です。
Apple AccountのRegionがUK
Settings→iTunes and App Store→Apple ID: (アカウント名)→View Apple ID→(sign in)→Country or Region→Change Country or Region→UKの部分です。
Apple Accountの言語がEnglish (UK)
Settings→iTunes and App Store→Apple ID: (アカウント名)→View Apple ID→Apple ID→Manage your Apple Account→Account→Language→English (UK)の部分です。
Apple Accountの支払口座がUK
Settings→iTunes and Apple Store→Apple ID: アカウント名→View Apple ID→Account→Payment informationです。

これらが本当に必要だったのか???、なぞです

Apple AccountがUKベースに変わって、日本のサービスを受けれられなくなってしまいました。しょーっく。

それに、いろいろ変えると引っ越しの時に面倒なんですよね~~。端末の言語やリージョンは何でもいいけれど、Apple Accountは日本のままにしておきたかったな~~。

この状態で再起動をかければOKになりました

実際にはここにいたる途中で、Apple tech supportに電話をかけさせられました。そして、Apple tech supportでスマホ画面を共有して設定を確認した後、再度HSBCに電話して、ようやく↑のような状態になりました。

Apple Payにカードが登録されない場合は…

是非、カード発行元に電話してみてくださいね!

上記はHSBCのVISAのデビットカードの例なので、これらを何もしなくてもサクッと使わせてくれるBritish Airwaysのようなところもあります。

海外引っ越し後の各種アカウント設定は本当に面倒くさいので、日本においておけるものは全てそのままにしておいた方が面倒がなくて楽ですし。

イギリスなのに年利6%、HSBC Regular Saver

本日、定期預金と積立定期預金を申し込んできました。

イギリスの積立定期預金

HSBC Regular Saverに申し込む


HSBC Regular Saver
Total interest earned, £97.89
Interest rate, 6% AER/GROSS



6%ってすごいですよね。でも、これ積み立てで、毎月最大£250までなんですれどね。


何故Gross表記なのか、判明


£97.89って、税前じゃん?
税引き後は、いったいいくらになるんだろう?税は何%なんだろう?っと思っていたら、
銀行利息の課税対象は合計で£1,000からだそうです。人によって違うから、Gross表記なんですね。

んで、どう考えてもイギリスの銀行利息が£1,000になりそうもないので、税が何%なのか聞くのを忘れました。片手落ちです。

雀の涙ほどの利息からきっちり20%も源泉徴収するどっかのしぶっちい国よりいいですね。


銀行員さんの誕生日が私と1日違いだったことで、和気あいあいといろいろ教えてもらいました。


期間前解約のペナルティーはなし


期間前解約の場合は、Flexible Saverと同じ利率になるものの、ペナルティーはなさそうでした。

HSBC Flexible Saver



商品によってはペナルティーがあるもの、解約ができないもの、いろいろです。本社からいつ帰任命令が出るかわからない駐在員は、ちゃんと聞いてから申し込まないといけません。


満期を迎えたら…


満期を迎えたら、翌営業日に利息とともに上記のFlexible Saverの口座へ自動転送されるそうです。Flexible Saverの利息は大して高くありませんが、Current accountはゼロなので、マシだと思います。いつでも下ろせますし。

利息は4半期ごとの受け取り、満期での受け取りが選べるみたいでした。私はどっちでもいいと答えたら、満期受取の人が多いと言っていましたので、そっちにしました。へぇ~。

自動継続はされませんから、来年もどうにか思い出さないといけませんね。
財テク、財テク。
(↑言葉の使い方、あっているのかな、コレ。)

毎日銀行のサポートセンターに電話する

日曜、クレジットカードがオンラインショッピングに使えなかった
月曜、電話サポートセンターのパスワードがロックされた
火曜、銀行へ出かけて、上2つのロックを解除
水曜、verified by VISAがロックされた
木曜、Direct Debitの設定がうまく行かない

そして、本日に至ります。
今日は何もないといいですけど...


何故、突然問題が増えたか?
主な理由は、今週ようやく買い物をはじめたためです。

The Doctor Whoを見るためにテレビを買いました。
(ペナルティー£1,000の)テレビライセンス代1年分£146を払いました。
航空券£1,000級を2本買いました。
その他6件の出張のホテル等を細々手配しました。

今月ゴロゴロしていた「つけ」で来月出張が多いです。
新生活設営の名目でゴロゴロしていたので、下旬になって活動を始めたものの、この状態。あ〜。


クレジットカードやデビットカードが止められたのは、1日に大量のトランスアクションがあったためっぽいです。何を買ったのか、不正使用が見受けられないか?確認されました。


独身者の悩み、平日配達受け取りができない...
どうしても同じ日に配達して欲しくて発注時期も重なっちゃうんですよね〜
ダイニングテーブルなどは、平日にしか配達してくれないですし。


あと、驚いたのは昨日の人はインド人訛りバリバリだった事。夕方5時以降だったからかな?
聞きなれているから全然困らないけど。


そういえば、近日中に銀行の登録郵便番号を変えないといけない気がします。
賃貸契約書の郵便番号とRoyal Mailから届いたお手紙上の郵便番号が違うんです。
いろいろ登録修正が面倒そうです。
トラブルまみれ?いえ、日本以外ではこんなものです。

いつになったら、国内旅行が開始できるのやら〜


銀行口座を開設7です。1-6... 機会があったら、という事にさせてください。
棚卸し後も細々ボツになる記事が増えているので、しばらくツイッターでもやってみようかと思っています。
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。