英語の勉強

このページの記事目次 (カテゴリー: 英語の勉強

total 2 pages  次のページ →  

英語の発音、難しいのはLとRではなく、「あ」

英語の発音、LとRに苦戦する人が多い??

これいつも不思議に思っています。私の場合は、LとRはあまり困っていないというか、誤解を呼ぶことはあまりないですね。子音だからちゃんと発音できていなくても、文脈的に想像できちゃうネィティブが多いのではないかと邪推しています。

私が苦戦しているのは「ʌ」の発音

月~水で出張帰りのとある木曜日、朝から通勤バスの中で、寝落ちしちゃって起きたらよくわからないところにいたんです。それで会社に電話して、Sorry, I fell asleep in the bus, and I shall be late for about 1 hour to arrive in the office.(ごめん、バスの中で寝落ちしちゃって、オフィスにつくのが1時間ぐらい遅れるね)っと、遅刻宣言をしたのです。

そうしてオフィスについたら、指の内側がシワシワになったんじゃない?っと聞かれました。はて?

聞き取った側は、Sorry, I feel asleep in the bath, and I shall be late...っと理解したんですね!

busは「/bʌs/」(バス)で、bathは「/bɑːθ/」(ばーす(th))です。全然違うのに…。boss「/bɒs/」ならまだしも。号泣。

実は、これだけじゃなくて、「あ」関係が勘違いを生むことが最も多いです。特に「u」を「ʌ」と読むパターンは、似たような「a」を「ɑ」と読ませる単語が存在することが多いのです。

他の例は覚えていませんけれど、「ʌ」の音は非常に多いですから、またすぐ発生すると思いますので、起きたら追記しますね。あはは。

勉強熱心な方は、↓をご覧になってください

イギリス英語の先生が教えてくれます。

早速、追記

本日、出社して、「私がuをうまく発音できない件、ブログに書いたんだよね~」と、言ったら…

同僚A あ~。Duckね。、同僚Bいや、Mugでしょう!っと、即時に例を浮かべてくれました。

Duck (/dʌk/)は、London Duck Tourが、London Dock (/dɒk/) Tourに聞こえたという。ありそうですけれど。

Mug (/mʌɡ/)は、欲しいと言ったら、同僚Aが壊れかけのパソコンの買い替えでMacbookのMac (/mæk/)、同僚Bは近所にウォーキングに出かけるときに着るMackintosh Coat (トレンチコートorレインコート)のMac (/mæk/)だと勘違いしたという…

いえ、ブログに書いたのはBus (/bʌs/)でした。どの例が面白いかは、個人の感じ方次第でしょうけれど、いずれにしても面白おかしく書けなくて残念です。でも、ʌの音に苦戦している感じは伝わっているハズ、なんて。

日本語の英語化パターン

日本に住みながら英語の勉強をするのってなかなか大変ですよね。英語圏に住んでいると英語の習得は格段に楽になります。そして母国語である日本語がお粗末になってきます。でもそれは私だけではないお仲間を見つけて、大喜びしました。喜びのあまり私のパターンを紹介します。


外国語に母国語が影響される7つのパターン


外国暮らしをしていても母国語レベルが衰えないかっこいい人たちがうらやましいです。

パターン1、単語が出てこない

「セグメント」「ペイロール」「プロコン」など、日本語であまり使ったことがなかった単語が調べないとパッと出てこないパターンです。カタカナ風に平坦に発音してみて、通じない…ことが発生したりします。

パターン2、便利なフレーズがこびりつく

「差不多(←中国語)」「More or less(←英語)」「大体(←日本語)」は同じ意味ですけれど、普段よく使う言語が優先して口からポロリな状況です。

パターン3、感嘆詞(感動詞)が外国語化する

How dare! What the heck! Really?など、気持ちを表す言葉まで侵食されている状態です。

パターン4、語順があやふやになる

「どこにある?ペン」「もう食べたよ晩御飯」など、短い文章はそのまま英文法のままで日本語化してしまいます。聞いたときにどのくらい違和感があるのか、よくわかりません。

