イギリス観光

このページの記事目次 (カテゴリー: イギリス観光

total 6 pages  次のページ →  

SwanseaからRhossiliへお出かけ

ウェールズのコーストウォークをいつか制覇したい…とは思いつつ、本日はSwanseaからのショートトリップについてです。


SwanseaからRhossiliへの道程の半分はただひたすらにグリーン


Rhossili Beach

Swansea City Bus Stationから119番のバスにのって1時間程で上の写真のRhossiliへ到着します。

バスの時刻表(PDF)


往復チケットは£5でした。
本数も十分に出ていますので、行きやすいです。
Swansea市街地から1時間でこの値段なら、何とか時間を見つけていきたいですよね!
※バスセンターへはSwansea駅から徒歩で15分から20分ぐらいです。


ガワー半島素敵すぎ!


Rhossili航空写真
Rhossiliは、地図的に言うと、青マルのところあたりです。

Rhossiliを起点としたウォーキングコースもいくつかあるのですが、この半島にはそれ以外にも美しいところが盛りだくさんです。

Wales Coast Pathサイト
PATH HOME / EXPLORE BY AREA / GOWER & SWANSEA BAY / LONG WALKS IN GOWER & SWANSEA BAY (ロングウォーク集);
Long walks in Gower & Swansea Bay

Visit Swansea BayサイトのHome » Listings » Temptations » Walking Breaks;
Walking Breaks


Rhossili村
このホテルの裏手がビーチです。今回は写真正面をてくてく歩きました。
風がとても強くて、2時間くらい吹かれていたら頭が痛くなったので、ビーチは断念して街に戻りました。
冬になったら写真のホテルに宿泊して数日ゆっくりしたいな~っと思ってパシャッとしておきました。


木陰で昼寝なんて、素晴らしいライフスタイル


帰り道、「添い寝してもいいですか?」っと、思わず聞きたくなる好みのタイプに出会いました。

どストライクなタイプ
バスの中からiPhoneの拡大機能を使って撮ったものなので判りづらくて、とても残念です。

お腹いっぱいで、ついウトウトと…
超バカっつらで昼寝しちゃっています。

ここも柵なしで、道路脇の開けたところで10匹くらい休憩していました。
羊も帰巣本能とかあって、ちゃんと家に帰れるんでしょうか?

このほか、馬とかも放し飼いされていて、道路でうろうろしているので、バスが避けて走っていました…
仔馬もチラホラ。バスがまったく警戒されていないところが凄いですよね、ウェールズ。

昼寝している羊はちょうどバス道程の中間あたりで発見いたしました。
ちょうど3時ぐらいかな。
いいな~~。
スポンサーサイト

ビレッジ野良羊がいた!!

関連記事「イギリスといえば、羊と虹」で、さすがにシティー野良羊はいないですけどなんて書いたのですが、いました!!


実際は野良じゃないですよ…


ビレッジのら羊
ここは、WalesのReynoldstonという村の、バスターミナル的なラウンダバウト(ロータリー)なんですね。村人が集まる広場的な物じゃないかと思うのですが、私の大好きな羊たちがむしゃむしゃ食事をとっていました!

見ての通り、放し飼いです!
柵なしです。
え~~~!!!


大好きな割にまだ怖がっているので、バスの中から撮りました。
ツアーバスとかじゃなくて、普通の路線バスでございます。
運転手さんが、「待ってるから、外に出ていいよ」と言ってくれましたが、遠慮しておきました。


夏毛に衣替え!


夏毛に衣替え中


はい。カメラ目線いただきました。
この子は、自然脱毛でパターンみたいですね。
お尻から抜けちゃって、ちょっとまぬけて良いですよね~。
牧歌、牧歌。

最初の写真の羊たちは刈ってもらいました!って感じだったんですけれど、オーナーさんによっていろいろみたいですね。

この写真の場所は、目的地のRhossiliです。
背景のビーチが素晴らしいでしょう?
この子は柵の中に入っていたのですが、そこいらじゅうグリーンでご飯に困りませんね~。

オクスフォード、春が来たのが嬉しくて5,000人が橋から飛び降りる?

日本はゴールデンウィークに入ったのかな?

オクスフォードでは、May Morningというお祭りがあります。

基本は普通に春の到来を喜ぶお祭りみたいですけれど、Magdalen Bridgeから飛び降りるイベントの方が有名なのかな?

(BBC) Oxford May Day: Thousands gather at Magdalen Bridge

これはあれかな?
阪神が優勝すると戎橋から飛び降りるファンと同じ感じでしょうか?
オクスフォード人の春を待ちわびっぷりが半端ないですね〜。


5月2日のバンクホリデーに本日お休みをくっつけて、3泊4日で湖水地方に行こうと思っていたのですが、キャンセルして家でゴロゴロしています。最近は「晴れ+雨+雪+雹」が1日の中に詰まっている日が増えていますし、屋内って快適ですよね。

晴れの日に公園の景観と鳥の声を楽しみながらリビングでインターネット!
これが最高の贅沢なんじゃないかという気がします。




ホントどうでもいい余談ですが、Magdalenを「モードリン」と発音するのがオクスフォード流です。

恐怖体験: ひつじ、こわっ!

家計簿はちょっと後にして、新鮮なうちに恐怖体験の記念投稿です。

いつものごとく、ウォーキングダイエットへ出かけたら、通り道に見慣れた生き物が...

かなりの数だ
あ、あれは、私の大好きなあいつですね。
いつかは、私たちの間の障害は取り除かれる日が来ると信じていましたが、こんなに早く?こんなに急に?予告なし?
まだ、心の準備が...

大好きなあいつ?
と、言っても、取り敢えず飛び込む派!
うっすら見えるけもの道、これに沿って歩かないと迷っちゃうんですよ〜。
通してくれませんか?

