hタグ

このページの記事目次 (タグ: hタグ の検索結果)

♣執筆ガイドライン2、本文見出しは大→小へ

本文見出しは大(h2)→小(h6)の順で書く

これを守らないと、Google先生のところのロボットが混乱するらしいです。公用文などの見出しには編、章、節、款、目の5区分があるみたいです。へぇ~。階層は5階層ぐらいまでにしておこう!みたいな教えでしょうか?

最大見出しの編にあたる<h1></h1>タグは、記事を分けるのに使用されています。この為、それより小さいタグをそれぞれ、章<h2></h2>、節<h3></h3>、款<h4></h4>、目<h5></h5>というように記事内で使い分けるといいのかな?

当ブログの見出し構成

当ブログでは、これを受けて、CSSを下記の通り書き直しました。

章<h2></h2>

.entry_m h2 {
margin:1em 0 0.25em 0;
padding:0.25em;
border: 1px solid #cceeff;
background:#cceeff;
font-size:1.3em;
line-height:1.5;
}

節<h3></h3>

.entry_m h3 {
margin:0.75em 0 0.25em 0;
padding:0.25em;
background: linear-gradient(transparent 50%, #cceeff 0%);
font-size:1.3em;
line-height:1.5;
}

款<h4></h4>

.entry_m h4 {
margin:0.5em 0 0.25em 0;
padding:0.25em;
border-bottom: 4px solid #cceeff;
font-size:1.2em;
line-height:1.5;
}
目<h5></h5>
.entry_m h5 {
margin:0.5em 0 0.25em 0;
padding:0.25em;
border-bottom: 4px double #99ddff;
font-size:1.1em;
line-height:1.5;
}
業務連絡用タグ<h6></h6>
.entry_m h6 {
margin:0.5em 0 0.25em 0;
padding:0.25em;
border: 4px double #99ddff;
font-size:1.0em;
line-height:1.5;
}

見出しタグのスペーシング(マージンとパディング)は、あまり差をつけていません。大きくても、小さくても、一応見出しですから、読むときの呼吸感は同じなのかな?、と。

文字の大きさは、px指定から、em指定に書き換えました。使うガジェットによって、見出しの文字が本文の文字より小さいという変な状況が起きていたりするのですが、これがある程度解消されるのかな?っと思っています。

h6は基本的には使わないのでしょうけれど、業務連絡に割り当てました。今後は、カテゴリー「ブログは楽しい」の記事は過去記事としてこっそり公開することにしました。先週テンプレートの仕立て直しの記事を最新記事として更新したら、自分の記事なのに自分で鬱陶しくて仕方なかったのです。まぁ、そういう時に業務連絡タグは便利かな…なんて。

当ブログでの執筆ガイドライン

記事の見出しタグはちゃんと大きい方から使用する!

え?、今まで?

そりゃーもう適当に、オリジナルテンプレートの中で最も好きなサイズのh4と空き番だったh6だけで書いていました。今回のCSSの書き直しで過去記事のスペーシングとか、見出しデザインとか相当微妙なことになっています。号泣。

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。