パターン5、自己主張が激しくなる

以前と比べて自己主張が激しくなったつもりはないですけれど、主語を省かなくなる事によって、私・私・私と自己主張風になってしまいます。

パターン6、助詞が怪しくなる

まず、英語では助詞が入らない部分から助詞を抜くようになります。次に、これは個人的な自分ルールがあるっぽいのですが、英語が「to」だと「へ」、英語が「at」だと「に」など、英語側から変換した助詞を埋めるようになります。

または、中国語の「的」がはいる所をすべて「の」と変換するようになります。日本語の「の」は用途が多いのですが、中国語の「的」はもっと用途が多く、「の」だらけの日本語になります。

パターン7、接続詞など小さい言葉が英語のまま混じるようになる

「but」「or」「and」など、小さい言葉が英語のまま入るようになります。これは恥ずかしい…
しかも、指摘されるまで気づいていませんでした。

日本に帰ったら自然に直るかな?

英語学習者にオススメかも?オーディオブックショップ、Audible(Amazonグループ)

お風呂で動画を観るのは、気ぜわしくてあまり好きではありません。湯船につかって、まったり目を閉じて、映画を流しながら音だけ聴いていたのですが、音楽とか効果音が意外と大きくて、ちょっと邪魔くさいんですな。(=くつろがない)

「誰か本を読んでくれないかな〜」なんて夢みていて、Amazon傘下のオーディオブック専門店Audibleに興味深々だったのですが、単発で買うか、月々£7.5の固定費が増える方にするか、ぐずぐず悩んでいたんですよね〜。


小黒とらさんの「ゲームを甘く見てはいけない」を拝読して、読みたさに背中を押された形になって、Audibleに登録してみました。


Audible UKサイト
http://www.audible.co.uk
※UKは聞き放題ではなく、月1冊は無料で、2冊目から70%オフの模様です。(2016年5月現在)

Audible Japanサイト
https://www.audible.co.jp
※日本サイトで英語の原著版があるかはわかりません。


いや〜。最高ですね〜。
一般的には通勤時とかの需要が多いのかもしれませんが、お風呂との相性抜群です。


で、これの何処が英語学習者に向いていると思ったかというと話速が可変な部分です。

Audibleアプリ

上図はiPhoneアプリの画面キャプチャです。左下「x1」部分を押すと下図の通り話速を変えられます。

Audible話速変更

「x1」が標準の話速のはずですけど、オーディオブック用だからか少しゆっくり目です。もっと遅くすることもできるっぽいですね。

途中で「x1.25」に変えてみたら、普通のネィティブの話口調っぽくなりました。それはそれで寛がなかったので標準速度に戻したんですけれど、これってリスニングを鍛えたい人にいいんじゃないかな?なんて思えたのです。

(↑知ってるよ!常識だよ!って感じだったらすみませぬ。)


それから、本は読みたいけど、英語の字ヅラを追うには疲れすぎている人とかにもオススメかも?(←私ね)

登録前に書籍名+Audibleで読みたい本を10数冊検索してみたところ、(私が読みたいと思っていたものはクラシックな本が多いので)結構揃っていました。200,000タイトルは伊達じゃありませんね。

最初の一ヶ月はお試し期間で1作品まで無料なのですが、なんとなく読みたいものがどのくらい揃っているかは確認してから登録しました。Amazon UKのアカウントを持っている方は、同じアカウントが使えます。


登録後のログイン画面では、会員専用のiPad2が当たるキャンペーンとか、「金持ち父さん貧乏父さん」(検索した中の一冊)、1日限定£1.99キャンペーンとかやっていました。流石、Amazon系!! 検索の学習速度ちょっぱやです!ポチッとしそうになりましたから...




