Uncharted4

このページの記事目次 (タグ: Uncharted4 の検索結果)

ゲーム、「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」、ネタバレ

基本情報

原題
Uncharted 4: A Thief's End
タイプ
アクションアドベンチャー
開発元
ノーティドッグ
プラットフォーム
PS4
評価
4

総評としては、とても楽しめたけれど、ゲーム仲間に絶賛おすすめという域には達しなかったので、☆4つといったところです。

感想

グラフィックが素晴らしかった!!

特に地形、景観、建物の表現がリアルかつキレイ!
世界の秘境にウォーキングに出かけている感覚を味わえます。
幻想的な世界ではなく、リアルな感じの秘境です。

壁や崖やありとあらゆるものをよじ登ったり、駆け上がったり、ロープで飛び移ったり、泳いだり、もぐったりで、それはもう楽しい冒険でした。

登場人物に好感が持てる

ややイケメン風ではあるけれど、普通っぽい主人公のネイサン。全然イケメンじゃない、更に普通っぽいサム(主人公の兄)。まぁまぁ可愛い妻エレナ。隠居じいの親友サリーの4人。レストランで隣のテーブルに座っていても不思議じゃないぐらい本当にいそうな感じでツボ。

やってることはなかなか凄いれけど、4人の会話の掛け合いがのんきな感じでこれまたツボ。
助け合って崖を登ったり、協力して仕掛けを解いたりしながら、ずーっとしゃべっています。
かっこいいとか、スタイリッシュからかけ離れた、おもしろメンバーでした。

音楽がない

効果音はありました。車とか、銃声とか、足音とか、そういう音だけでBGM的なものはありません。
それがまた普通&リアル感を出していて気に入りました。
淡々とメンバーの会話を聞いているだけです。

ストーリー

主人公周りのストーリーは、一言でいうと無難。
これだけ無難にまとめられるのがある意味凄いです。
いい話でしたけど。

不思議と飽きは来ませんけれど、かといって続きが気になって仕方がないというほど引き込まれる風でもありません。
グラフィックが美しいので、次のダンジョンはどんな感じなんだろう!という部分が楽しみなぐらいです。

ところが、無難で普通っぽい主人公のストーリーに対して、主人公が追っている宝物周りの歴史、史跡は凄くよくできていて引き込ま れます。
主人公が宝探しに傾倒しちゃうのがよくわかります。妻がいて、仕事もあって、地に足を付けて生きていこうとしている。でも、昔の凄い海賊の偉業に惚れ込み、彼が残した宝を発見してみたい!と葛藤するネイサン。

そう葛藤しているのはネートであって、私じゃないから、「じゃ、寝るわ!」っとサクッと切り上げられるんですね。

アクション

アクションゲームが苦手な私にもフレンドリーでした。シンプルなアクションは大きく分けて4種類。
移動(崖をよじ登ったり、もぐったり、飛び移ったり、滑り降りたり、仕掛けを解いたり)
運転
銃撃
格闘(肉弾戦?)

移動は多く、謎解きがちょいちょいあります。何気に博識なネイサンとサムのコンビなので、もっと謎解きが多くても良かったんじゃないかな。

運転は移動に入れてもいいのかもしれませんが、4つのカテゴリーの内、最も難しかったので、分けてみました。

銃撃戦がとても多くて最初は苦手だったのですが、これは慣れました。ノーマルモードでクリアした後、イージーモードで2周目を遊んだのですが、イージーモードでは照準を合わせてくれるので、楽に倒せて楽しいようで、つまらないという不思議な状況でした。

銃撃戦が苦手な間は、できるだけ叢に隠れて不意打ちで静かに倒す!、みたいな肉弾戦アクションに徹していました。笑。

どれをとっても難しいコマンドなどは存在しませんから、シンプルかつスタンダードにそれぞれを楽しめます。

宝・アイテムなど

集めるとすれば、主人公の宝探し日誌、途中で拾うお手紙などのノート、メンバーの特別な会話、宝物。
この人たちトレジャーハンターなので、いろいろ宝を集めますが、面白みに欠けました。
※後で役立つかもしれない他のゲームで入手できる素材等と違って、純粋な骨董集めで、モチベーションが上がりません。

2周目

ストーリーを一から遊ぶという感じじゃなくて、日誌・ノート・会話・宝物のコンプリート率が低いチャプターを遊び直す形で進めました。

ローディングがめちゃめちゃ遅い

グラフィックがキレイなので仕方がないのかもしれませんが、ローディングにとても時間がかかります。
「私、何か、時短の為の大事な作業をやっていないのかな??」っと、途中で何度かグーグルで調べました。

このゲームのローディングの遅さは、有名みたいです。

以上、単に、dl、dt、ddタグを使って最上部の表をCSSで横並びにできるか試して見たかっただけなのですが、思わず感想の方に熱が入ってしまいました。

私が趣味にかける情熱はおそらく...
投資→写真→ウォーキング→ブログ→映画→ゲーム

これが、日本に帰って、投資を始めた時にどうなるか?
自分でも興味があります。


申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。