駐在員の家計簿&家計管理

このページの記事目次 (カテゴリー: 駐在員の家計簿&家計管理

total 11 pages  次のページ →  

イギリス駐在員、Zaimで家計簿をつける

最近、ノートパソコン、カメラのレンズ、運転レッスンなど、いろいろ物入りだったので、少々使いすぎ感がつのってきました。そこであまり好きとは言えない家計簿を再開することにしました。

今回使用するアプリはZaim

Zaimは154通貨対応らしいです…

2015年にMoney Forward、Zaim、マムクラウド、Wiple家計簿の4種を試しました。海外通貨の登録ができるというか、コンマ以下2桁のペニーを登録できて使いやすいWiple家計簿に落ち着いた後、毎月予算に入らないのが面白くなくて、記帳を止めてしまっていました。

当時、iphoneの言語が英語だったためか??、Zaimとマムクラウドはログインするのも一苦労だった記憶があります。最初に止めてしまった家計簿アプリ・クラウドでした。当時の印象で、使いやすい順に、Wiple家計簿→Money Forward→マムクラウド→Zaimで最下位でした。

今回、家計簿を再開するにあたって、海外生活者からのZaimの評判がいいので、なんとなくもう一度使ってみることにしました。

初期設定、早速ポンドを登録する

まず、念のためにiPhoneの言語を日本語に変更しました。その上でZaimのiPhone Appをダウンロードしました。ダウンロード後、G+のアカウントでアカウント登録を試みるも2回クラッシュして、1回iphoneを再起動しました。笑。

ようやくログインができたので、基本設定から通貨をポンドで登録しました。

zaim-currency-setting

少々不可思議なことがあります。予算の初期値が、日本円だと、総予算:¥118,000/月、食費:¥30,000/月なのですが、ポンドでは、総予算:£1,180/月、食費:£300/月の様です。

為替が微妙なのですが、駐在員のパッケージで自分のお財布からは出ていかない家賃、通信費、光熱費、税金をゼロに設定しました。加えて私には不要な教育・教養の£20を美容・衣服に移動して£50としましたところ、総予算が£530になりました。

この値は、2015年の月次予算£600ととても近い値なので、その他に£70追加して、同じ値にしました。

monthly-budget-breakdown

「カテゴリー設定→支出」にて、予算が入っていない費目は、すべて非表示に変更しました。いらないものを非表示にできるのはありがたいですね!

hide-breakdown

食費、日用雑貨、交通、エンタメ、美容・衣服、医療・保険、その他の全8項目。スッキリです!

家計簿2017は成功なるか?

2015年は、家計簿元年で、費目の設定や予算管理の概念を家計に取り入れて、非常に勉強になりました。

2016年、家計簿をつけるのには慣れてきたものの、予算内に生活することには慣れず、途中で断念。

それでもそんなに無駄遣いはしていなかったのですが、最近支出が止まらなくなってきたので、やむなく再開。むぅ~。5月~7月までの3か月ぐらいは黙々と家計簿記帳しなくては…っと思っております。

スーパーの10%オフクーポンの落とし穴

waitroseでもらった10%オフクーポンをどう使うか頭を悩ませておりました。10%って大きいですよね。


£50購入すると£5オフ


Waitrose クーポン

お買い物を週に2回に抑えるように工夫してみたのですが、実際には4回ぐらい行っています。1週間の食費は概ね£50~75です。1週間分の買い物をまとめることができれば、10%オフのクーポンが使えるはずなんですよね~。


贅沢品を£32足してしまった…


好物

ぐふっ。
このチョコレートおいしいんですよ。ベルギーチョコなのにビターじゃなくて心地よい甘さ。
空港で見かけると、つい買ってしまう、恐ろしい浪費アイテムです。

これが、今、クリスマス特価で44粒(通常サイズの2倍)で£8です。
やす~い!!!

既にひと箱買って、1週間で食べちゃったのです。
今回もひと箱だけにしておけばいいものを、4箱も買っちゃったという…

その日の必需品のお買いものは全部で£10ちょっと。
クーポンがあったことを思い出して、5箱買おうか悩んだ挙句、まだ購入時期ではないシャンプー、トリートメント、歯磨き粉を足すことで、ひと箱減らしました。

クーポンを使ってみたくて無駄遣いにはしるって…
ず~ん。


「お金が貯まらない人の特徴」に合致しすぎ


どうせ使うからという理由で、シャンプー等の在庫を買ってしまったことで、「在庫しない主義」までも崩れ去ってしまいました。

これ、「お金が貯まらない人」の特徴らしいです。日用品を在庫をすると、沢山あることで大事に使わないんですって。無駄に多めに使ってみたり、物を大切にしない人になっちゃうらしいですよ。


ちなみにストックしてはいけないものリストのトップにお菓子が君臨していたように記憶しています。「あるから食べちゃう」(=実はなくても平気な)ものなんだそうです。要不要の仕分けができない事も、「お金が貯まらない人」の特徴とのこと。

どちらも良くないなら、ダメ項目を一つに絞って、潔くチョコレート5箱にすればよかったのかも?

