外国人ライフ

Recent Articles

ウラとボツ、「退職後やりたい100のこと、”配当金生活”って、書いてみただけ…」を仕上げました。

[2017/08/17] 配当金生活 は、文字通り、株式などの配当収入だけで生活を成り立たせることです。大量の原資が必要ですから、退職後やりたい100のことシリーズ中、最も困難かつ、高額です。私の会社員給与を頑張って貯金したところで、作れる原資のレベルではありません。だから、サクッと諦め、試したい投資手法を存分に楽しもうと思っています。

ウラとボツ、「退職後やりたい100のこと、東京で”株主総会”三昧」をリライトしました。

[2017/08/16] 株主総会 に一度も行ったことがありません。会社員なので貴重な有給を費やして良いものか…などと考えあぐねて結局行けずじまいでした。株主通信も会社ごとに雰囲気がかなり違いますから、株主総会は、更に個性が出るのでは?メールと実物の雰囲気が全く違う人がいるように、株主案内と株主通信と雰囲気が全く違ったりするかも?

ウラとボツ、「退職後やりたい100のこと、天井も底値も私がつける!」を仕上げました。

[2017/08/15] 「 天井も底値も大衆がつける 」の天井は最高値で、底値は最安値という意味です。どどーっと大衆が押し寄せるような加熱した(しすぎた)ところが天井で、大衆が耐えかねて投げ売りするような冷え切ったところが底値になりがちだといういみじき教えです。大衆たる私は天井と底値が過ぎた後に結果論としてしか知ることができません。

ウラとボツ、「退職後やりたい100のこと、”株主優待”投資に興味深々」を仕上げました。

[2017/08/14] 以前日本株を買っていた頃、株主優待についてあまり関心を持っていませんでした。財務状況をチェックして、成長性をイメージして、割安感があれば買う。割とシンプルな作業なのですが、慣れないこともあり、それだけですごく時間がかかり 株主優待 まで調べる余裕がなかったように思います。

ウラとボツ、「退職後やりたい100のこと、対リスク”複利効果”を理解したい」を仕上げました。

[2017/08/13] 投資関係の記事を読んでいると 複利効果 を絶対視というか、神聖視している感じの記事に遭遇するのですが、私はいまいち肚落ちできておりません。私の理解力が乏しいのと、実戦経験が少ないことが起因しているのだと思いますが、リスクとのバランスの取り方がどうも釈然としません。

ウラとボツ、「退職後やりたい100のこと、4つの”トレード戦略”を全て試す」を仕上げました。

[2017/08/13] 私が勝手に トレード戦略 と呼んでいるだけですが、デイトレード、スイングトレード、ポジショントレード、トレンドトレードの4つです。これら4つのトレード戦略は、作業としては「戦術的」ですが、明確に「出口戦略」が異なるので、「戦略」という言葉を使うことにしました。

ウラとボツ、「退職後やりたい100のこと、”フルポジ”をとってみたい」を仕上げました。

[2017/08/12] 投資でリスクを取っている状態を「ポジションを取る」、何も買っていない時は「ノーポジ」、全力買いで余力なしの時は「フルポジ」なんて表現したりします。本帰国して投資を再開したら、是非一度"フルポジ"をとってみたいものです。あ、っでも、一点買いじゃありません。

ウラとボツ、「投資に信念を持たないという”投資哲学”」を仕上げました。

[2017/08/12] 「信念を持ってブレない投資をしましょう!」というようなアドバイスを盲信していた時期がありました。信念を持ちたいけれども、投資の世界は広く深く、知らない事ばかり。いつまでたっても投資信念を持つに十分な域に達している気がしません。最近では、投資に信念を持たないという"投資哲学"もアリだなと思うようになりました。

ウラとボツ、「“プライマリー市場”とタコを最初に食べた人」を仕上げました。

[2017/08/10] プライマリー市場 とは、発行市場とも呼ばれ、株式や債券などが新規に発行された際に売買される市場のことです。企業や債券発行機関にとっての資金調達市場ですね。2015年の年初にこれに関するブログ記事を読んで、「全く訳が分からない…」っとメモを残していたのですが、当該ページは既に存在しなくなっておりました。残念。

ウラとボツ、「株式投資への周囲の”反対”」を仕上げました。

[2017/08/10] 株式投資に対して親や配偶者、友人に 反対 されたというブロガーさんの記事をチラホラ見かけます。悪いことをしているわけじゃないのにね。私の周囲は、誰も反対してくれなくてそれはそれで少々淋しいものです。気になってこちらから反対しない理由を聞いてみました。

ウラとボツ、「コツコツと言えば、"コツコツドカン"…」を仕上げました。

[2017/08/08] 私が株式取引を始めた頃は、コツコツと言えば、"コツコツドカン"でした。コツコツと小さい利確を積み重ねたのに失うときは一気にドカンと失う。利小損大ともいわれますね。主な原因は損切り(ロスカット)が遅れることによる損失の拡大だとされ、肝に銘じていたはずなのに、相場から離れて長くなるとピンとこなくなってしまいました。投資をする前の状態に戻ってしまったのでしょうか?

ウラとボツ、「"生活防衛資金"はキャッシュポジションに含める?」を仕上げました。

[2017/08/08] 投資をする人たちは、 生活防衛資金 として、資産の一部を現金もしくは現金同等物の形で保全します。キャッシュポジションは、アセットアロケーションの中で、現金もしくは流動性が高い現金同等物の形で存在している資金です。では、"生活防衛資金"は、キャッシュポジションの一部なのでしょうか?

ウラとボツ、「“無リスク資産”と安全資産の違いと外貨預金 」を仕上げました。

[2017/08/06] 無リスク資産 と安全資産。元本が保証されているのが無リスク資産で、流動性が高く倒産の危険性が低ければ安全資産。だから米ドル、ユーロ、ポンドなどでの外貨預金は安全資産ってことであっていますでしょうか?、たまに自分の感覚が世の中から乖離しているような気がして心配になります。

外国人ライフ、「ずっと真面目に仕事をしていなかったかのような錯覚」を更新しました。

[2017/08/06] 「時間泥棒、猛省する」を書いてから一か月半、全力で仕事をしていました。仕事を溜めていることの罪悪感が決壊した瞬間でした。