海外引っ越しと生活の設営

このページの記事目次 (カテゴリー: 海外引っ越しと生活の設営

total 5 pages  次のページ →  

コンセントってどっから来たんだろう?

過去の居住地、パワープラグ比較

どうでもいい~~。引っ越してから2年もたっているので、すべてのカテゴリーを満遍なく網羅すると、「海外引越」が苦し紛れです。あはは。

power-plugs

左から、我らが日本、中国、インド、イギリスです。

お金持ち駐在員は、家電を新調するみたいですが、私は国を跨いで引っ越した挙句、壊れない限りずっと同じものを使っているので、家の家電プラグの形状がバラエティー豊かになってきました。

それはもう無意味に…

というか、イギリスの電源プラグ大きすぎ!

会社パソコンや携帯などの充電器を入れる出張時のプラグ用バッグに入らなくなりましたよ。10年同じものを使っていたので、ほぼ無意識にプラグバッグを取り出せていたのに…

スマホをはじめとするガジェット系は、線だけもっていってパソコンから充電する様にしましたが、がふっとソケットに差し込める方が忘れにくいし、楽ちんなんですよね~。

日本のプラグはスッキリして、華奢で、何気に出張フレンドリーなのです。

でかした!Apple Watch2!!

私が最近気に入っているのは、Apple Watch2を購入した際についてきた充電器でございます。

apple-watch2-plug

これね、差込部分が折りたたんで収納できるんです。省スペース!

ケーブル部分を差し替えるだけで、スマホとタブレットと時計が同じプラグで充電できて便利ですし。とても感動しました。他のメーカーさんもこの仕様でお願いしたい。

コンセントって、どっから湧いてきた和製英語なんだか…

差込口の方はイギリスでは、Power Socketです。なんでもアメリカではElectric Outletらしいです。

ねぇ、ねぇ、コンセントって、この命名、どこから湧いてきたの??

数ある和製英語の中でも、相当に謎な部類に属するんじゃないかしら?

ガイアの夜明け?、カンブリア宮殿??的な番組で開発秘話とか、していないかな…

最後の要塞を攻略した気分は…

船便の引っ越し荷物が届いたのが昨年の8月12日、実に1年以上かけて生活サイズを1/3に調整しました…


中・印のだだっ広い家は、収納も大容量


入社から3年、家の広さは30平米でした。中・印で、湯船がある家を探すと、2LDK以上、しかもリビング・ダイニングだけで30平米以上あります…
※インドは外を出歩けないので、家が狭いとかなりつらいと思います。

収納も大きいので、知らず知らずのうちに色々なものを集めてしまっています。

イギリスに引っ越して、家賃があまりに高いので、家の広さが1/3になりました。

1年かけて少しずつ整理し、物置部屋を空にしたのが4月、そこからさらに5か月目にしてようやく最後の要塞リビングを片付けました。床に平置きしているものがなくなりました。なんだか「がらん」としています。

5か月間、ごちゃごちゃしたリビングに住んでいたので、「すっきり爽快!」というよりは、なんだか閑散として肌寒い感じ?(←幻想)


ホテル風自宅は居心地がいいのか?


ホテルってがらんとして何もないけれど、普通に過ごせます。日本のビジネスホテルなんて、とても狭いですけれど、別に困ることはありません。でも居心地がいいかっていうと、どうなんでしょうね~。

ホテルと自宅の差分を、「調理器具と食材」、「四季の衣類(の保管)」、「洗濯物」、「掃除道具」、「書籍類」、「その他(引っ越し用空箱、工具、脚立など)」に分類し、カテゴリーごとに収納場所を寄せました。ギリ入っていますが、ぎゅうぎゅう詰めです。

モノを捨てるのは得意ではないので、またのらりくらり減らしていこうと思っているのですが、30平米までの道は遠いな~。

目指せ、シェルダン!?


昨日Big Bang Theoryを見ていたら、シェルダンの衣類は9セットであると思しき発言あり。顧客訪問着を除くと何セットあるのか数えてみようかな…

イギリスのテレビでNetflixを使えるようにした(今更…)

今時のスマートTVを買ったのに、全く持ってスマートに使っていなかったのですが、折角画面が大きいので、映画はそちらで観ようと思い立ちました。そして、ものすごく今更ながらNetflixを使えるようにしてみました。


スマートTVをwifiにつなぐ


1) インターネットルーターから直接ケーブルでつなぐ
→ケーブルを買いに行くのが面倒なので、却下

2) wifiドングルをテレビにつなぎ、wifiを拾う
→我が家のテレビは、ドングルなしではwifiを拾えないタイプでした。これも買いに行くのが面倒なので却下。

3) Game Console(ゲーム機)を経由してつなぐ
→物理的な買い物は不用だったので、これにしました。


Xbox360を経由してNetflixのアプリをインストールする


Xbox oneかPS4を購入するいい機会になるんじゃ?っと思ったのですが、Xbox360で十分でした…

エラー番号80154005

↑のエラーが出たので、Xboxのアカウントを作成しようとしたら…

エラー番号80154058

↑のエラーが出たので、Microsoftのアカウントを作成し、しかる後にXboxのアカウントを作成しました。
でも、自動アサイン(?)のユーザー名がへんてこな名前で衝撃でした。
ユーザー名、聞いてほしかったな。