ちがいますね…
号泣。

どうしても食べたいなら、高くても必要なだけ買って、贅沢を満喫するべきで、「安い」や「お得」に目がくらんで節約した気になる事もまた、「お金が貯まらない人の特徴」らしいです。この部分、なかなか腹落ちしません。


私って、三重苦ですね…

節約は、心意気

10月12日は、朝っぱらからパソコンと格闘し、復活できたというか、何とか使えるようになったというか、そんな感じです。まだSDスロットが死んだままで、カメラのSDカードが読み取れないままだったり、いろいろ残課題もありますが、ブログはかけるようになりました。


お金をかけないぞ!という決意に燃える


心折れちゃって、日本帰国時、よっぽどパソコンを新調しようかと思ったのですが、そこはぐっとこらえて、復旧の道を模索しました。

って、ごめんなさい、上記、嘘です。
本当は、今年のブラックフライデーで下記のいずれかを買おうと思っていました。John Lewisだと2年保証!
もう不調のパソコンと格闘したくないので、日本購入ではなく、さっと修理に出せるイギリス購入に切り替える事にしただけという…

Lenovo MIIX 310 Tablet with Detachable Keyboard, Intel Atom, 2GB RAM, 32GB eMMC, 10.1" Touch Screen, Wi-Fi, Silver

HP Pavilion x2 Detachable Laptop, Intel Atom, 2GB RAM, 64GB, 10.1" Touch Screen, Turbo Silver with Free MS Office Mobile


£200~250クラスだと、今使っている壊れているパソコンよりも性能が低いのですが、節約、節約!!
Convertible型は、スクリーンが360度ゴリゴリ曲がるけど取れないタイプで、Detachable型がぱかっと外せるタイプの模様。上記2製品、上はタブレットで、下はパソコン。重さ以外の違いをよく理解できていないものの、外せる方がいいので、そちらのタイプで、軽くて、それなりに動けば、ブログはかけるよね。って感じです。但し、プロセッサが2GBではカメラに同梱されていた写真処理ソフトDigital Photo Professional4の推奨環境のスペックを満たしていません…

そして、マイクロソフトオフィス用のライセンスフィーを払うのが嫌です!

ブラックフライデーまでにはまだ時間があるし…、ということで、しぶしぶではありますが、まともに動かないパソコンにタックルしていました。う~ん。我ながら成長したケチ魂!えら~い!!
(誰も褒めてくれないので自分で褒めちゃう)

いやぁ~。ネットにお助け情報をアップしてくださっている皆様に本当に感謝です~。いろいろ勉強になりました~~。

しかし!何より学習したのは、「お金をかけないぞ!」という気持ちさえあれば、調べてなんとかなっちゃうことが多いという事です。私って、こんなこともできたんだね~っと、びっくりしちゃいます。

久し振りのキーボードとマウス、さくさくしていいなぁ〜!


2nd Optionも考えました


ほんの数ヶ月前までiPhone 6でブログを書いていたとは思えないほど、マウス慣れしてしまってもう戻れません。それ以前のiPhone5までだとコピぺがかなり面倒だったので、きっと携帯でブログを書こうなんて思わなかったと思いますが、6だとやれば出来ちゃうところが、よかった様な、そうでないような。

レイアウトのカスタマイズや過去記事の書き直しなんかを始めてから、コピペが増えてPC&マウスがやはりスムーズ。パソコンの復旧法を調べる中で、iPad Proがパソコンを超えた!なんて記事を見かけて、昨日まではiPad Proで書いてみました。

埃被っていた

出張用の小さいBluetoothキーボードを使っているので、使い易いとは言えませんけれど、暫定的に使うには十分です。MAPLINで£20ぐらいだったと思います。

これに写真編集アプリを入れて、ちゃんとしたキーボードをつけたら、上の2点のパソコンよりも高性能だったりします。しかし、そのちゃんとしたキーボードが思ったりよりも高くてびっくりです。

Logitech CREATE Backlit Keyboard Case for 9.7-inch iPad Pro - Black

£109って、手が出ません!(再度、祝、ケチ定着)
サイズはiPad Airと同じだし、そっちのキーボードの方が安いんじゃない?とか、なんとか、調べてみたものの、対応機種がProもOKとしっかり書いているものが見つからず...

普通サイズのBluetoothキーボードを買い直すのも荷物が増えて嫌だなと屁理屈を捏ねながら今に至ります。



時間はかかるけど、お金はかからない


これまで、「なんかよくわからないから、今まで使っていたパソコンの後継機で」っと、適当に買ってきたツケみたいなものでしょうか?