余談:
はぁ〜。これで延ばし延ばしにしていた、ダイエット、家計簿、オーディオブック、Netflixの4サービス全てに決着がついたぞ〜!このままだとアプリ紹介サイトになっちゃいそうなのでNetflixは省略です。

あとは何故かぶり返した腰痛をどうするか...

生意気に、英語の口癖

私は語彙が少ないのか、口癖が多く、離任のお別れ会は、必ず私のモノマネ合戦となります。
UKメンバーは、勇敢にもお別れ会を待たずに、モノマネを始めています...汗。

特に面白がっているのが、「Lovely」です。
ブリティッシュ訛りではない私が、唯一ブリティッシュが使う状況で、ブリティッシュ風に発音しているらしく、「出た!」って感じで、笑いながらオウム返しで真似されます。

要は、「Lovely」が繰り出される状況を逃さず報告をくれるのです。(=褒めて欲しい)

か、かわいい...


もちろん、イギリス風に変化しているのを喜んでくれている節もあります。
毎週のウォーキング地も、オススメ満載で、訪問報告をすると喜んでくれます。

「Lovely」
簡単なんで、皆さんもいかがでしょうか?

珍しく英語の勉強:ワイン語彙

前回プライベートで辞書を引いたのいつだろう…
通訳係の時でも平気で「その単語どういう意味?」って話者に聞いちゃう、ものぐさ者です。


ところで最近、味オンチってやっぱり嫌だな。と思って、ワインを飲むときに感想を書いたりしているのですが、味オンチだけにトンチンカン。

味オンチ


「甘っ!!」と思って「Sweet!」って書いてみたら、その下の人「甘すぎず、でも十分な甘味」(Not too sweet, but sweet enough)って書いているし😓
ダメだこりゃって感じです。

実はこのワインなんだかいろんな味がしたんです。だけど、それが何かは全くわからないんですよね。


というわけで、今年に入って飲んだ8本の白ワインの他の人の評価に書いてあった語彙を書き出してみました!!
※ぴんと来ていない部分は「?」だらけです。


Dry 辛い
Off-dry ほのかに甘い
Sweet 甘い
Sugary 砂糖の甘さ
Tart 酸っぱい
Crisp 爽やかな酸味?
Tangy 柑橘の酸味?
Sour 酢っぽい?
Full 味が深い?厚みがある?
Round まろやか?
Petillance 炭酸風?

Ripe 熟した
Green 若い?青い?
Fresh 新鮮?若い?
Zesty 酸味と果実のバランスが良くみずみずしい?

(香りが?)
Aroma 芳香、香り
Fruity 果物味
Flowery 花香
Floral 花香
Woody 木香
Citrus 柑橘
Elder-flower エルダーフラワー香?

(口当たりが?)
Silky すべすべした

(中身が?)
Orange オレンジ
Grapefruit グレープフルーツ
Lemon レモン
Lime ライム
Pineapple パイナップル
Kiwi キゥイ
Strawberry イチゴ
Apple りんご
Pear 梨
Apricot あんず
Peach 桃
Nectarine ネクタリン
Melon メロン
Papaya パパイア
Mango マンゴ
Passion Fruit パッションフルーツ
Quince マルメロ
Tropical Fruit 熱帯果樹
Vanilla バニラ
Honey はちみつ
Liquorice 甘草
Green tea 緑茶

(謎の表現)
Exotic ?? 外国風?
Elegant ???
Cheap 安っぽい?
Clean さっぱりした?
Flavourly 風味たっぷり? 味気たっぷり? Flavourful?

私が「甘っ!!」とか「辛っ!!」とかそんな事しか思いつかない時に他の人はこんなにいろいろ感じる事が出来るとは。衝撃です!!これらは全て同じものを飲んだ人の実際の感想ですからね。

新しいボトルを開けたら、上記から一番近いものを3つ選んでみて、他の人の感想と合致するか答え合わせをしてみるという方式にしてみようと思っています。


これらを全部認知できるようになると自信でそう↓
https://en.wikipedia.org/wiki/Wine_tasting_descriptors


治るかな?
味オンチ。