ようやくNetflixアプリをダウンロードできました!
もっと効率的な方法があるに違いないのですが、とりあえずつながったので良しとします。


ひぃ~。新しいパスワード欲しくないよ~。


何も買わなくてよかったのはいいのですが、テレビリモコンで操作できないのと、新しいパスワードを2つも登録しなければならなかったのが結構凹みます。


最近のパスワードって、携帯電話での2重承認になっていることが多いですよね。国をまたいで引っ越すたびに携帯電話が変わるので、携帯電話番号を削除し忘れて引っ越すと、2重承認にブロックがかかって、解除がとても大変なんです。

パスワード系は最小限に!!!
国際引越しの心得?とでも言いましょうか。


それにしても、大きいテレビで映画がみられるようになったら、ますますラグが欲しくなりました。ごろ寝してみたいよね。
£70なのですが、これ以上ものを増やしたくないしな~。悩むな~。

♣2008年、初駐在の出国準備リスト、回顧

え~。4回ぐらい海外引っ越しを経験しております。そのうち2008年の2度目の海外引っ越し(日本→中国)の時だけちゃんと準備リストを作っており、記録があったので電子化してみます。



海外赴任、出国準備リスト


実は、最初の海外引っ越しは、イギリス→日本でした。

イギリスでギャップイヤーをとったのですが、日本→イギリスはスーツケース一個で出国し、2年間ぶらぶらしていたら荷物が増えすぎて帰りは引っ越し業者さんにお願いしました。


今回の記事は、2度目の海外引っ越しで、はじめての海外赴任の際の、出国準備リストです。



各種サービス解約、事前更新


  • 住民登録、転出届

  • 就労許可証申請、中国大使館

  • 滞在許可証申請

  • 運転免許期間前更新

  • 郵便物転送依頼届

  • 電気契約解約

  • 水道契約解約

  • ガス契約解約

  • ブロードバンド契約解除、メールだけ有料サービスへ変更

  • 携帯電話解約

  • 銀行口座解約(地銀)、都銀1行に集約

  • クレジットカード解約、エアライン系1枚+銀行系1枚を残す

  • スポーツクラブ解約

  • TSUTAYA DISCUSS解約

  • デスクトップパソコン用、セキュリティーサービス解約

  • 引っ越し申請書、下見、申告書の準備

  • 歯科検診

  • 健康診断、人間ドック

  • 粗大ごみ登録


廃棄、廃棄手配


  • デスクトップパソコン

  • 洗濯機

  • ホットカーペット*

  • 書棚*

  • チェスト*

  • ダイニングテーブルとイス*

  • 炊飯ジャー*

  • 電子レンジ*

  • 空気清浄器*

  • アイロン台

*がついているものは、貰い手が出て、廃棄はしませんでした。粗大ごみ代が浮いて助かりました。



実家へ


  • 掃除機

  • アイロン

※掃除機は、転出の間際まで残して置かなければならなくて、しぶしぶ実家へ。なつかし~。



購入、買い替え


  • ノートパソコン

  • パソコンケース等アクセサリ

  • 電子辞書(中国語)

  • メガネ新調

  • 腕時計電池交換

  • 靴底修理x4足

  • スーツ新調


その他


  • パスワードリスト(紙)

  • 住所録(紙)


どこまで真面目にメモしていたかわからないので、今となっては何か抜けていても思い出せません。


そのころからブログを書いていたらもっとお役に立てるリストになっていたかもしれません。

イギリス家探しにあたってのメモ

私は横滑り駐在員で、イギリス赴任は3ヶ国めなのですが、家探しがスムーズにいかなかったことで、銀行口座が開けなくて困ったので、次の任地に行く前の確認事項もかねて、備忘録を残すことにしました。


Permanent Address(居住住所)じゃないと銀行口座が開けない


前の任地では会社の住所でも銀行口座が開けたのですが、イギリスは居住住所でなくてはなりませんでした。1~2か月のショートレットでもOKの様でしたが、ホテルはだめでした。

次回というものがあるならば、ショートレットで2ヶ月契約した状態で入国し、さっさと銀行口座を開いて当面の生活費を着任手当で賄いながら、のんびり家探しします。(←次回はなしで、早期リタイアしたい…)


オクスフォードにはImmediate (即入居可能物件)はあまりない


オクスフォードは空室になる2-3ヶ月前から広告が出ます。
Immediate(=即入居可能)は数が少なく、いい物件は広告が出てすぐにLet Agreed(=契約進行中)になってしまいます。

特に大学の卒業シーズンは、皆が狙っている時期ですから、広告の回転がとても速い印象を受けました。

家なき子状態で入国すると、「きったない家」か「割高な家」しか残っていません。良さげな家が空くのは2-3ヶ月後です。私は割高な新築物件が大幅値下げした瞬間に、なんとか稟議をねじ込んで入れましたが、新築だけにunfurnishedで家具家電は自分で手配しなければなりませんでした。


追い出されないように気を付ける!


契約期間は1年の事が多いようです。8か月目になると、リース継続確認メールが送られてきます。私の場合、欧州本土にしかない総務がメールを無視していて、大家さんの直筆サイン入りの「Notice to Quit(契約解消状)」が送られてきてぎょっとしました…
※7月上旬からの契約なのに、契約解消上の日付は4月中旬でした。早い…


また家なき子に戻るところでした。本当に焦ります。

でも、このようにして、早いうちから確実に広告を出すシステムが成り立っているんだなと納得できました。


オクスフォード、ケンブリッジは家賃が高い


最後に、オクスフォード、ケンブリッジは、小都市の割に家賃が高いのでビックリしないでくださいね。ここはロンドンか?っとぶつぶつ言いながら探しました。あはは。