KEEP-CALM

このページの記事目次 (タグ: KEEP-CALM の検索結果)

憧れのブログのAMP化、ついに完了!(邪道)

Keep-calm-poster

AMPテストブログのプロフィール画像に使おうと思ってせっかく作ったのに、「正方形」じゃないと使えなかったので、ここに掲載いたします。
上下でフォントを合わせるほど凝る時間がなかったのですが、パソ買ったら作り直そうかな…
名前はのろのろでいいとして、ブログ名を考えなきゃいけなくて、パッと思いつかないので、「とりあえずお茶」をいれていて、その発想がまさにブログ名に変わりました。
イギリスといえば、KEEP CALM、んで、茶飲みとしては、PUT THE KETTLE ONだな。っと。

AMP化に憧れ、焦がれる

毎日2時間ぐらいはバスに乗っているのですが、スマホで調べものをしていることが多いです。AMP(Accelerated Mobile Pages)はご存じない方も多いみたいですが、私は大ファンです。ローディングがとても速いのです。

自分のブログがAMP仕様になったら、すっごくかっこいいんだけどな~っと、いろいろ試してみましたが、全然ダメでした。無料ブログの中ではSeesaaブログが、有料ブログでは、はてなブログがそれぞれAMP仕様を追加できると分かっていたのですが、特に引っ越すつもりもなく、放置しておりました。

最近、好きなブロガーさんがSeesaaブログにお引越しされたのですが、ブログを読んでいたはずが、ふらふらとアカウントを登録して、はっと気づけばAMPテストまで行っておりました。

Seesaaブログ、凄い!!!

作業は、設定を「配信する」に変更するだけです。

Seesaaブログ、お知らせより引用

【Seesaaブログ】AMP配信機能をリリースしました
AMP(Accelerated Mobile Pages)とは検索結果からの表示快速化を目的としてGoogle等が取り組むプロジェクトおよびそれに由来する仕組みです。
マイブログ>設定>ブログ設定の【AMP配信】にて「配信する」を選択している場合、そのブログはAMP配信状態となり、Googleの検索結果において従来とは別の枠でも表示されることがあります。
※通常のGoogle検索結果と同様、必ず表示されるものではありません。

Googleのバリデーターでも問題なし

Google Search Console、AMPテスト

有効なAMPページ

これ、めちゃめちゃ感動しました~!

しかし、コードを書き換えるわけでも、コードを書き加えるわけでもなく、設定をぽちっと変えるだけなんです。変な話、無理やりどうにかしてAMP化させようとしていたので、これだけあっさりしていると、肩透かしでちょっと寂しかったりします。

テストスニペット

嗚呼っ。稲妻マークが眩しい~。かっこいい~~。(この感覚はネット環境が悪いところにお住いの方にしかわからないかもしれません)

というわけで、あっさり、テストが終了してしまいました。同テストブログの寿命2時間って、流石にさびしいですし、折角なので、Seesaaブログの使い勝手をしばらく見てみるのもいいかもしれません。

Seesaaブログの感想(使用歴2時間ぐらい)

驚くほど好みな感じのテンプレートでした。
デザインではなく、CSSやHTMLの書き方が、ですが…
デフォルト&スタンダードテンプレートは、セクションタグがキレイに入ったHTML5テンプレートでしたし。
meta descriptionもmeta keywordを記事毎に設定できますし。
AMPも好みな感じのJSON-LDでのマークアップでしたし。

最近はまっているHTML、CSSのカスタマイズも、サクサクできそうな感じです。
アップロードのファイルサイズが1件10MBまで入るので、写真ブログにはいいかもしれません。
本文に「写真+撮影情報+写真に関するよもやま話」を書いて、フッター1ページ送りをつけるとmyギャラリー風になって楽しそう。
1カラムのテンプレートがパッと見つからなかったのですが、カスタマイズで仕立て直すことは出来そうです。
写真ブロガーさんたちがよく使っている、黒・グレー系の目が疲れない&写真が引き立つ背景色にしていろいろ遊んでみるのもいいかもしれません。

そして何より、当ブログでうっとおしい感満載のカスタマイズ記録の引っ越し先に最適です。

ただ、広告がめちゃめちゃ多くて、しかも大きくて、ショッキング

AMPには構文エラーがないのに、HTMLには構文エラーが9件。

んぎゃ。書いている途中に、ね、寝落ちしてしまいました…

本日は、とりあえずここまで。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。