移動いただき、感謝です
てか、多い!

こっちをみてるよね?
しぇ〜。こっちをみてるよね?

近い...
な〜。近い...

<てな感じで、羊入りの幾つかの柵を無事通過しました>

ひつじ、少し怖くない
少し慣れてきて、後ろから眺めている分には、やっぱり和みます。

母1子供2
私の観察では、概ね母羊1匹に対して、子羊2匹。
Lambing Seasonとか呼ばれるだけあって、子羊がたくさんいました。

目があった?
げ!目があった?

寄ってきた!
うぉ!よってきた。それ以上は、近づかないで〜。
(ちょっと触ってみたいけど、やっぱり怖い。)

へその緒?
ほら、お母さんが呼んでるよ〜。って、お腹にぶら下がっているのは、もしかしてへその緒ですか?
産まれたてホヤホヤですか?

バイバイ!
お!去った!
さようなら〜。

と言った感じで、羊にちょい慣れしたのろのろでした。
でも、総括すると、「怖かった〜。」です。

久方ぶりに翻訳してみた: Right of Way標識の見方

より内容が充実し、わかりやすい記述が↓(日本語)にありますから、こっちをみてください。苦笑。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/イギリスの通行権



ウォーキングダイエットで、写真のような舗装されていない路を歩きまわっています。昨日もFootpath Signsという記事をあげているのですが、いろいろなサインがあるでしょう?これらは厳密には全てが「footpath」という訳ではないんですね。

我らが(?)Thames Path、Explore the trail、Is there signage on the Trail(下記引用元)に説明があったので知ってはいたのですが、何を血迷ったか、日本語訳してみました。

※翻訳の精度は保証できません。赤面モノです。

The entire Thames Path follows a series of defined Rights of Way along which you have a legal right of access.


Thames Pathの全域で、あなたが通行する法的権利をもつ、一連の規定の権利道路に沿っています。


An acorn is the symbol of the National Trails and it will be found at regular intervals along the Trail.
When using the Thames Path you will see the following symbols on the Trail or on connecting paths, which can be used by vehicles, horse riders, cyclists or walkers as indicated.


「どんぐり」はNational Trailのシンボルで、当トレイルに沿って一定間隔で見つけられます。Thames Path通行中、当トレイルもしくはつながっている別のトレイル群において、下記の標識群を見ることでしょう。これらは示される通りの自動車、騎馬者、サイクリスト、歩行者によって通行可能です。


An acorn, the symbol of Britain's National Trails, is used to guide your journey by marking the route in a variety of ways. It is used in conjunction with coloured arrows or the words 'footpath', 'bridleway' or 'byway' to indicate who can use a particular right of way.


「どんぐり」は、英国のNational Trailのシンボルで、多様性に富んだルートであなたの旅を導くためにあります。誰が通行できるかを定めた色矢印、もしくは「歩行専用」「乗馬可能」「自動車可能」などの文言、もしくはその両方が用いられます。


The yellow arrow indicates a path for use by walkers The word 'footpath' and/or a yellow arrow indicates a path for use by walkers only and where, without the landowner's permission, it is illegal to cycle, ride a horse or drive a vehicle.


黄色矢印は、歩行者によって通行可能である事を示しています。「footpath」表示および/もしくは「黄色矢印」は、歩行者のみによって通行が可能であり、当該土地所有者の許可がなければ、自転車、馬、自動車での通行は、違法です。


The blue arrow indicates a path which can be used by walkers, horseriders and cyclists The word 'bridleway' and/or a blue arrow indicates a path which can be used by walkers, horseriders and cyclists but where, without the landowner's permission, it is illegal to drive any vehicle.


青色矢印は、歩行者、騎馬者、サイクリストによって通行が可能であることを示しています。「Bridleway」の文言、および/もしくは、青色矢印は、歩行者、騎馬者、サイクリストによって通行可能なものの、当該土地所有者の許可がない場合、自動車での通行は、違法です。


The plum arrow indicates a path which can be used by walkers, horseriders, cyclists and carrige drivers. The term 'restricted byway' and/or a plum arrow indicates a path which can be used by walkers, horseriders, cyclists and carrige drivers but where, without the landowner's permission, it is illegal to drive any motorised vechicle.


紫色矢印は、歩行者、騎馬者、サイクリスト、運搬車によって通行が可能である事を示しています。「restricted byway」および/もしくは、紫色矢印は、歩行者、騎馬者、サイクリスト、運搬車による通行は可能なものの、当該土地所有者の許可がない場合、電動車両の通行は違法です。


The red arrow indicates a right of way which can be legally used by walkers, horseriders, cyclists, carrige drivers and motorists. The word 'byway' and/or a red arrow indicates a right of way which can be legally used by walkers, horseriders, cyclists, carrige drivers and motorists.


赤色矢印は、歩行者、騎馬者、サイクリスト、運搬者、電動車両運転者が法的な通行権をもっている事を示しています。「byway」および/もしくは赤色矢印は、歩行者、騎馬者、サイクリスト、運搬者、電動車両運転者によって法的に通行が可能です。


はぁ〜。本当に何がしたかったのか?
いやね、早期リタイア界の皆さんが、在宅とかスキルを活かしたお小遣い稼ぎとかしておられるんですけど、私の取り柄(強み)ってなんだろう?と、ふと模索してみたくなったわけです。

翻訳なんていいんじゃない?なんて思って試してみたんですけど、全然ダメですね〜〜。
まどろっこしくて、苦痛!
って感じでした。

慣れの問題かもしれないので、何かトピックがあったら、もう一回ぐらいは挑戦してみようかな?
うーん。
遠いなぁ〜。



明日は、ダイエット月次報告的なモノです。(最近しばらく何気に予約投稿です)