時間ばかり喰ってしまいます。
ただ、お陰で今回まだ1ポンドも使っていません。
拙いながらも工夫を重ねることで、不便ながらもなんとかなっていく、それが節約道なのかもしれません。


ゔ。
楽しくないね。
節約嫌いになりそうです。

今回修理したり、iPadがそれなりに便利に使えることがわかったりしたので、このままの状態で後1年ぐらいは過ごせそうですし、「節約が楽しいのはリタイアするまで」だと信じて、もう少しだけ様子を見てみましょうかね。

「お金が貯まる人」具合のチェック2 - お金貯めるの楽しいわ!「私、貯金が趣味なの」バージョン

お金貯めるの楽しいわ!「私、貯金が趣味なの」バージョン


お金が貯まる人チェック第二弾



「お金が貯まる人」具合のチェック2
お金貯めるの楽しいわ!「私、貯金が趣味なの」バージョン

↑のリンクから、Google Formへ飛べます。
FC2ブログへのEmbedテストは終わったので、第2弾はリンクだけ。


貯金好きの知人4名の中間をとってみた


「カツカツ」バージョンにGoogle結果をたくさん書いたので、「貯金が趣味」バージョンは、インタビュー風に書き直しました。4人の知り合いを頭に浮かべて、答えを考えたのですが、「貯金好き」以外に共通点がないんじゃないか?と思えてくるほど難しかったので、途中で私の中のメインキャラを変更しました。不自然かも。

財布、給与口座、貯金用口座の使い方は、指南を受けた後、実践する機会がないまま出国しちゃって、また日本で暮らすことになったら試してみたい方法をメモ代わりに採用しました。

それから、「貯金が趣味」の4名って型がそれぞれ自由すぎて、必要に迫られて取り組んでいる人の違いは大きいなと思いました。
いくつかの質問の答えは、聞いたことがないので、適当に想像で書きました。次の一次帰国では、本当にインタビューしよっと。

「カツカツ」版は、いろいろと目先を変える工夫をして、自分をだましだまし、いろいろ試してみようね~って感じだったのですが、「貯金が趣味」版は、「好き」というだけで、多くの事がどっちでもよくなるという不思議な事態に陥っています。「好きこそ物の上手なれ」を地で行く感じです。


回答編は、テレビショッピング、日本語吹き替え風に挑戦


テレビショッピング、日本語吹き替え風、にしたつもりが、オネェと同じ口調にしかなっておりません。
だめじゃん。

そんなもんです。私の日本語力。

テスト形式アンケート、編集後記

「お金が貯まる人」具合チェック1 - 「いつもカツカツな私」バージョン」の編集後記です。なんで50個も項目を作ったのか…痛い目にあいました。号泣。


まとめ記事に興味津々


早期リタイアを諦めた後、貯金をする「張り合い」がなくなって、「お金貯めるのもやめました」とカテゴリーを閉じるにあたって、以前から興味津々だった、まとめ記事を一本書いたんですね。

「お金が貯まる人」の検索結果

これ自体は、なんてことない「いつものぐだぐだ記事」と「隠すボタンのFC2テスト」だったのですが…

貯金は「趣味」になりえるか?」という趣味が貯金な知り合いを思い浮かべて記事を書いた後、彼女と彼は↑の50この質問にどうこたえるだろうと想像すると面白くて、「趣味は貯金バージョン」の答えを妄想していたら、記事にしてみたくなったんですね。


どうせなら新しい取り組みを!


でも、同じ記事の別の答えじゃ、書いている方(つまり私)がつまらないので、「Google Forms」というアンケートツールの「テスト」機能で、彼らの答え(妄想)をとしたテストを作り始めたんです。
※貯金はやめても、たまにお手本と比較する自己テストはしようとおもって。

んで、細かいところの補足ワードを検索している途中にその記事に出会ったんです!!


めずらしく(?)ムキになる


私がブログ村の「家計管理・貯蓄」の記事を読んでいる範囲では、皆さんなんか応援したくなるタイプが多かったんですよね。でも、Google検索でかかってきた記事の1つになんだか猛烈に腹立たしい記事があったんです。「貯蓄の秘訣は、自制心です。どなたでも自制心さえあれば貯金できます!」みたいな。良い事言っているようで何も言っていない記事だったんですけれど…

もともと、「ちゃんとした風、素敵女子」が苦手なのもあるのですが、「自制心」なんていう苦手分野をつかれたものだから、変な反抗心がむくむくと湧いちゃったんですね。

そもそも、その前にも「時間の使い方がうまい」で、大分痛いところをつかれて、半べそ状態だったのに加えて、勝手にけちょんけちょんになったわけです。


初挑戦!オネェ口調


「貯金が趣味」のお手本版は、制作途中だったので、「自分を励ます」版にしようと思ったのはいいのですが、ちょっと飽きていたので、答え合わせで「オネェ」に上から目線で励まされると楽しいかな?と思って、オネェ口調で書き始めたのはいいのですが、難し~。

「スコアをみる」の回答編は、オネェ風口調のコメントが出てきますが、不正解コメントで既にヘロヘロで、正解と不正解のコメントは全く同一です。

質問10個ぐらいにしておけばよかった…


総括すると…


「お金が貯まる人」具合チェック1 - 「いつもカツカツな私」バージョン
「お金が貯まる人」具合チェック2 - 「趣味は貯金」バージョン(次に公開)

の2バージョンあります。
そして、おそらく本当に貯金できる人は、バージョン1で低得点、バージョン2で高得点となると思います。
でも、どちらも「へ理屈」ですので、いろいろ許してね…